(左から)エイドリアン・レンカー、ジェイムズ・クリヴチェニア、マックス・オレアルチック、バック・ミーク、三船雅也

4人は火を囲むように音を鳴らす
僕たちの心盗んでいってしまった素敵な大泥棒Big Thief

どうもご無沙汰しています、久しぶりの熊戦記です。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。このコロナの世界にも少しずつ慣れてきて、特にこの2022年は音楽のフェスティバルが復活した1つの記念すべき時代の転換点だと思っています。

およそ3年弱ぶりに海外のアーティストがたくさん来日してくれるようになってきてミフネ個人としてもとてもうれしく、この世界を楽しんでいます。

さて今回は、大阪・名古屋・東京公演が記憶に新しいBig Thiefのメンバーみんなとお話をする機会をいただきましたので、それを皆さんにシェアしたいと思います。

ロットもこの5年間、止まることなくアルバムをリリースし続けていて、まぁ俗に言う多作な方ではあると思いますが、Big Thiefのメンバーも本当に多作で休まずに創作とライブを続けています。

そして作品は回数を重ねるごとにどんどん良くなっていくという魔法のようなバンドなところにミフネ自身非常にシンパシーを感じていて、この世界が非常事態の中でクリエイティブをしていくというマインドセットとか、その多忙な中でどうやってバンドを良くしていくのか?など、ミュージシャンの目線で、他のインタビューでは聞けないようなお話ができたと思います。

話してみたら等身大でシャイで、心の底から音楽が好きな、ほんとに素敵な人たちでした。

Big Thiefのような生粋の純粋なバンドがちゃんと正当に評価されている、その事実があるだけで僕たちはこのめちゃくちゃな世界でもまだ生きていけそうな気がするではありませんか。

Big Thiefという素敵な大泥棒たちに心を盗まれてしまったすべての人たちへ。


 

三船雅也「今日はこのような機会をいただいて、ありがとうございます。日本のツアーはどうですか、疲れましたか?」

バック・ミーク「最高ですよ! 食事も美味しくて、ヘルシーなスープもグッド! ツアーする時にはとても助かります」

マックス・オレアルチック「人も最高!」

エイドリアン・レンカー「すごい楽しい。少し疲れてフラフラして朦朧とするけど、それも楽しいよね。アジア圏というか、西洋以外の国に来たのは初めてで、周りを見ても文字も読めないし、そういう感じがちょっと面白くて、夢の世界にいるみたいだよねって」

三船「私の友人たちが、先日の大阪のギグがすごい良かったって絶賛してました!」

エイドリアン「大阪のギグはベストショーでした」

ジェイムズ・クリヴチェニア「私たちも4ヶ月ぶりに再会してすぐの、2回目の公演だったんです。でも、フレッシュな気持ちでできて、プレッシャーもなくて、自分達でもトップ10に入るくらいの良いライブだったよ」

三船「今日の東京のギグはそれを超えてもらわないとね!」

マックス「それはやってみないとわからない。ミステリーだね」

三船「僕はずっとBig Thiefのクリエイティブの秘密を知りたいと思ってました。だから今日はいくつか質問させて下さい。皆さんはこのCOVIDの中でソロ作品も作っていました。そしてそのクリエイティブの後に2枚組20曲のアルバム(2022年作『Dragon New Warm Mountain I Believe In You』)をリリースして、更にギグをやって、ツアーを回ってすごく忙しかったはずなのに、こんなにたくさんアルバムを出せるその秘密は何だと思いますか?」

エイドリアン「オートミールを毎日食べることかな(笑)」

バック「あとは、やっぱりお互いがベストフレンドで、すごく仲が良い、そういうところが秘訣だと思うよ。信頼関係もあるし、お互い音楽を作ろうっていう好奇心もすごい旺盛。また、何かアイデアがあったらすぐ自由にメンバーにぶつけてみて、失敗を恐れずにセッションをしてみることができる。とにかく実験的に前に進んでいこうっていう気持ちがみんなにあります」

エイドリアン「ある日、夢を見たんですね。夢で会ったその友達は60歳のお爺さんなんですけど、お酒を飲みすぎて突然そのお店で死んでしまいました。すごく悲しくなったけど、結局それって何か自分に当てはまるな、って思って。自分の投影なのかなと思いました。そのお爺さんはとても素晴らしい方で才能もあって、60歳なんだけどとても遊び心がある子供みたいな人でした。もしかしたらそれは私と同じなのかなっていう風に気付いて。

やっぱりバンドをやっていてすごく大事なことは、その子供のような心だと思うんです。大人になるにつれて、だんだん守りに入って、色んなことを見落としてしまう。名声でもお金でもなくピュアな好奇心や子供の心みたいなもの、それをバンドとしてはすごく大事にしていて、そしてバンドのみんなもそういうものを持ってると思うんです。バンドとして活動してる時に、ワクワクするかどうか、ハングリーで好奇心があるどうか、情熱があるか、そういうのを常に確認しながら活動してると思う。それこそが私たちバンドのミステリーというかスペシャルな部分かな」

マックス「ツアーに出るとバンド活動って24時間一緒にずっと一緒にいるわけで、そのうち23時間は音楽をやっていないよね。その23時間で僕らは一緒に生活をして、同じ時間を過ごして、その中で想像力を高めたり、特別な瞬間があったり、アイデアが閃いたり。

そして演奏している時がそのクリエイティビティのピークになる。その瞬間っていうのは本当に特別なもので、なかなか言葉では表現できないんだ。だけど〈今この瞬間こそが!〉みたいな体験があって、それが私たちバンドだけじゃなくて、その場にいるオーディエンスやクルー、全ての人が感じられて共感できる大切な瞬間なんだと思う」

三船「今のこの時代にBig Thiefは何が特別かっていうと、世界中の多くのアーティストがラップトップでトラックミュージックを作るようになってるのに対して、Big Thiefはとてもフィジカルで有機的なバンド活動をしていますよね。Big Thiefのそのバンドミュージック、ピュアな音楽をみんなが良いと言っていて、日本公演もソールドアウト! そこには何かみんなを引きつける魅力があるはずなんですよ。マジックがある特別なバンドの一つだなって思うんです。

僕らROTH BART BARONも時代の流れとは関係なくマイペースに活動し続けて、COVID中でもずっと活動してきたことで逆にフックアップしてもらったみたいなところもあって、日本で活動している自分も何かちょっとそこに個人的ながらシンパシーを感じるところもあったりします。

その特別な現象が起きていることについてどう思いますか?」

バック「プレイしてる時や練習してる時、私たちにはコンパスみたいなものがあると思う。それはBig Thiefの私たちらしい何かで、それがカッコ良いかカッコ良くないかなんだ。それは私たち4人が一緒に演奏している時にこそ感じられることで、もちろんその後にオーバーダビングもやるんだけど、やっぱり本当のマジックっていうのは二度と再現できないような瞬間にこそあって。完璧でなくても、失敗したりミスとかがあっても、でも演奏を聴いていてお互い4人が4人の音を聴いてるなっていう感覚が自分達でもわかる。多分その音を聴いてる人たちもそれがわかるような、そんな瞬間があるんだよね」

マックス「トゥギャザーネス、一体感、一緒にいるっていう感覚だね。それがやっぱりオーディエンスにも伝わるんだと思うよ。それが僕たちの一番のストロングポイントかな」

三船「いいですね。それは海を越える何かですよね。僕はまだ実際にBig Thiefのショーを見ていないけど、そこがどのバンドともすごく違うところなのかな。それは特に今の時代にすごく強く感じるというか」

エイドリアン「まず私たちがアコースティック楽器でやってるからかなって考えたんですけど、多分そうではなくて。もしラップトップを使って作ってもBig Thiefらしい音楽ができると思うんです。なぜかというと、ラップトップも楽器だし、楽器はツールですよね。で、例えばそのツールで一緒にパンを作る、仲間とご飯を作るみたいなことと同じで。結局、私たちが何を目指してるのか、何をやろうとしているのかっていうことが大事。

