スウェード、盟友エド・ビューラー起用したリユニオン後2作目は壮大なストリングスが残酷なまでに耽美な世界浮き彫りにする一枚

2016.02.23

マッカルモント&バトラーの再結成に刺激されたか、スウェードがリユニオン後2枚目のニュー・アルバムを発表した。初期3作品と2013年の前作『Bloodsports』を手掛けた盟友エド・ビューラーをプロデューサーに起用して、〈夜と墓場の詩人〉なる異名を持つエドワード・ヤングの代表作から取ったタイトル通り、ダークで妖しいサウンドスケープへとリスナーを誘導。バーナード・バトラーの穴を壮大なストリングスでカヴァーし、それが結果的にスウェードらしい残酷なまでに耽美な世界を浮き彫りにしている。深いエコーをかけたギター、不穏な雰囲気を描き出すドラムのキック、そして何よりブレッド・アンダーソンの艶やかなヴォーカル――これを待っていた! 全UKロック・ファン必聴!!

関連アーティスト