2014.05.07

新体制で初となった前作が〈衝動〉の作品だったとするなら、数多くのライヴを経て制作された新作はいわば〈熟成〉の一枚。ニューウェイヴネオアコヘヴィー・ロックと曲調は幅広いが、アートワーク同様に柔らかなヴェールで包み込まれたような落ち着いたムードがある。その象徴が、ラッパーの環ROYを迎え、後藤正文がプロデュースを務めた“革命家は夢を観る”。メランコリーのなかに情熱が潜む、新たな代表曲の誕生だ。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop