コラム

ブルー・ハーツやスレイヤー、スナッフにビーチ・ボーイズなど、横山健を育てたさまざまな音楽たち

【PEOPLE TREE】横山健 Pt.3

WHAT BREED NEUTRAL PUNKS
名義や作品によって見せる顔が違いすぎ!? 横山健を育てたさまざまな音楽たち

 BBQ CHICKENSを聴けば、横山健スレイヤーアンスラックスといったスラッシュ・メタルを通っていることはあきらかだが、10代の頃の彼は、オジー・オズボーンアイアン・メイデンといった往年のヘヴィー・メタルを中心に、ポップスからパンクまで幅広い音楽を聴いていたそう。

【参考動画】スレイヤーの2015年作『Repentless』収録曲“Repentless”

 

 そんななか、バンドを始めるうえで彼がいちばん衝撃を受けた存在がブルーハーツ。彼らからは、〈まず自分らしくあれ〉ということを教えられた(しかし、その模倣から抜け出すにはそれなりに時間がかかったらしい)。

【参考動画】ブルーハーツの87年作『THE BLUE HEARTS』収録曲“未来は俺等の手の中”パフォーマンス映像

 

 ほかにも、ラモーンズクラッシュといったいわゆるオリジナル・パンクからハードコアまで、あらゆるパンク・サウンドを聴いてきたようだが、とりわけ忘れてはならないアクトが、ハイスタに影響を与えた英米のメロディック・パンクを代表するスナッフNOFXの2組。特に前者からは音楽性のみならず、多種多様なカヴァーを楽しむユーモアセンスも含め、バンドの在り方からも近い感性が窺える。

【参考動画】スナッフの2000年作『NUMB NUTS』収録曲“Pixies”

 

 また、たびたびカヴァーしてきた50~60年代のポップス抜きに彼のバックグラウンドを語ることはできない。特にお気に入りは“Kokomo”を取り上げたビーチ・ボーイズ。横山が作るメロディーやハーモニーからもそのテイストは感じられるだろう。それ以外にも、意表を突く改編ラインナップは彼のベースにある豊かな音楽性を伝えるもので、例えばデュラン・デュランといった80年代のMTVヒット勢に加え、「オズの魔法使い」の劇中歌〈虹の彼方に〉など、映画音楽からの選曲も少なくない。

【参考動画】ビーチ・ボーイズのベスト盤『Greatest Hits』にも収録されている88年のシングル“Kokomo”

 

 そして新作の『Sentimental Trash』では、ギブソンやグレッチといった箱モノ・ギター(セミアコ/フルアコ)を弾きはじめたことを契機に、パンクに出会う以前に聴いていたチャック・ベリーエルヴィス・プレスリーらロックンロールの意匠がこれまで以上に表出。さらに巨人たちのなかでは、社会に物申すミュージシャンとしてウディ・ガスリージョン・レノンを尊敬しているという。加えて、トリビュート盤に参加した矢沢永吉やシンガー・ソングライターであるSION柴山俊之サンハウス)、内田勘太郎憂歌団)といった日本の大先輩に対しても、精神的なメンターとして敬意を表す発言をしばしば残していることを付け加えておきたい。 

 

※【PEOPLE TREE:横山健】の記事一覧はこちら

関連アーティスト
TOWER DOORS