私たちは音をみんなに伝えるとか発表するとかそういうことをやろうとしているのではなくて、オーディエンスのみんなとその時に同じものを見届ける感覚なんです。物理的に目に見えるものと見えないものの架け橋になって、一緒にそれを探してるんですね。それが私たちの演奏のミステリーというか。精神世界みたいなところを一緒に探っているっていうのが私がやっていることなんです。

何か奈落の底みたいな全然見えないところをのぞき込んでいる、言葉にできない不思議なものを探している、みんなでこうやってキャンプファイヤーの炎を見ている、そういう体験に近い何か。燃えてる炎をただ見つめている、そういう体験に近いんだと思う」

三船「4人のソウルというか、そういうところで何を見てるかっていうことが面白くて、重要ですよね。すごくわかります」

バック「一緒に演奏することの重要な価値って、要は〈音の科学〉だと思うんですね。自分たちが手で触って楽器を演奏して、そこに音がある。それはサウンドウェーブとして出てくる科学みたいなことをやっているとも言えて、ある程度は自分たちで演奏してそれをコントロールできるけど、やはりそこは未知の世界というか。

無限の未知な世界の中で、音が波状になって、更にそこにはハーモニーがあって、心に響く何かがあって、それが複雑なジオメトリックのような模様を描く。例えば、虹のプリズムも音に分解してみるとメジャースケールになったりするとか、そういう話があったりもするし。そういうことを4人で一緒にやっている感覚だね。

ちゃんとお互いを信頼して、好奇心を出し合って、一緒にそれを作り上げていくっていうのがすごく大切なことなんだと思うよ。それができるのはとても稀有なバンドなんだと思う」

三船「最後に質問。ツアーがもうすぐ終わってみんなが一段落した時の次の夢というか、〈休んで寝る〉とか何でもいいんですけど、何か次の目標、次は何を見てるのかを教えて下さい」

マックス「キャンプに行こうと思う、テントを立てて!」

三船「本当の炎ですね」

バック「私たちの次の夢は、レコーディングスタジオを作ることかな。機材を集めて次のアルバムをレコーディングできるところを作ること」

エイドリアン「スタジオの名前はあるんだけど、秘密です。まだ出来てもいないのに名前を言うのはね!」

三船「そうだね。スタジオを作る前にスタジオの名前を決めるのは、何かバンドを組む前にバンドの名前を決めるぐらい大事なことだよね!」

エイドリアン「あとは次のツアーに向けて休養をして……。ところで、私はあなたの話してる声がいいと思う。リラックスできます」

三船「(笑)。ありがとうございます」


 

いかがでしたでしょうか?

4人が4人の音をちゃんと聴く、この当たり前のことが実は非常に難しく、お互いをこのように信頼している関係性を持つバンドは奇跡と言っても良いのかもしれません。

これからROTH BART BARON、僕たちは新しいアルバム『HOWL』を提げて、全国ツアーを回り、3月10日には東京・昭和女子大学人見記念講堂でのツアーファイナル公演があります。

Big Thiefのみんなから受け取った何か、大切なかけらたちを引き継いで公演に挑もうと思います。

それでもし、この話の内容にピンとくる方がいらっしゃったら、是非ロットのライブに遊びに来てください。

いずれ僕たちも近い将来、Big Thiefのみんなに僕たちのライブを見せつけてびっくりさせてやろうと思うのです。

これからも海外のいろいろな音楽を伝えるべく熊戦記を続けていきますので皆さんどうぞお元気で。ライブでお会いしましょう。また会う日まで。

 


LIVE INFORMATION
ROTH BART BARON『HOWL』Tour 2022-2023

第2弾発表スケジュール
■ぴあ先行販売(抽選)
受付URL:https://w.pia.jp/t/rothbartbaron
受付期間:2022年12月2日(金)12:00 ~ 2022年12月5日(月)23:59

■イープラス一般発売(先着)
受付期間:2022年12月10(土)10:00 〜
受付URL:https://eplus.jp/rothbartbaron/

〜バンド編成・名古屋公演〜
2023年2月12日(日)愛知・名古屋 THE BOTTOM LINE
開場/開演:17:15/18:00
主催:BEAR BASE
協力:jellyfish
後援:ZIP-FM

〜バンド編成・京都公演〜
2023年2月18日(土)京都 磔磔
開場/開演:17:15/18:00
主催:BEAR BASE

〜バンド編成・大阪公演〜
2023年2月19日(日)大阪・心斎橋 BIGCAT
開場/開演:17:15/18:00
主催:BEAR BASE/キョードー関西
後援:FM802

〜バンド編成・仙台公演〜
2023年2月23日(木・祝)宮城・仙台 darwin
開場/開演:17:15/18:00
主催:BEAR BASE/Coolmine
後援:Date fm

〜バンド編成・札幌公演〜
2023年2月26日(日)北海道・札幌 PENNYLANE24
開場/開演:16:15/17:00
主催:BEAR BASE/WESS
後援:FM NORTH WAVE

〜バンド編成・福岡公演〜
2023年3月3日(金)福岡 BEAT STATION
開場/開演:18:15/19:00
主催:BEAR BASE/BEA
後援:CROSS FM

〜バンド編成・広島公演〜
2023年3月4日(土)広島 CLUB QUATTRO
開場/開演:17:15/18:00
主催:BEAR BASE
後援:広島FM

〜ツアーファイナル・フル編成・東京公演〜
2023年3月10日(金)東京・太子堂 昭和女子大学 人見記念講堂
開場/開演:17:30/18:30
主催:BEAR BASE/DISK GARAGE
後援:J-WAVE

■第1弾発表スケジュール
〜with Strings〜 Live at Billboard Live OSAKA
2022年11月11日 (金)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA
1st show
開場/開演:17:00/18:00
2nd show
開場/開演:20:00/21.00

〜7人バンド編成・静岡公演〜
2022年11月13日(日)静岡・浜松 space-K
開場/開演:16:15/17:00

〜with Strings〜 Live at COTTON CLUB
2022年11月18日(金)東京・丸の内 COTTON CLUB
1st show
開場/開演:17:00/18:00
2nd show
開場/開演:19:45/20.30

〜Magical Colors Night・6人バンド編成・金沢公演〜
2022年11月26日(土)石川・金沢 メロメロポッチ
開場/開演:16:30/17:00
Guest Act : noid

 

RELEASE INFORMATION

ROTH BART BARON 『HOWL』 SPACE SHOWER(2022)

リリース日:2022年11月9日
*High-Resolution[24bit / 96kHz]DL Code付

■初回限定盤 :(CD+Blu-ray)
品番:PECF-91044
価格:5,170円(税込)
*Live Full Version限定公開映像URL付 

■通常盤(CD)
品番:PECF-1194
価格:3,300円(税込)

■LP
リリース日:2022年12月21日(水)
品番:PEJF-91045
価格:3,630円(税込)

TRACKLIST
1. 月に吠える feat.中村佳穂
2. K A Z E 〜JR東日本CMソング〜
3. 糸の惑星 〜Disney+『すべて忘れてしまうから』ライヴ・エンディング曲〜
4. 赤と青 〜TBSドラマ『階段下のゴッホ』エンディング曲〜
5. HOWL
6. O N I
7. Ghost Hunt (Tunnel)
8. 場所たち
9. 陽炎
10. MIRAI 〜つくばみらい市・シティプロモーション曲〜
11. 髑髏と花 (дети)

Blu-ray
ROTH BART BARON TOUR 2021-2022『無限のHAKU』〜Final〜
Live at International Forum Hall C
1. EDEN
2. みず/うみ
3. iki
4. 春の嵐
5. ショッピングモールの怪物
6. BLUE SOULS
7. あくま
8. GREAT ESCAPE
9. Eternal
10. Helpa
11. ひかりの螺旋
12. 霓と虹
13. HAKU
14. K i n g
15. U b u g o e
16. NEVER FORGET
17. 月光
18. けもののなまえ
Enc. 1 極彩|IGL(S)
Enc. 2 鳳と凰
Enc. 3 N e w M o r n i n g