星野みちる、小西康陽製ヒップホップ歌謡やヤン冨田とのDOOPEESカヴァーに自作曲など豊かな表現力で聴かせる新作

2015.09.01

先行した小西康陽作のヒップホップ歌謡“夏なんだし”、ヤン冨田がプロデュースしたDOOPEESのカヴァー・メドレー、そのほか高浪慶太郎奥田健介、福岡のクリエイター・チームであるNEW TOWN REVUEら、これまでになくヴァラエティーに富んだ作家陣による楽曲を収めたサード・アルバム。自身が作曲した“ディスコティークに連れてって”で聴かせるアーバン・フィーリングを筆頭に、エキゾティックなテクノ・ポップ、フィレス、モータウンラヴァーズスウィング・ジャズエレクトロなどサウンドのギミックも顔ぶれなりの豊かさだが、それらをまるっと呑み込んだ彼女のヴォーカル、表現力、その豊かさもこれまで以上に香しい。ジャケットでは女性らしさを出したりしちゃって……食べごろだね!


[English Translation]
Hoshino Michiru  "You Love Me"

The third album features tracks from the widest range of composers ever, including Yasuharu Konishi, who wrote the hip hop-tinged pop lead single "Natsu Nandashi (meaning 'Cause It's Summer)," Yann Tomita, who produced the cover medley of DOOPEES, Keitaro Takanami, Kensuke Okuda and Fukuoka-based creator team NEW TOWN REVUE. Including the urban feeling of the self-composed "Discotheque ni Tsuretette (meaning Take me to the Discotheque)", the sound gimmicks of exotic techno pop, Philles, Motown, Lovers, swing jazz and Electro are as rich in variety as the composers. Her rich and expressive singing that takes them all in is more fragrant than ever. Also, she displays enticing feminine charms on the cover of the album... Now it's the right time to relish!

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop