コラム

sukekiyo、刻々と変態する自身の音世界をさまざまな交流を通じて拡充してきたこれまでの歩み

 2013年10月にDIR EN GREYを中心とするプロジェクトとして始動したsukekiyo。DIRのマニピュレーターでもある匠、匠と同じく元はRENTRER EN SOIのメンバーだった未架kannivalismYUCHIの順に合流し、最後にUTAが参入して5人編成に。初作『IMMORTALIS』リリース時の京の発言によると、4人の共通点は〈変態〉らしい。だが、例えばUTAがかつて在籍していた9GOATS BLACK OUTの音世界が内包する、ある種の柔らかさを湛えたダークなリリシズムを思うと、〈変態〉というワードは〈美意識〉とも置き換えられるのでは。現にUTAの加入は、9GOATSの楽曲を京が耳にしたことに端を発しているとのことだ。

【参考動画】DIR EN GREYの2014年作『ARCHE』収録曲“空谷の跫音”

 

 そうしていまの体制となったsukekiyoがリスナーの前に初めて登場したのは、2013年12月29日。のちに『IMMORTALIS』でリミックスを手掛けることになるSUGIZOのSHIBUYA-AX公演のオープニング・アクトとしてだったが、同年末の〈COUNTDOWN JAPAN 13/14〉と共にバンドの全貌は明かされず。神秘的な爪痕を残したまま2014年に入ると、1月1日に先行曲“aftermath”を発表。4月には鬼束ちひろを共演者に指名した“in all weathers”のMVで話題をさらうと、いよいよファースト・アルバム『IMMORTALIS』が到着する。全16曲の本編に加えて初回盤は2枚組となり、コラボを果たしたキリトAngelo)をはじめ、リミックス陣としてコーンジョナサン・デイヴィスによるデヴィルスラッグTK凛として時雨)、PABLOPay money To my Pain)、HISASHIGLAY)、人時黒夢)、石井秀仁cali≠gariGOATBED)……と全11組が参加。多様な個性との交配によって、sukekiyoの持つ殺伐とした緊張感と深淵な叙情を押し広げてみせた。

【参考動画】sukekiyoの2014年作『IMMORTALIS』収録曲“in all weathers”

 

 その後、5月に東京と京都の6か所でワンマン・ライヴ〈別れを惜しむフリは貴方の為〉を行うと、9月は東京・目黒鹿鳴館公演を経て欧州ツアー〈雨上がりの優詩〉を敢行。10月には主催イヴェント〈異形の間〉も実施し、妖精帝國神聖かまってちゃんMERRYと共に、なんと鳥肌実も招聘。今回の『VITIUM』における三上博史枠と言えるのかもしれないが、こうした選択眼からもsukekiyoの特異性が窺える。

【参考動画】THE NOVEMBERSの2014年作『Rhapsody in beauty』収録曲“Romance”

 

 ちなみに、『VITIUM』リリース直前の対バン・ツアー〈『The Unified Field』-双卵の眼-〉ではLM.CHEAD PHONES PRESIDENTacid androidTHE NOVEMBERSと共演予定。このなかで唯一2日に渡って手合わせするTHE NOVEMBERSは〈美〉をノイズで表現した最新作を作り上げるなどsukekiyoとも繋がる感覚があったりするが……、得体の知れないsukekiyoの根幹を掴むヒントは、もしかしたら、こうした外部との交流のなかに見い出せるのかもしれない。 

関連アーティスト
TOWER DOORS