Mikiki編集部員とTOWER DOORS担当・小峯崇嗣が最近トキめいた邦楽曲をレコメンドする毎週火曜日更新の週刊連載〈Mikikiの歌謡日!〉。今回は第93回です。紹介した楽曲はSpotifyのプレイリストにもまとめているので、併せてお楽しみください。 *Mikiki編集部

★〈Mikikiの歌謡日!〉記事一覧

Spotifyプレイリスト

 


【鈴木英之介】

YeYe × 川辺素(ミツメ)“No Longer”

多彩なアプローチで華やかなポップスを聴かせた昨年作『30』も記憶に新しいシンガー・ソングライターのYeYeが、ミツメのヴォーカル/ギターの川辺素をゲストに招いた、フォーク・ロック調の新曲。ウィルコの『Ode To Joy』やアンディ・シャウフの『The Neon Skyline』、岡田拓郎の『Morning Sun』などを彷彿させる、〈デッドで音の鳴りが近い〉ミックスがとにかく素晴らしい。そんなミキシングによってくっきりと記録されたアンサンブルの素晴らしさは言わずもがなだが、そこに乗る切なくも温かい2人の歌声にもしみじみと胸を打たれる。

また昨日1月25日には、ミツメのニュー・アルバム『VI』のリリースも発表された。2021年3月24日(水)にリリースとのことなので、こちらもいまから楽しみだ。

★ミツメ『VI』のご予約はこちら

 

ハナレグミ “Quiet Light”

1月19日にリリースされた配信シングル。マーヴィン・ゲイやカーティス・メイフィールドといったニュー・ソウルからの影響を感じさせるファンキーかつメロウな曲調・アレンジが、ハナレグミの個性的な歌声と溶け合い、耳に柔らかく迫ってくる。2021年3月31日(水)にはこの曲を含む8枚目のフル・アルバム(タイトル未定)もリリースされるので、いまのうちに是非ご予約を。

★アルバムのご予約はこちら

 

Jay Walker “踊り子 (feat. Saint Vega)”

他アーティストへのトラック提供やプロデュース・ワークを精力的に行う沖縄出身のアーティスト、Jay Walkerが1月20日に満を持してリリースした初ソロEP『NIHIL』からの1曲。ゲストのSaint Vegaの音楽性と地続きであるような、歌ものとラップの中間を行くメランコリックな曲調と浮遊感たっぷりの音像が耳に心地良い。背景にある物語を想像させる、なんとも耽美的なアートワークもいい感じだ。

 

【小峯崇嗣】

Nostola “夏の国”

熊本出身の鶴田虎之介によるソロ・プロジェクト、Nostolaが2020年にBandcampで発表した『夏の国/天国』からご紹介。炭酸水のサイダーが抜けたようなローファイ・テイストのサウンドと、メロウで脱力感のある歌声がクセになります。坂本慎太郎の音楽を想起させつつ、Mac DeMarco以降のインディー・ロックを彼なりに昇華させたサウンドが彼の魅力です。彼にはTOWER DOORSから〈6つの質問〉を投げかけています。こちらもぜひチェックしてみてください。

 

toddy(185) “ワラライフ”

福岡のバンドであるNew Oil Dealsのヴォーカル/ラッパー、toddy(185)のデビュー・シングルをご紹介。同じく福岡出身のビートメイカー、motsによって作り上げられたマッドチェスター感のあるダンサンブルでドープなトラック。そこにtoddyが、ナードっぽいがグルヴィーなフロウを乗せており、愛嬌のあるひねくれたリリックが炸裂しています。聴いていて、とてもハッピーになる曲です。

 

chillbill. “stargaze”

〈夜のネオトーキョーを歩く〉をコンセプトに楽曲を制作するちる井とorocodatによるデュオ、chillbill.が新曲をリリース。靄がかかったような、ぼやっとしたメロウなシンセと、ローファイなスロウテンポのリズムに魅了される一曲です。幻想的で優美な歌声で紡がれる歌詞は、切ない2人の物語を描いています。

 

8mileAliens “Miles”

東京に拠点を置く8人組ヒップホップ・クルー、8mileAliensが1月20日にデビュー・アルバム『Miles』をリリースしました。そのタイトル・トラックをご紹介。マイルドでソウルフルなトラックに、メンバーによるクールなマイク・リレーがクセになる一曲です。

 

【田中亮太】

新しい学校のリーダーズ “NAINAINAI”

新しい学校のリーダーズ × 88ライジング(88rising)! 日本の女の子4人組ダンス・ユニットが、アジア発のサウンドで世界のポップ・シーンを席捲するレーベルからデビューです。その組み合わせだけでワクワクせずにはいられませんが、音楽自体がめちゃくちゃかっこいい。ファットなブレイクビーツが耳を引く飾り気のないトラックに乗せて、いかにも女子学生的なトピックを〈くだらん〉と一蹴するさまに痺れます。K-Popの後追いではない、グローバルなリスナーを魅了できる日本産ポップの最新型、と言っちゃっていいのでは。

 

Nana Yamato “Do You Wanna”

