PR
インタビュー

インナージャーニー “グッバイ来世でまた会おう” 育った環境も好みもバラバラ、だからこそ起きる不思議な化学反応

(左から)Kaito(ドラムス)、カモシタサラ(ギター/ヴォーカル)、本多秀(ギター)、とものしん(ベース)
 

当時ソロ活動をしていたカモシタサラを中心に、そのサポート・メンバーだった3人と結成された4ピース・バンド、インナージャーニー。結成は一昨年、全員20~21歳と若手ながら、数々のフェス出演や、2021年5月21日(金)には東京・渋谷WWWでのワンマン・ライブ開催などが次々と決まり、今めきめきと注目を集めている。今回Mikikiでは、そんなバンドの中心人物でありギター/ヴォーカルのカモシタサラに、3月24日にリリースした4作目の配信シングル“グッバイ来世でまた会おう”や、バンド結成秘話、今後の目標などについて、話を訊いた。

インナージャーニー 『グッバイ来世でまた会おう』 鶴見river records(2021)

カモシタサラバンドからインナージャーニーへ

――カモシタさんはもともと何をしたかった方なんですか?

「こないだ小学校の時の手紙が出てきて、当時なりたかったものが書いてあったんですけど、そこにはピアニストって書いてあったんです。私も記憶になかったんですけど、でもピアノはやっていました。そこから何となく音楽系の仕事はしたいと思っていて、中学・高校からは作曲家になりたいと思うようになって。最初はそこを目指していました」

――作曲はピアノでしてたんですか?

「いや、当時はもうギターでしていました」

――ギターで曲を作って、自分で歌うつもりではなかった?

「そうですね。もともと歌うのはそんなに好きではなかったので、誰かに楽曲提供をしたかったんです。でも、どうしたら作曲家になれるか調べていったら、コンテストに応募して賞を取ったら知名度が出てきて作曲家になれるって書いてあって、それで応募できるコンテストをどんどん探していったんです。そしたら長野県のめっちゃローカルなお祭りのテーマ・ソングを募集しているサイトがあったので、そのために曲を作り、自分で歌って応募して、でも落選してしまったんですね。とはいえ、その曲をせっかく作ったんだから誰かに聴いてほしくて、Twitterに音を載せたんです。そしたら好きなライブハウスの人が〈良かったらライブしませんか?〉って声をかけてくれたので、そのライブまでにまた急いで曲を作って、歌ったんです。それがソロ活動の始まりですね。その時にすでに“グッバイ来世でまた会おう”は出来ていました」

――なるほど。ソロからバンド編成にはいつなったんですか?

「運良くその頃からレコード会社の方に目を付けていただいて、だったらバンドでちゃんとした音源を録りたいなって思うようになったんですね。その時はもう大学生だったんですけど、高校の時に楽器がうまかった人たちに声をかけて、そうやって集まったのがカモシタサラバンドのメンバーでした」

――じゃあ、もともとは歌うつもりではなかったけど、その過程でヴォーカリストになったんですね。

「ゆくゆくは誰かに歌ってほしかったんですけど、仮歌は自分で歌わなきゃいけないし、歌っているうちにどんどん歌う側の人になっていったんですよね」

――今も作曲家になりたいんですか? それとも歌い手として頑張りたいとか、あるいはバンドとして大きくなりたいとか、どう思っていますか?

「いや、バンドとして大きくなりたいのが一番です。バンドをやり始めた時は、〈やっぱり歌いたくないな~〉って気持ちがどこかにあったんですけど、最近は、自分で歌詞も書いてそこにメロディーも載せて、それを自分で伝えるっていうのは、自分にしかできない大事なことなんだっていうのを思っています」

――もともとはカモシタサラバンドという名前だったわけですが、どうやってインナージャーニーになったんですか?

「まず〈未確認フェスティバル〉に出させていただいた時にカモシタサラバンドになったんですけど、その時はソロ・アーティストとそのサポートという感じでした。で、〈未確認〉の反響が良くて、その後スタジオに入った時に誰が言い出したかは忘れたんですけど〈これ、バンドでやらない?〉っていう話になって、(2019年)10月からバンドとしてやるということになりました。なのでカモシタサラバンドだった時期は2か月くらいでしたね」

――〈カモシタさんとサポート〉という関係から〈4人対等のバンド・メンバー〉に変わって、変化はありました?

「めちゃめちゃありました。最初は、私が言ったことに合わせるみたいな、変な気の使い方はあったと思うんです。お互い心も開いてなかったし、全然仲良くなかったので(笑)。みんなほぼ初対面からライブをやり始めたんですよ。でもバンドになってからはもうプライヴェートなこともズケズケ言い合うし、気の使い方を知らないような感じなんです(笑)。でも言いたいことは何でも言えるし、それが音にも表れていると思います」

――音に表れているというのはどういうことですか?

「みんなそれぞれのこだわりが強い人たちなので、〈自分の好きなことをやりたい〉っていうアイデンティティーが強かったんですけど、バンドになったら〈もっとこうした方がいいよ〉ってメンバーのことを考えるようになったので、音にも仲良くなった感じが出てると思います。硬くなくなった感じがします」

――それは何となく分かります。インナージャーニーというバンド名はどこから来てるんですか?

「みんなandymoriが好きで、特に私が好きなんですけど、バンド名どうする?ってなった時に〈andymoriの曲名から取ろう〉ってなったんです。で、曲名をいろいろ見ながら〈“インナージャーニー”じゃない!?〉って結構勢いで付けちゃったんですけど(笑)。そしたら後から調べると〈瞑想〉みたいな意味があるって知って、エゴサするとヨガの動画が出てきたりして」

――小山田壮平さんもご存知みたいですね。

「そうなんです……(笑)。公認というか、許可をいただきました。小山田さんからは〈瞑想のスペシャリストなのかと思ってたよ〉って言ってもらって〈いや、違うんです(笑)〉って」

関連アーティスト
TOWER DOORS