佐藤優介

8月のある日、何の前触れもなく、佐藤優介の新曲“UTOPIA”が届いた。『Kilaak EP』(2019年)以来2年ぶり、Kaedeの新作『Youth - Original Soundtrack』(2021年)のプロデュースを経た新曲だ。

この“UTOPIA”を解読すべく、大学時代から彼のことをよく知り“UTOPIA”に参加しているスカートの澤部渡と、ユニット〈僕とジョルジュ〉で活動を共にしてきた姫乃たまを招集した。

 

〈音楽が変わる〉予感に満ちた曲

――“UTOPIA”はある日たまたまYouTubeで知ったんだけど、もうびっくりして。Twitterで誰かも言ってたけど、80年代半ばにスクリッティ・ポリッティが12インチ・シングルを3枚連続で出した時があって

※編集部注 84年2月に“Wood Beez (Pray Like Aretha Franklin)”を、5月に“Absolute”を、11月に“Hypnotize”をリリースした

澤部渡(スカート)「『Cupid & Psyche 85』(85年)の前だ」

スクリッティ・ポリッティの85年作『Cupid & Psyche 85』収録曲“Wood Beez (Pray Like Aretha Franklin)”

――もう〈音楽が変わるぞ〉みたいな衝撃があったんですよ。“UTOPIA”はあの時の感じをすごく思い出しました。

佐藤優介「スクリッティ・ポリッティを思い出した、っていうのはいろんな人から言われました。実はそこまでちゃんと聴いたことなくて」

“UTOPIA”

――音楽的に、というより空気感が。〈何か変わるぞ〉っていうのがあった。でもみんながそう思うのも分かる。

佐藤「確かに80年代の音楽はよく聴いてました。ハービー・ハンコックとかアフリカ・バンバータとか、あと細野(晴臣)さんのソロとか」

――何を参照にしてるとか、そういうのが全く気にならなかったんですよ。

 

澤部渡(スカート)

踊れる音楽が恥ずかしくてできなかった

――これはいつから作ってたの?

佐藤「曲自体は去年にはもうほぼ出来てました。コロナでライブもなくなっちゃって、毎日ずっと家にいたので」

姫乃たま「家にいなきゃいけなくなったっていうのが制作のきっかけなんですね」

佐藤「急に時間がいっぱい出来から、じゃあ自分の曲でも作ろうかって」

姫乃「前作『Kilaak EP』からの流れというか、そこでやり残したことをやりたいという考えもあったんですか?」

2019年作『Kilaak EP』収録曲“Kilaak”

佐藤「『Kilaak EP』でやってなかったのは、グルーヴのある音楽なんです。踊れる音楽を作るっていうのが、なんていうか恥ずかしくてできなかったんですよね。聴くのは好きだし、人に歌ってもらう曲だと何でもできちゃうんですけど」

姫乃「歌が(音像の)奥のほうで小さく鳴っているのも、そういう照れが理由なんですか? それともトラックの一部として使ってるという意識なのかな」

佐藤「歌、やっぱりちっちゃいですか?」

澤部「パーツとしてはあれが最適なんだと思う。歌がメインだと、どうしても(歌い手の)顔が大きくなるから」

佐藤「歌手じゃないし、俺の歌なんてあれくらいでいいんです」

――じゃあ今回はミックスまで全部自分でやったの? 途中で誰かに意見をもらったりは?

佐藤「誰かに聴いてもらうっていう発想がなかったです。ずっと一人で……」

姫乃たま

裏返しの〈UTOPIA〉

姫乃「個人的には優介さんの曲を聴いてると、なんとなく宇宙とかSFっぽい感じがします。優介さんが特撮好きだからかもしれないけど」

――SFとかは読むの?

佐藤「小説は全然読まないです。『世界の中心で愛を叫んだけもの』(ハーラン・エリスン)は前に読んで好きでしたけど。集中力ないから短編しか読み切れないんです。あとは映画ばっかりですね」

――映画だと「デューン/砂の惑星」(デヴィッド・リンチ監督/84年)とか、当時好きだったな。失敗作と言われてるけど。

佐藤「もうすぐドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の(『DUNE/デューン 砂の惑星』)も公開されますね。でもやっぱり『ホドロフスキーのDUNE』(フランク・パヴィッチ監督/2013年)が好きです」

2013年の映画「ホドロフスキーのDUNE」予告編

姫乃「そういえば、今回はミュージック・ビデオを(映画監督の)柴野太朗さんと作ってるんですよね。私も“長所はスーパーネガティブ!”(2019年作『パノラマ街道まっしぐら』収録)のMVを前に撮ってもらいました」

佐藤「あ、そうだったんですね。柴野さんからは、ある日いきなり連絡があって。自分がお手伝いさせてもらった田中宏和(『MOTHER』などのゲーム音楽やアニメ『ポケットモンスター』シリーズの主題歌で知られる作曲家)さんのデモ音源集(2021年作『Lost Tapes』)が出た時に、柴野さんが〈CD買って聴いたよ〉ってわざわざ連絡をくれて。それで、じゃあ今度自分の曲を出すのでMVを手伝ってください、ってお願いして」

たなかひろかずの2021年作『Lost Tapes』トレイラー。佐藤優介は同作の監修・編集を担当

――MVのあの最後のシーンはどこ?