世界が見つめるジャパニーズ・ガール(ウーマン?)、と言えば彼女もそうでしょう。以前はANNAとして活動していたNana Yamato。この曲は、パーケイ・コーツ(Parquet Courts)のアンドリュー・サヴェージが主宰するレーベル、ドル・トゥールズ(Dull Tools)からリリースされるデビュー・アルバム『Before Sunrise』のリード・ソング。世にベッドルーム・ポップは数多くあれど、その気高さにおいて彼女のメランコリアに敵うものはないでしょう。『Before Sunrise』は2月5日(金)にリリース。

 

Barbara “You Only Live Twice”

Seussのメンバーを擁する京都(?)のバンド、Barbaraの最新曲。ゆっくりと歩むかのようなスピード感と人肌の温度感を持つハートウォーミングなインディー・ポップ。ささやかな転調が素晴らしい。あっさりとした終わり方も見事で、だからこそ繰り返し聴きたくなる。何度でも会いたくなる。

【酒井優考】

millennium parade “FAMILIA”

millennium parade流レクイエムということなのかな。まだmillennium paradeが何なのか実態はつかめずにいるのですが、とにかくいつも何かがすごい。その何かが説明つかないんですけど。

 

STILL DREAMS “Live With Excuse”

会ったこともないのに信頼しているマバセレコーズのオーナー、〈みん恋〉こと前田さんのツイートで知った、彼が監督・脚本・編集を行っているMV。Still Dreamsは大阪のシンセ・ポップ・デュオで、キラキラした音像を人工物じゃなく夏の大自然の映像と合わせてるのが気持ちいいなと思います。どこかちょっと懐かしくて胸に来るものがある。

 

SAM4416 “勢い任せ”

ロックバンド侍文化と、昨年コラムも書いてもらったカンノアキオのソロユニット4×4=16がフュージョンしたSAM4416の新曲。侍文化のゴリゴリロック(だけじゃないけど)だけでもない、4×4=16のラップだけでもない、いいとこ取りの楽曲です。この連載で何度も紹介しているワタナベタカシの声がいい。

 

【天野龍太郎】

dodo & tofubeats “nirvana”

今週の一曲といえば、dodoとtofubeatsのコラボレーション・ソング“nirvana”。まず組み合わせに興奮するし、リリックもビートも2人の共作ということで、両者のよさがぎゅっと詰まっていると思います。特に、tofubeatsの歌/ラップがいままでにない新鮮な感じで、dodoとのコラボだからこそ引き出された魅力かも。〈消えかけてくまるで焚火の炎/目を凝らして見る最後の火の粉〉というdodoのラインに呼応しているのか、2人が仲良くキャンピングするジャケットもいい感じ。配信リンクはこちら

 

uami “バルコニーで寝タバコをしたい”

2019年のアルバム『Composition baby exercise book (long)』からのシングル・カット。アルバムを聴いていると楽曲ごとのアプローチのちがいや奇想っぷりに翻弄され、飲みこまれてしまうのですが、こうやってシングルとして聴いてみると、uamiさんの歌心やポップさが際立ちます。とはいえ、このギリギリのバランスで成り立っているエレクトロニック・グランジ・ナンバーは、どこまでもアグレッシヴで崩壊寸前。配信リンクはこちら

 

分水嶺 “Dreamy (Remote Ver.3)”

Maher Shalal Hash Bazなどに参加していたという宮岡永樹さんを中心とするバンド、分水嶺。最近気になっています。〈夢のよう〉とは彼らの新しいCD-R作品のタイトルであり、この新曲の題であるわけですが、分水嶺の音楽そのもののことのようでもありますね。ドリーム・ポップでもサイケデリック・ロックでもない、夢のような何か。捉えどころのない、綻びかけのサンサンブルと音像に強く惹かれます。ライブを観てみたいところ。

 

SNJO “サイレンス”

SNJO · サイレンス

SNJOくんの2作目『Diamond』がリリースされてからもう1年以上経っていて、時が経つのは早いなと思いました。待望の新曲は、確実に進化したサウンドで興奮。チョップされ、ぐにゃっと変調されたヴォーカルは新境地では。SNJOくんの曲はポップな歌が真ん中を貫いていることが多いのですが、今回そこは抑えられていて、代わりにビートやエディットのきめ細かい作り込みが圧倒的です。プロデューサーとして前に進んでいく力強さを感じたこの曲を聴いて、次の作品がめちゃくちゃ楽しみになりました。

 

munennn “supplication (prod.Rhino kawara)”

munennn · supplication(prod.Rhino kawara)

ポエトリー・ラッパー、munennnの新曲。プロデューサーは、コンピレーション『Autumn is Here』に参加していたRhino kawara。繊細な響きを持ったローファイ・ビートとmunennnのたゆたうようなフロウは、これ以上ないマリアージュを見せています。

 

MIKA & No tengo hambre “Endless End [duo|reprise]”

シンガー・ソングライターの林ミカさんのバンド、MIKA & No tengo hambre(ミカ&ノ・テンゴ・アンブレ。通称〈ミカノテ〉)。最近、彼女たちの2019年のアルバム『Sign』をよく聴いています。そのミカノテのライブ映像や対談動画が、Ice Cream Studioの企画で公開されました。こちらは林さんがベーシストのお犬様とのデュオで演奏したもの。彼女の歌そのものが、まるで生き物のようにうねっているさまにスリルを感じます。