PR
インタビュー

竹内アンナ『TICKETS』2年間で吸収したものを詰め込んだ〈どこから食べても美味しいアルバム〉を語る

聴く者をさまざまな場所や時間へといざなう、とびきり意欲的なグッド・ミュージック。あなたの心を掴んで外へ連れ出してくれる、素敵な旅路のチケットはここにあるよ!

自分の天井を取っ払いたくて

 「2020年3月にリリースしたファースト・アルバム『MATOUSIC』の直後にコロナ禍に入ってしまい、なかなかうまく動けないもどかしさがありました。でも、昨年の春に大学を卒業して上京したという環境の変化もあったし、自分の中でこの2年間はすごく濃かったんです。『MATOUSIC』のコンセプトは、日常において衣服のように私の音楽を纏ってほしいというもの。でも曲を通じてみんなの元へは行けるけど、物理的に近くへ行けない状況が続いちゃったことで、ただ寄り添うだけじゃ足りないのかな?とも思った。ファースト・アルバムでその人の手を掴めたんだとすれば、次のアルバムではその手を引っ張って外へと連れ出してあげたい、そんな欲も芽生えて」。

 スタイリッシュでグルーヴィーなサウンドを駆使して聴き手をどこか開放的な場所へと連れ立っていく、そんな竹内アンナの軽やかな身のこなしっぷりが魅力だった前作『MATOUSIC』。でもその振る舞いにいささか謙虚さを感じていたような気も……そんなふうに考えてしまったのは、待望のセカンド・アルバム『TICKETS』での彼女が予想以上に大胆かつ肝っ玉の据わった姿を見せていたから。2年前ぐらいは、彼女を当代シティ・ポップの次世代アーティストだと認識していた節もあったが、とても狭い了見だったといまは反省しきり。言わば本作は、彼女の腕力が何かとモノを言っているアルバムで、聴き手の気持ちをガッチリ掴んで離さない握力、各楽曲の肝を見つけ出してグイッと引き寄せる掌握力など、さまざまな部分の発達ぶりが目覚ましい。

竹内アンナ 『TICKETS』 インペリアル(2022)

 「自分自身の天井を取っ払ってしまいたかったんです。〈これが竹内アンナっぽいんじゃないか〉みたいに自分で勝手に枠を設けてしまっていた気がして、それを一回取っ払ってみようと。コロナ禍ではあったけど、2021年にたくさんの場所でバンド・ツアーや弾き語りツアーに行って、いろんな人に出会えた影響も大きかったと思います。その意識を実践できたのが、先行配信シングルの“ICE CREAM.”で」。

 おっと、なんと見事な跳躍ぶり。2021年夏にこの曲を受け取ったときのインパクトはいまも消えずに残っている。とにかく突き抜けたポップ感に魅了された。ヴィジュアルが、黒髪のロングヘアーから金髪ショートになっていたことも含めて。

 「アルバム収録曲のうち何曲かで新しい制作チームとご一緒したこともあり、サウンドの感触もいままでとは異なるものになりました。でも顕著な変化は歌詞の面だったかも。とことん可愛くしてみよう、普段ならこっぱずかしくって言えないことも書いてみようと。完成して思ったのは、やりすぎかな……と感じても、他人はそれほどでもなく、気にしているのは私だけなのかも、ってこと(笑)」。

 物事がうまくいかず、自分の不甲斐なさに落ち込み、怒りに身を任せて書いたという“我愛me”に顕著だが、作詞面では言葉の意味よりも響きの大事さを追求しているふしが多々見られる。この判断もまた勢いを重視した結果なのだろう。