TOWER DOORSブログ

VoliにTOWER DOORSから6つの質問 温かな歌と音で聴き手を包む、多才なクリエイター鶴堀貴之のソロ・プロジェクト

VoliにTOWER DOORSから6つの質問 温かな歌と音で聴き手を包む、多才なクリエイター鶴堀貴之のソロ・プロジェクト

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力にメール・インタビューから迫る企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回の主役はシンガー・ソングライターのVoliです。TOWER DOORSは彼の楽曲”Planetic”を紹介しています。

Voliは、東京を拠点に活動する鶴堀貴之によるソロ・プロジェクトです。鶴堀が音楽活動を始めたきっかけは、イギリスの大学への留学中にアニメーションを作りながら作曲をしたこと。日本に帰国後、ライブハウスを中心に路上などでも弾き語りのパフォーマンスを開始。2018年1月から〈Voli〉としての活動を始め、台湾では4度もツアーをしている、とてもアクティヴなア―ティストです。同年6月にはファースト・アルバム『FRAGMENTS』をリリースしています。

彼の音楽の魅力は、まずその歌声です。優しさを持った歌と思いやりに満ちた言葉は、聴き手に寄り添い温かく包み込んでくれます。クールな低音から透明感のあるファルセットまでを使い分ける巧みなヴォーカリゼーションには、ほれぼれします。

また、彼の音楽性は多種多様なジャンルへの愛に満ちあふれています。ブルースをベースにしたサウンドに、R&B/ソウル、ジャズ、ファンクなどをブレンドし、彼なりに昇華させた温かみのあるサウンドがなによりの特徴です。

Voliは、そんな幅広い音楽への愛が詰まったニュー・アルバム『BACKTRACK』を2021年1月にリリース。今回紹介した”Planetic”は同作の収録曲で、”Planetic”に限らず、作品全体からはVoliが音楽に懸ける情熱が強く伝わってきます。

そんなVoliに〈6つの質問〉を投げかけてみました。

関連アーティスト
TOWER DOORS