Ken Yokoyama『4Wheels 9Lives』思わずフロアに飛び込みたくなる、生命力と躍動感に溢れた疾走ナンバーたち

2021.05.27

これは凄い。待望の7作目は大半が2分台の楽曲ばかりで、歌とメロディーの訴求力はもちろん、瞬発力を重視した疾走ナンバーで攻めまくる。曲が始まった途端にフロアに飛び込みたくなる、全曲ライヴ仕様の生命力と躍動感に満ち溢れた一枚だ。メロディック・パンクの旨味を凝縮したソリッドな作風にKEN BANDの真骨頂が刻まれているよう。特に表題曲は新たなパンク・アンセムになり得るカッコ良さ。

関連アーティスト