連載

【RYUTist宇野友恵の「好き」よファルセットで届け!】第28回 さとねえ(柴田聡子)の「きれぎれのダイアリー」を大切に読み、妹の自覚が芽生えました

柴田聡子「きれぎれのダイアリー 2017~2023」

メンバー・横山実郁さんのバースデーライブの開催を2023年11月23日(木)に、東京で初のアコースティックライブの開催を26日(日)に控えたRYUTist。今日も準備に励んでいるのだとか。そんなRYUTistの宇野友恵さんによる書評連載が、この〈RYUTist宇野友恵の「好き」よファルセットで届け!〉です。今回紹介する本は、RYUTistの〈公式お姉ちゃん〉である柴田聡子さんの著書「きれぎれのダイアリー 2017~2023」。ニューアルバム『Your Favorite Things』を2024年2月28日(水)にリリースすることも話題の柴田さん。友恵さんの〈さとねえ〉への思いがあふれ出しました。 *Mikiki編集部

★連載〈RYUTist宇野友恵の「好き」よファルセットで届け!〉の記事一覧はこちら


 

10月某日、私は読書に耽っていました。
本を好きになった頃から、とにかくたくさん読めるようになりたくて、ようやく習得した速読能力を発揮したいという勢いのまま始まった積読消化。
完読は早いですが、読了はしていない。正直中身は入っていなかったです。これじゃ読書の良さがなさすぎる。

 

そんな矢先、大ファンのシンガーソングライター・柴田聡子さんの「きれぎれのダイアリー 2017~2023」が届きました。
文芸誌「文學界」にて足かけ7年にわたって連載されたエッセイ「きれぎれのハミング」をまとめた単行本です。

柴田聡子 『きれぎれのダイアリー 2017~2023』 文藝春秋(2023)

公式オンラインストアだとサイン本が手に入れられることを聞き、急いで注文していたのでした。
本はお店でじっくり吟味して購入するか、取り寄せてもらうことが多いので、CDやレコードはあっても、本を予約して発売日に家に届くという体験は今までなかったような気がします。

 

家に帰って、お風呂に入って、あとは寝るだけといった状態で、スッと姿勢を正して椅子に座り、これから繰り広げられる柴田聡子ワールドを想像してドキドキしながら、ゆっくりと本を開きました。
開いてすぐに飛び込んできた〈ありがとうございます!! 柴田聡子〉とシンプルながらも大好きな柴田聡子フォントの直筆メッセージが愛おしい。
私が注文した時点でサイン本は再々々発売くらいだったので、読者のために時間を割いて一冊ずつ書いてくれたのだと思うと、〈こちらこそありがとうだよ、柴田さん。〉と呟いてしまいます。

推しの本は寝る前に少しずつ噛み締めるように読みました。
本はやっぱり自分に合ったペースで読むのが一番いいです。

夜が来るたびに感嘆のため息を漏らす。
日常を描く文章がとてもユニーク。コソッと笑いが散りばめられていて、本の中で言葉たちがいきいきと喜んでそこにいるように感じます。

柴田さんのエッセイを初めて読んで、理想とする文章のイメージが固まったあの時のことを思い出しました。毎月購読するお金の余裕がなくて、図書館や本屋の立ち読みで密かに「きれぎれのハミング」を楽しんでいたあの日々を。

「きれぎれのダイアリー」の中で大好きなのは、「くしゃみのクリエイティビティについて」。
タイトルからして、とっても変!
はじめに〈この頃、自宅でのくしゃみに凝っている。〉という一文が投下され、誰もいない自宅で響かせるくしゃみの発音について、文中ではあくまで真面目に分析&推奨されていて、なぜかちょっと私もやってみようかなと感心してしまうから、良いな、面白いな、と惚れ惚れします。柴田さんは、唯一無二の存在。

 

そんな推しの柴田聡子さんはRYUTistの公式お姉ちゃんでもあります。
楽曲“ナイスポーズ”と“オーロラ”を作っていただきました。

レコーディングやライブなどでご一緒させていただくうちに仲良くなっていき、メンバーと柴田さんの間で、柴田さんのことを〈さとねえ〉って呼ぼう!と、ある時決めたのですが、完全なるファンの私が、気軽に呼んでしまっていいものなのかと、さとねえ呼びにはまだ慣れずにいました。

関連アーティスト