PR
コラム

〈和~るどミュージック祭り!!〉日本民謡と世界の民族音楽の融合でココロを踊らせる刺激的なイベント

日本民謡とラテンとクレツマーなどが融合! かつてないコンセプトのお祭りコンサート!

 2008年から毎年開催されている八王子音楽祭は、毎年ユニーク且つ魅力的なプログラムが組まれることで音楽ファンに知られている音楽祭。さすがに昨年はコロナ感染症の影響で中止を余儀なくされたのだが、今年は嬉しいことに再開が決定された。今年のテーマは〈世界の音楽〉。〈各国の民謡や楽器を通して、世界中の文化を体感できるイヴェントをたっぷりとお届けします!〉との宣言通り、8月13日から1か月を越える会期の中に例年ほどとはいわないまでも様々なプログラムが実施される予定だ。

 その中でも注目したいのが、2021年9月4日(土)にいちょうホール大ホールにて開催される〈八王子音楽祭2021~Music for Earth♪~ 和~るどミュージック祭り!!〉だ。Worldが〈和~るど〉になっているところがミソなのは出演者の顔ぶれを見れば納得だろう。 まずホストを務めるのが白崎映美&東北6県ろ~るショー!!。現在活動停止中の上々颱風で、ツイン・ヴォーカルの一人として活躍した白崎映美が2013年に組んだバンドが原型。実は山形県酒田市生まれの白崎は、東日本大震災と小説家・木村友祐の「イサの氾濫」に出会うことで東北人としての血のたぎりを覚え、結成に行き着いたという。実に個性的なメンバーを揃えたこの楽団。9月には東北の被災地を巡って完成させたという新曲のリリースも控えている。

 そこにゲストとして参加するのは更にクセの強い面々だ。まずは日本各地の民謡をラテンなサウンドにミックスして注目を集めている民謡クルセイダーズから、リーダーでギタリストの田中克海とヴォーカル(というか民謡歌手)のフレディ塚本の二人。元々は洋楽やジャズを志していた彼らが飲み屋で意気投合したことから2012年に結成された民謡クルセイダーズ。戦後日本のラテン音楽ブームの頃に盛んに行われた民謡とラテンリズムのミクスチャーを、平成~令和のセンスで復活させる彼らの音楽は、日本だけでなく海外でも注目されている。

 続いて東欧系ユダヤ民謡をルーツに持つクレツマーと、日本のチンドンが出会い、さらに様々な音楽を捕食してきたシカラムータで活躍する、クラリネットの大熊ワタルとチンドン太鼓等のこぐれみわぞうのお二人。彼らはチンドン的機動力を活かしたユニットジンタらムータとしても活動を展開している。

 そこにダンサーとして国内外の公演やバンドのメインダンサーとして活躍。さらに世界のエスニックなダンスの要素を盆踊りと融合させる〈エキゾ盆踊り〉を提唱するNourahが参加して、現代の聴衆が忘れかけている〈踊るココロ〉を目覚めさせることだろう。

 強烈なインパクトを持った内容のこのステージ。ココロの汗をかきに出かけてみたいものだ。

 


LIVE INFORMATION
和~るどミュージック祭り!! 
2021年9月4日(土)東京・八王子 いちょうホール 大ホール ※開催見合わせ
開場/開演:15:15/16:00
出演:白崎映美&東北6県ろ~るショー!!
ゲスト:フレディ塚本(ヴォーカル)、田中克海(ギター)from 民謡クルセイダーズ/大熊ワタル(クラリネットetc.)、こぐれみわぞう(ヴォーカル/パーカッション)from シカラムータ・ジンタらムータ/Nourah(エキゾ盆踊り)https://www.hachiojibunka.or.jp/icho/archives/eventinfo/2021-3/

★〈八王子音楽祭2021~Music for Earth♪~ 和~るど・ミュージック祭り!!〉の開催見合わせ・払い戻しについてはこちら