インタビュー

GANG PARADE“GANG 2” ブレイク目前の9人組が新たな一歩を踏みしめる、現体制での初インタヴュー!

Page 2 / 2 1ページ目から読む

“GANG 2”に至るまでの道と歴史

GANG PARADE Barely Last T-Palette(2016)

マイカ加入を受けて臨んだ、POP時代から数えて2枚目のアルバム。EDM寄りな前身での志向に比べ、夢心地な幕開けの“sugar”、哀愁ロックの表題曲まで音の幅を多彩に広げている。ジャケの崖っぷちポーズが後に“GANG PARADE”の振付けに組み込まれているのもポイント。

 

GANG PARADE Plastic 2 Mercy T-Palette(2016)

プラニメのデビュー・シングルにしてPOP時代にも再録した爆発的な代表曲を改めて7人でリメイクした、ココゆゆドクソン加入後の初シングル。松隈ケンタらしいピアノが叙情的でエモいカップリング“WINTER SONG”は、季節限定なのがもったいない名品だ。

 

GANG PARADE FOUL T-Palette(2017)

〈BODY & 7SOUL〉を謳った表題曲は現在もグループに欠かせない名曲で、感動的なスケールを備えたアンセムに育っている。マイカが初作詞したカップリングの“Close your eyes”は重たい情念ロック。なお、MVで髪を刈ったカミヤは本作リリース後にBiSに移籍することに。

 

GANG PARADE Beyond the Mountain T-Palette(2017)

ここからの快進撃の狼煙を上げた、アヤ移籍後の初シングル。ポエトリー風の語りから一気に駆け上がって荒ぶる表題曲は、この時期の7人ならではの一体感と昂揚感を象徴する名曲となった。ゆゆ作詞の“ペニンシュラ”はいままでにないセクシー仕立てのエレポップに。

 

GANG PARADE GANG PARADE takes themselves higher!! T-Palette(2017)

アヤ在籍のまま作られた通算3枚目のアルバム。オラオラ系の“イミナイウタ”や“GANG PARADE”で気炎を吐きつつ、リリカルでグッとくる“Are you kidding?”やユア作曲による穏やかな“普通の日常”など、表現の幅をさらに広げた名曲揃いの一枚だ。

 

GANG PARADE BREAKING THE ROAD T-Palette(2018)

オリコンで過去最高の週間5位を記録した、この7人での最後のシングル。表題曲はハイスタ世代にも訴えかけるメロコアで、個々の熱い歌唱が胸に迫る。ヨウタ颱風の詞曲による“とろいくらうに食べたい”も冗談ソングを装いつつ、豪快でライヴ映えする佳曲!

 

*それ以前のディスコグラフィーはbounce 396号のバックナンバーやMikikiのアーカイヴをご覧ください!

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS