連載

NEHANN、chelmico、米津玄師、松任谷由実……Mikiki編集部員が今週オススメの邦楽曲

【Mikikiの歌謡日!】第74回

NEHANN、chelmico、米津玄師、松任谷由実……Mikiki編集部員が今週オススメの邦楽曲

Mikiki編集部員とTOWER DOORS担当・小峯崇嗣が最近トキめいた邦楽曲をレコメンドする毎週火曜日更新の週刊連載〈Mikikiの歌謡日!〉。今回は第74回です。紹介した楽曲はSpotifyのプレイリストにもまとめているので、併せてお楽しみください。 *Mikiki編集部

★〈Mikikiの歌謡日!〉記事一覧

Spotifyプレイリスト

 


【小峯崇嗣】

Faded old city “404 Notfound”

奈良県出身のバンド、Faded old cityが最新EP『First』をリリース。そこから”404 Notfound”をご紹介。壊れかけたネオンサインがゆっくりと点滅し、深淵から鼓動するようなミニマムなシンセ・サウンドが鳴り響く。ゆったりと曲が進むにつれ、中盤からの巻き返すレイヴィーで躍動感あふれるシンセ・ポップがたまらない一曲に仕上がっています。

彼らにはTOWER DOORSからメール・インタビュー〈6つの質問〉を行っています。ぜひ併せてチェックしてみてください!

 

TOSH “Lost Boy”

沖縄を拠点に活動するSSW、TOSHの最新曲。リズムカルでファンキーなカッティング・ギターと、艶やかさと渋さを兼ね備えたクールな歌声によって綴られる甘くも切なさを感じられるポップな一曲。ナイル・ロジャースとスティーヴ・レイシ―(Steve Lacy)を掛け合わせたような踊れてメロウな曲調が素晴らしいです。

 

JADHU “If Six Was Nine”

東京を拠点に活動する3人組のエレクトロニック・フューチャー・バンド、JADHUの最新曲。ミニマルなチルウェイヴ・サウンドで展開される楽曲。ダークでメロウなメロディーとヴォーカルのクールで渋い歌声が交錯するムーディーなエレクトロニック・チューンです。

 

ジオラマラジオ “彼女について私が知っている二、三の事柄”

〈TokyoNouvelleVague〉を掲揚し、東京都内を中心に活動するオルタナティヴ・ポップ・デュオ、ジオラマラジオが最新作『txt』からMVを公開しました。監督はミツメの須田洋次郎。彼ららしいレトロで淡さを感じられるテイストの映像になっています。

そしてなんとEP『txt』はカセットテープでの販売も開始。この真夏はぜひジオラマラジオの最新作とともに過ごしてはいかがだろうか?

 

【田中亮太】

NEHANN “Ending Song”

新世代インディー・コンピ『Destruct Tapes #1』にも参加していたNEHANNの新曲。ダークなサイケデリアをスケール感たっぷりに描くバラード。こういう曲をしっかり聴かせられるところに、バンドのポテンシャルの高さが窺えます。ヴォーカルの倍音から醸される色気といったら。

 

Zen101 “If I was a Flower”

変わらないあなた、変えようとした私、変わりゆく愛。すべての終わってしまった恋人たちに捧げたいエゴ≒ラヴのポートレート。これ、すごい歌だと思います。

 

Hi,how are you? “りんご飴”

ハイハワの夏、ネオアコの夏。

 

【酒井優考】

chelmico “Disco (Bad dance doesn't matter)”

最初聴いた感じでは、クラブで起こるいろんな光景とか、そこでかかってる音楽とかも含めて〈クラブへのラヴソング〉だと思ったんだけど、そういう楽しかった当たり前の世界がコロナによって一変してしまったわけで、2020年のいま聴くことによって、ただの〈クラブへのラヴソング〉じゃない、もっと広い〈在りし日の世界へのラヴソング〉に聴こえるのが素晴らしいなと思います。クラブなのに“Disco”ってタイトルにしちゃったり、〈いや、家が好きだよ基本は〉って前置きしちゃったりするchelmico的ひねくれ加減も最高。ようやく現れた、今年出すことに意味がある今年のための一曲。

 

NEE “不革命前夜”

突き刺す系のギター・リフに突き刺す系のヴォーカルにこのアニメーションですよ。やべー曲キタよ。

 

shabel “motion blue”

みんな大好き、エモーショナル・ドラスティック・プログレッシブ・メロディック・デスメタル・ネオ・ピアノ・トリオshabelが今週もライブ映像を公開。ってこの曲は……Motion Blue yokohamaで披露してくれた未発表曲“motion blue”ではないか! 静かな海面がだんだんと荒波に変化していくような感じとか、マイナー調が希望感あふれるメジャーコードに変わる感じとか、この1曲でshabelというバンドを体現していると思います。

 

おはぎ “おはぎのゆる豆ソング001”

みんな大好き、ポップ・ドラスティック・エモーショナル・プログレッシブ・センチメンタル・フリーダム・ナンデモ・アリな庶民派プログレ・ユニットおはぎ(プログレ2回出てきた)が、Twitterで新企画をスタート。ズバリ〈おはぎ〉のことを教えてくれるゆるふわソングで、ほっこりするし知識も得られるし一挙両得です。あなたはおはぎとぼたもちの違いをちゃんと言えますか?

 

TOWER DOORS