コラム

TOTOのライブ盤、スティーヴ・ルカサー(Steve Lukather)&ジョセフ・ウィリアムズ(Joseph Williams)のソロ作が一挙リリース!

TOTO『With A Little Help From My Friends』、スティーヴ・ルカサー『I Found The Sun Again』、ジョセフ・ウィリアムズ『Denizen Tenant』

TOTO
最新ライヴ盤とソロ作がまとめてリリース!

TOTO 『With A Little Help From My Friends』 Players Club/ソニー(2021)

 これまでもメンバー・チェンジに伴う状況の変化はあったものの、2019年10月の公演を以て無期限の活動休止に入っていたTOTO。その裏にあった諸事情も明かされているが……そのなかで世界中がパンデミックに陥った状況を受け、中心人物のスティーヴ・ルカサー(ギター/ヴォーカル)とジョセフ・ウィリアムス(ヴォーカル)がバンドの未来と向き合って相談を進め、最終的には〈TOTOの名前を使って、音楽と愛を前進させ続ける〉ことを選んだのだった。そうやって昨年11月21日に行われたのが一夜限りのオンライン・ライブであり、このたびその模様を収めた『With A Little Help From My Friends』がリリースとなった。2人の他には錚々たる演奏陣がサポートに入り、終盤にはデヴィッド・ペイチ(キーボード)も出演! これはBlu-ray/DVD付きでチェックしたいところだ。

STEVE LUKATHER 『I Found The Sun Again』 Mascot/ソニー(2021)

 なお、今年2月に同時リリースされていたルカサーとウィリアムズの各ソロ作もこのタイミングで日本盤化。レジェンドの両名による進行形の世界も併せて楽しんでおきたい。

関連アーティスト