2021年5月7日にリリースされた洋楽アルバム情報をまとめました。Mikikiの注目盤を7作セレクトしています。該当作品からのミュージック・ビデオ、TOWER RECORDS ONLINEの商品ページ、SpotifyとApple Musicなどのリンクもあわせて掲載していますので、新譜ガイドとしてお役立てください。

 


アルフィー・テンプルマン(Alfie Templeman)『Forever Isn't Long Enough』

イギリスの誇る新鋭が、松下誠や濱田金吾といった日本のポップ・ミュージックから影響を受けて作り上げた、ファンキーでとびきりポップなミニ・アルバム。

TOWER RECORDS ONLINEで購入
Spotifyで聴く
Apple Musicで聴く

 

ドディー(Dodie)『Build A Problem』

イギリスのシンガー・ソングライターによるデビュー・アルバム。ハンドメイドな質感を湛えた、温かでどこか神秘的なインディー・フォーク。

TOWER RECORDS ONLINEで購入
Spotifyで聴く
Apple Musicで聴く

 

グリーン・ハウス(Green-House)『Music For Living Spaces』

米LAを拠点とする最注目のアンビエント作家による、初のフル・アルバム。以前からのミニマルで穏やかな作風を踏襲しつつ、より親しみ易くリリカルに。

TOWER RECORDS ONLINEで購入
Spotifyで聴く
Apple Musicで聴く
Bandcampで聴く/購入

 

アイスエイジ(Iceage)『Seek Shelter』

デンマークのポスト・パンク・バンドによる3年ぶりの5作目。ソニック・ブームこと、スペースメン3のピーター・ケンバーがプロデュース。

TOWER RECORDS ONLINEで購入
レコチョクでダウンロード
Spotifyで聴く
Apple Musicで聴く
Bandcampで聴く/購入

インディア・ジョーダン(India Jordan)『Watch Out!』

英ロンドンのDJ/プロデューサーによる、ニンジャ・チューンからの新作。電車での移動や通勤のイメージに結びつけられた、ミニマルで疾走感溢れるグルーヴ。

TOWER RECORDS ONLINEで購入
Spotifyで聴く
Apple Musicで聴く
Bandcampで聴く/購入

 

スクイッド(Squid)『Bright Green Field』

次世代UKロック・シーン最大の注目バンドがワープより放つ、満を持してのデビュー作。ダン・キャリーのプロデュースがバンドの底知れぬポテンシャルを引き出す。

TOWER RECORDS ONLINEで購入
Apple Musicで聴く
Bandcampで聴く/購入

 

ウィーザー(Weezer)『Van Weezer』

米LAを代表する〈泣く子も歌うロック・バンド〉の14作目。メンバー共通のルーツであるハード・ロックやメタルを大々的に取り入れた、痛快愉快な新境地。

TOWER RECORDS ONLINEで購入
レコチョクでダウンロード
Spotifyで聴く
Apple Musicで聴く