佐藤「川崎の工業地帯の近くの海辺です。『大人は判ってくれない』(フランソワ・トリュフォー監督/1959年)をやりたかっただけなんです。海辺っていうか公園みたいなところで」

姫乃「カット割りのテンポとかも曲に合っていました」

佐藤「こんな画がいいな、っていうのはこっちから相談していろいろ撮ってもらったんですけど、ああいう編集のリズムはほとんど柴野さんが作ってくれました」

澤部「タイトルは『アメリカン・ユートピア』(スパイク・リー監督/2020年)の影響もあったりするの?」

佐藤「ありましたね。裏返しの意味での〈ユートピア〉だと。最初はもっと抽象的なタイトルにしようと思ってたけど、そういう気分じゃなくなってきて。それからMVでタイトルをパッと出す時に、いろいろ試して字面的にも〈UTOPIA〉が一番画面に合ったんです」

 

気持ち悪くて気持ちいい〈時代の音〉の組み合わせ

佐藤「そういえば前に姫乃さんが勧めてくれた『ブラックパンサー』(ライアン・クーグラー監督/2018年)をレンタルして観てるんだけど、こんなに難解な映画だと思ってなかった」

姫乃「あはは。劇中曲が好きなんですよね。パカパカパカって、トーキング・ドラムの音とか」

佐藤「まだそこまでいってないかも。あの、でっかい〈MARVEL〉ってロゴが出てくるとこで、毎回怖くなって止めちゃって……」

姫乃「最初じゃん!」

佐藤「こんなでっかいんです。ロゴが」

澤部「いやもっと“UTOPIA”の話をしたほうがいいよ! 前にラジオ(『NICE POP RADIO』、α-STATION)に出てもらった時、オケ・ヒットの話とかしてたじゃない」

※編集部注 オーケストラル・ヒット。80年代前半に流行したサンプリング音源で、単音やコードをスタッカートで演奏したオーケストラの音をシンセサイザーで模したもの

アフリカ・バンバータ&ザ・ソウルソニック・フォースの82年のシングル“Planet Rock”。オーケストラル・ヒットが使用されている

佐藤「オケ・ヒットって、出てきた当時は分かんないですけど、自分の世代ではもうダサい音の代表みたいな感じになってて」

澤部「煮ても焼いても食えない音だよね」

佐藤「でもなんとなく、今使ったら面白いんじゃないかって。それはもうカンみたいなものなんですけど」

澤部「そういえば前にもスカートのライブでオケ・ヒットを弾きたいって言ってたよね」

佐藤「全部無視されましたけど」

澤部「でもまさか今の時代に、オケ・ヒットの音がこんなに効果的に鳴るっていうのが、僕はすごい衝撃だったんですよ」

佐藤「なんていうか、ああいう時代の音を受け入れられるようになってきたっていうか。〈時代を感じる〉って、ちょっと悪い意味で使われてる言葉だと思うんですけど、やっぱりそれだけ個性的な音がする」

澤部「イントロのホワイト・ノイズのリズムもすごい気持ちよくて」

佐藤「あれはファミコンの音が出せるシンセを使ってます。ザーッていうノイズをスネアの代わりにしてるんですけど、2拍目と4拍目で微妙に音の長さを変えたりしてて。それでまたノリが変わってくるんです」

澤部「いろんな時代の、本来だったら組み合わされないものが組み合わさってる。その気持ち悪さがまた気持ちいいというか」

――でもそういう要素を、ひとつひとつ言語化しても意味がないように思えるのが、この曲のすごいところだと思う。

佐藤「何かに影響を受けながら、そこからだんだん逸脱していくのが自分でも面白くて。想像どおりに進まないほうが感覚的にも楽しいんです」

 


RELEASE INFORMATION

リリース日:2021年8月4日
プラットフォーム:各音楽ストリーミング/ダウンロード・サービス
配信リンク:https://linkcloud.mu/ed042a7a
ハイレゾ配信(OTOTOY):https://ototoy.jp/_/default/p/858040

作詞・作曲・編曲 佐藤優介
Vocals, Other Instrumentals 佐藤優介
Electric Guitar 澤部渡/森達哉
Mixed by 佐藤優介
Mastered by The Anticipation Illicit Tsuboi @ RDS Toritsudai

 


PROFILE: 佐藤優介
福島県浪江町生まれ。ミュージシャン。

PROFILE: 澤部渡(スカート)
87年、東京都生まれ。ポップ・バンド、スカートを主宰。

PROFILE: 姫乃たま
93年、東京都生まれ。10年間の地下アイドル活動を経て、2019年にメジャー・デビュー。同年4月に地下アイドルの看板を下ろし、現在は文筆業を中心に音楽活動をしている。