PR
インタビュー

Kan Sano『Susanna』写真家スザンナ・マユリとみずからの祖母たちに捧げし新作

「こういう時だからこそ〈音楽を止めちゃいけない〉という思いがあった」

Kan Sano『Susanna』写真家スザンナ・マユリとみずからの祖母たちに捧げし新作

グローバルからお茶の間まで、その音と名前を浸透させている真っ最中。自身をアップデートし続ける注目の才人が、早くもニュー・アルバムを完成させた!

知らなくちゃいけない本当

 前作『Ghost Notes』からおよそ1年ぶり、Kan Sanoによる通算5枚目のアルバム『Susanna』がリリースされる。タイトルの〈スザンナ〉とは、今年3月に逝去したフィンランドの写真家、スザンナ・マユリのこと。本作は彼女と、Sanoの祖母たちに捧げられたアルバムだという。

「この1年の間に祖母が3人亡くなって。自然とアルバムも、自分のもとを去っていった人について書かれた曲が増えていきました。スザンナ・マユリは一方的にファンで、彼女が写真集を出したときにサイトへ直接問い合わせたところ、本人からメールをもらったことがあったんです。そこには〈Maybe we will meet one day.(いつか会えたらいいですね)〉と書かれてあって、嬉しくてずっと覚えていたんですよね」。

 そのメッセージは、本作の限定版のみに付属のピアノ曲集『写し鏡のソロピアノ』に収録された、即興曲のタイトルにもなっている。〈水〉をモチーフに、まるで風景と人物が溶け合うようなスザンナの作風は、生楽器とエレクトロが混じり合いながらアブストラクトな音像を描く本アルバムの作風とも、どこか通じ合うものがある。出会いと別れ、生と死をテーマにしているのは、やはり新型コロナウイルスの影響も大きいようだ。

 「このところ芸能人で亡くなる方も続いているじゃないですか。それも思うところがありますし、こういう時だからこそ〈音楽を止めちゃいけない〉という思いもあったので、何とか今年中に完成させられてホッとしています」。

 制作は昨年の秋から始まったが、冒頭曲“Flavor”はコロナ禍の状況下で書かれたもの。〈no, no, 考えなくてもいい方選ぶのは no, no, これきりでおしまいがいいと思う〉〈no, no, 知らなくていいこと達の中に no, no, 知らなくちゃいけない本当があるよ〉といった歌詞は、極限状態の中で人々が思考停止に陥っていくことへの警鐘を鳴らしているとも取れる。

 「例えばマスク2枚が政府から配られたときに、〈いいじゃん貰えるものは貰っとこう〉と思うのか、〈こんなに時間かけてそれ?〉と思うのか。僕はやっぱり考えちゃうんですよ。自分たちの税金がどう使われているのか、ちゃんと知らなきゃいけないなって。こうやってミュージシャンが政治的な発言をすると日本では批判されがちですが、海外ではビリー・アイリッシュのように若い人たちでも自分の意見を堂々と表明していますし、少しずつ変わってきている気はしますね」。

関連アーティスト
TOWER DOORS