インタビュー

痛みを代弁する孤高のSSWメロディ・ガルドー、〈オーディオ・ジャーナリズム〉を実践した新作で現代社会の闇に迫った理由

メロディ・ガルドー 『Currency Of Man』 Pt.1

痛みを代弁する孤高のSSWメロディ・ガルドー、〈オーディオ・ジャーナリズム〉を実践した新作で現代社会の闇に迫った理由

本当の豊かさとは何だろう──幾多の苦難を味わい、誰よりも生命の大切さを知っている彼女だからこそ表現できる音楽。現代社会の闇を切り取ったこの〈ブルース〉を、我々はどう受け止めようか!?

 メロディ・ガルドーからの知らせはいつも突然Twitterで届く。今回のツイートには、〈新作『Currency Of Man』が素晴しい出来になったから聴いてね〉と書かれていた。なるほど、このニュー・アルバムにはいままでに出会ったことのない、その足ですっくと大地に立ち、表現する彼女がいる。ブルースの粒子が散りばめられ、肯定的な明るさと哀愁を併せ持った歌声がある。素晴らしい。ノラ・ジョーンズにメガ・ヒットをもたらしたジェシー・ハリス作曲の“Don't Misunderstand”以外は、すべてメロディ自身の作詞/作曲によるものだ。

MELODY GARDOT Currency Of Man Verve/ユニバーサル(2015)

 「今作では、言いたいことを言わなくてはいけないと思った。それほど世界には問題が山積している。ミュージシャンである前に、ひとりの人間としての思いが膨れ上がったのね。人間の価値、生命の重さは何にも代えがたいもの。そうであるのに、いまだに世界には物質主義が蔓延し、生命をおろそかにすることばかりが起こっている気がする。生命よりお金を優先して戦争を起こすなんて、何という政治でしょう。差別主義も酷い。いま私はパリ郊外とリスボンに住んでいて、拝金主義がヨーロッパ以上にまかり通っているアメリカには長く帰っていなかったの。それが、2~3年ぶりにLAに長期滞在してつくづく感じたんだけれど、21世紀だというのに人種差別的な事件が起き、社会に蔓延している。その差別は、性差や年齢にも及んでいる。こんな情勢を目にしては、音楽と自分の思想を別々に持って展開するということは、もう考えられない。私、決心したのね。歌で〈オーディオ・ジャーナリズム〉をやろうと。そして、制作にあたったの。音楽を演っていると、〈ユニバーサル・ハーモニー〉といったものが信じられるようになる。音楽がハーモニーを生むように、生命のほうが物質より大事だと目覚めさえすれば、人間も全世界的な調和を生み出すことができるはず。そんな思いの数々を届けたい。それが、このアルバムを作った意図なの」。 

 
政治的というより、心の叫びよ!

 筆者は、彼女を〈21世紀の若者の痛みを代弁するシンガー・ソングライター〉と位置付け、愛おしく思ってきた。そういうダークな色合いを持つシンガーは、2010年代に入って多くなり、混迷の度を増す時代との関連を思わせる。

 そんななか3枚目となる前作『The Absence』(2012年)で、メロディはカラフルに変貌を遂げた。ボサノヴァタンゴカリプソまで登場し、セルフ・プロデュースで作ったサウンドは彼女の音楽地図が拡大したことを如実に示していたのだ。だから、明るさを加味し、全米ジャズ・チャートの1位を獲得した『The Absence』の路線が続くのかと想像したリスナーも多かったと思う。

 そして、3年空いて今作である。彼女自身によると、時間を置いて作ったわけではなく、綿々と続く創作活動上にこの『Currency Of Man』があり、ラリー・クラインにやはりプロデュース/アレンジを任せようと決めたところから制作が始まったそうだ。

 美しいストリングス・アレンジを得て、力強い彼女の主張が前面に出た“Don't Misunderstand”。ニーナ・シモンを思わせるパワフルな歌声とロックなギターのいななき、サックスの咆哮で聴かせる“March For Mingus”。1955年にエミット・ハリスというアフリカン・アメリカンの少年が、白人女性に口笛を吹いた疑いでリンチに合い殺害された事件を語り、ゴスペル調に仕上げることで、彼の魂を慰めた“Preacherman”──デビューからの2作が〈私小説〉なら、今回は〈社会派〉とでも呼びたいほど、歌詞の内容に大きな変化が出てきた。

 今作を聴き、PVを観て、大変嬉しかったことがある。トンネルの向こう側に歩いていくメロディを撮影した映像で、彼女が杖なしで歩いているのだ。〈歩けるようになったんだ!〉、そう告げると彼女が言った。

「そうなの! いつもというわけにはいかないけれど、かなりの時間、杖なしで過ごせるようになったわ。光の過敏症は治らず、サングラスは外せないけれど、そんなこと、大した問題じゃないわね。いま私はパリ郊外にいるんだけど、母がフランス人だったから言葉に問題はないし、人も温かいし、ここが心の故郷なの。そしてリスボン。温かくて海が近くて、そういった環境が私の身体にも良いみたい。ここまで健康になることができ、また実年齢での成長もあり、いまだからこのアルバムが作れたんだと思う。政治的というより、心の叫びよ。これが少しでも聴いてくれる人の琴線に触れて、いまの世の中のあり方を変えていくきっかけになったらと願わずにはいられない。そして、ヤバイくらい大好きな日本でまた歌いたい。そんな機会が早く来ますように」。

 次の来日公演が実現した際には、センター・マイクまで自分の足だけで歩いていく彼女を見られるに違いない。そして、自身のヴォイスで歌い、自分の思いを語るメロディに出会えるだろう。その日を楽しみに、このアルバムを聴いている。

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS