前野健太『ワイチャイ』デビュー作を思い出す詩情と素朴さ、やるせない時代の空気や怒り、老練なアレンジが同居した7作目

2022.05.10

詩情豊かでどこかクスッとできる曲調が『ロマンスカー』の頃を思い出させる“MAXとき”のような素朴さと、やるせない時代の空気や怒りを曲に横たわらせた“マシッソヨ・サムゲタン”などの老練なアレンジが、いいバランスで同居している7作目。歌心に満ちた前野のヴォーカル、それを引き立たせる佐山こうたのピアノも絶品だ。“戦争が夏でよかった”はとてもシンガー・ソングライターらしい想いの馳せ方。

関連アーティスト