TOWER DOORSブログ

ナリタジュンヤにTOWER DOORSから6つの質問 沁みるロック・サウンドとアンセミックなメロディーが魅力のSSW

ナリタジュンヤにTOWER DOORSから6つの質問 沁みるロック・サウンドとアンセミックなメロディーが魅力のSSW

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力に迫るメール・インタビュー企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回の〈6つの質問〉には、ナリタジュンヤを迎えました。TOWER DOORSは、本日12月4日にリリースされた彼の新曲“Horizon”を紹介しています。

老若男女から愛される柔らかく温かいサウンドに乗せて、アンセミックなメロディーを奏でるシンガー・ソングライターのナリタジュンヤ。愛知で生まれ育ち、OasisのNoel & Liam Gallagher兄弟が揃って出演したTV CMを幼少期に見たのが音楽の原体験になったそうで、その後バンドでの活動を経て、弾き語りを中心にソロでのライブをスタートさせました。

そのエピソードのとおり、彼の音楽はOasis譲りのサウンドが魅力的です。彼が書くメロディーは純真無垢な響きを持っており、聴き手の心の奥底に沁みわたって温かく優しい気持ちにしてくれるもの。また、アコースティック・ギターの滑らかなコード・ストローク、そして実直さと慈愛に満ちた歌声を中心にしたそのロック・サウンドはASIAN KUNG-FU GENERATIONのGotchのソロ・アルバムなどに近いナチュラルさで、自然体かつ骨太。自身のルーツや家族への愛、自然の豊かさについて綴られた歌詞にもぜひ注目してほしいです。

それでは、そんなナリタジュンヤのさらなる魅力に〈6つの質問〉から迫っていきましょう。

関連アーティスト
TOWER DOORS