PR
コラム

ポリゴン・ウィンドウ(Polygon Window)『Surfing On Sine Waves[完全版]』に刻まれた過去と未来

エイフェックス・ツインの名盤に2つの視点から迫る

ポリゴン・ウィンドウ(Polygon Window)『Surfing On Sine Waves[完全版]』に刻まれた過去と未来

エイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェイムズ。彼がワープから初めてリリースしたアルバムは、ポリゴン・ウィンドウ名義の『Surfing On Sine Waves』だった――これは、あまり知られていない事実である。

ワープの歴史的コンピレーション『Artificial Intelligence』(リチャードは〈The Dice Man〉名義で“Polygon Window”を提供)、そしてエイフェックスのデビュー・アルバム『Selected Ambient Works 85-92』がリリースされた92年、電子音楽の歴史は転換期にあった。翌93年にリリースされたこの『Surfing On Sine Waves』は、レイヴの時代の終わりと〈エレクトロニック・リスニング・ミュージック〉の時代の幕開けを告げる作品だったと言えるだろう。

そんなエイフェックスのキャリアにおける重要作にして電子音楽の歴史に刻まれる記念碑的アルバムが、紙ジャケットCD仕様の〈完全版〉としてリリースされた。この『Surfing On Sine Waves[完全版]』には、リチャード本人の監修によりシングル曲などがボーナス・トラックに加えられている。CDやLPを愛聴してきたファンにぜひ手に取ってもらいたい一枚であり、当時を知らないリスナーのファースト・コンタクトとして最良のリイシューだ。

今回は名盤の再発を祝い、『Surfing On Sine Waves』について2人の書き手に執筆を依頼した。93年当時の時代のうねりと興奮を綴った小野島大と、ポリゴン・ウィンドウのサウンドを受け継いだ最前線の作品を紹介した坂本哲哉。2人のテキストを『Surfing On Sine Waves』の多角的なガイドとして活用してもらいたい。 *Mikiki編集部

POLYGON WINDOW 『Surfing On Sine Waves[完全版]』 Warp/BEAT(2020)

 

ロックからテクノへ――90年代初頭の転換が刻まれた『Surfing On Sine Waves』
by 小野島大

この時代のエイフェックス・ツインを始めとするテクノ黎明期の作品は時間軸がめちゃくちゃに混乱していて、何をいつどういう順番に聴いたかあまり覚えていなかったりするのだけど、本作収録の“Quoth”を聴いた時の驚きははっきり覚えている。『Selected Ambient Works 85-92』は既に聴いていたので、そこで奏でられていた静謐で叙情的で美しいアンビエント音響に魅せられていた身としては、巨大ロボットがガンガン町を破壊していくようなラウドでハードで暴力的で無機質で無慈悲で汗の匂いがまったくしない“Quoth”のハンマー・ビートには驚いたし、最高に刺激的だった。今聴いても高揚するし、2010年代以降のインダストリアル・チューンと比べてもまったくひけをとらないと思う。

『Surfing On Sine Waves[完全版]』収録曲“Quoth”

『Selected Ambient Works 85-92』では内向的で大人しくて夢見がちで謎めいてもいた天才少年リチャード・D・ジェイムズのもう一面を見たような気がしたし、それ以前はミニストリーやナイン・インチ・ネイルズやフロント242などのボディ・ミュージック/インダストリアルに熱中していたぼくを、本格的にテクノの泥沼に引きずり込むのに十分な魔力を秘めていた(“Quoth”に先駆けるハードコア・テクノの傑作“Digeridoo”を聴いたのはそのあとだったと記憶している) 。実際、本作や 『Selected Ambient Works 85-92』、ジェフ・ミルズの『Waveform Transmission Vol. 1』(92年)あたりが、ロックからテクノへ、という価値観の転換の(個人的に)あまりに大きな変わり目だった。エイフェックスやジェフだけでなく、新しく刺激的な音がテクノの名のもとに次々と押し寄せてきたこの時期は、70年代末〜80年代初頭のパンク/ニューウェイヴの時代に匹敵する面白さだったと思う。

もちろん『Surfing On Sine Waves』のほかの曲も魅力的だ。どれも当時まだ21歳だったリチャードの才気が静かな音像の中に迸っている。“Quoth”がリチャードの狂気を示すとするなら、ほかの曲は彼の多面性と音楽的な奥行きを示す。とりわけ淡く、儚く、どこか遠くの世界から鳴り響き、幻のようにこだまする“Quino-Phec”は、本当に素晴らしい。オリジナルLP/CDでは最後に入っていて、聴き手の心にいつまでも消えぬ余韻を残す。何度かの再発を経てボーナス・トラックが追加され、それに伴って曲順も入れ替わって印象も少し変わってしまったのは少し残念だが(オリジナルでは“Quixote”のあとに“Quino-Phec”が入って、そこでアルバムが終わる)、気になるならCDをリッピングしてパソコン上で曲を並べ替えて聴けばいいのだ。

『Surfing On Sine Waves[完全版]』収録曲“Quino-Phec”

約30年前の音楽。だがその音は古びることなく、今もなおぼくたちの前に静かに佇んでいる。

タグ
IDM
関連アーティスト
TOWER DOORS