タワーレコード新宿店~渋谷店の洋楽ロック/ポップス担当として、長年にわたり数々の企画やバイイングを行ってきた北爪啓之さん。マスメディアやweb媒体などにも登場し、洋楽から邦楽、歌謡曲からオルタナティブ、オールディーズからアニソンまで横断する幅広い知識と独自の目線で語られるアイテムの紹介にファンも多い。退社後も実家稼業のかたわら〈音楽〉に接点のある仕事を続け、時折タワーレコードとも関わる真のミュージックラヴァ―でもあります。

つねにリスナー視点を大切にした語り口とユーモラスな発想をもっと多くの人に知ってもらいたい、読んでもらいたい! ということで始まったのが、連載〈パノラマ音楽奇談〉です。第8回は北爪さんのアニメ遍歴、そしてリリースから10周年を迎えた花澤香菜さんのファーストアルバム『claire』(2013年)について綴ってもらいました。 *Mikiki編集部

★連載〈パノラマ音楽奇談〉の記事一覧はこちら


 

マクロス、ガンバ、ミンキーモモ……少年時代のアニメ体験

今回は声優・花澤香菜のファーストアルバム『claire』を取り上げたいと思います。いつにもまして脈絡のないセレクトですが、好きなのだから仕方ありません。ただ本稿では、花澤さんの10周年にかこつけて自分とアニメの関わりについて振り返るというのが一つの主題でもあるので、自分語りと花澤さんの話が半々くらいになることを先にお伝えしておきます。

というわけで、話は我が小学校時代に遡ります。当時の僕は専門誌を2冊定期購読していたほどアニメに夢中で、人生で初めて買ったレコード(ハジレコ)も「超時空要塞マクロス」のシングル“マクロス”だったし、部屋には「ガンバの冒険」の大きなポスターも貼っていました。このポスターは映画公開時に係員さんを泣き落として無理やり譲ってもらったと記憶しています。小学生も高学年になると部屋のポスターは「魔法のプリンセス ミンキーモモ」と大友克洋の漫画「童夢」という対極にもほどがある組合わせに変わったのですが、そもそも水木しげるとわたせせいぞうを同じくらい愛読するアンビバレンツな少年だったので不思議ではありません。

「魔法のプリンセス ミンキーモモ」LPと「ガンバの冒険」DVDボックス(北爪私物)

中学2年くらいまではかなりアニメにハマっていたものの、次第に小説を読んだり洋楽のロックンロールを聴いたりするほうが面白くなってきてしまい、高校に上がる頃にはすっかり熱も醒めてしまったのでした。その後は社会現象にもなった「新世紀エヴァンゲリオン」すらスルーほど、完全にアニメとは無縁の生活を送り続けていたのです。

 

「まりあ†ほりっく」は奇書「虚無への供物」!?

ところが、だいぶ時が流れた2009年、深夜にテレビを垂れ流していたら始まった「まりあ†ほりっく」というアニメをダラダラ観ていたところ、これがなんだか気になるのです。

ナンセンスな学園コメディなのに背景がときおりミュシャ風のアールヌーヴォーになったり、敷かれたカーペットがエッシャーの柄だったりと妙にハイブロウな雰囲気。そして会話が宝石にまつわる衒学的なウンチクに及んだとき、〈これは中井英夫の「虚無への供物」じゃないか!〉と仰天してしまいました。「虚無への供物」は日本三大奇書の一冊として名高いアンチ・ミステリ小説ですが、「まりほり」のやたらとペダンチックな作風にどこか似たものを感じたのです。のちに監督の新房昭之が相当な探偵小説マニアだと知って合点がいくのですが、自分以外の誰も〈まりほり=虚無説〉を唱えている人がいないので勘違いかもしれません。

それはさておき、最近のアニメはひょっとすると面白いのかも知れない……と思わせるには十分の作品ではあったものの、それでもまだ能動的にアニメを鑑賞しようという気持ちにまでは至らなかったのです。

「けいおん!」の尋常でなく細やかな演出に衝撃を受ける

2011年の秋、女友達から「観てほしいアニメがある」と言われて唐突にUSBを渡されました。そこには彼女が薦めてくれた「放浪息子」をはじめ、「魔法少女まどか☆マギカ」や「けいおん!」、「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」など、当時話題の作品が収められていたのです(いま思えばイリーガルなのでしょうけど……)。

たしかに見ごたえのある作品ばかりでどれも感銘を受けたのですが、中でも図抜けて衝撃的だったのが「けいおん!」でした。その理由を語りだすと非常に長くなるので別の機会に譲りますが、一つだけ触れておきたいのは、たとえば登場人物の脚の描写だけで感情の機微を表現するような、〈映像レベルの演出〉が尋常でなく細やかだったことです。実写のフィルムとは違ってアニメは〈無駄なものを描かない〉という当然といえば当然の事実に、僕は「けいおん!」を通して初めて気付いたのでした。それからはアニメを観ることが再び楽しくなってきたのです。

 

「たまこまーけっと」への偏愛と亡き片岡知子さんの思い出

じつは今回、取り上げようかずいぶん迷った作品があります。それは「けいおん!」の山田尚子監督と京都アニメーション制作による2013年のオリジナル・アニメ「たまこまーけっと」です。人気作が多い京アニのなかでは比較的地味なポジションに甘んじているように思いますが、私的にはとても愛着のある作品で、モデルとなった出町桝形商店街には京都へ行くたびに必ず足を運んでいるほどです。

「たまこ」の魅力は、元インスタント・シトロンでマニュアル・オブ・エラーズにも所属していた片岡知子による、ちょっとストレンジで暖かみのある劇中音楽に負うところも大きいでしょう。じつは以前プライベートの片岡さんにお会いする機会があって、舞い上がった僕は「たまこ」とその音楽の素晴らしさについて熱弁してしまったのですが、片岡さんはそれをすごく喜んでくれて話が盛り上がったことをよく憶えています。その後も仕事で縁のあったご主人(グラフィックデザイナーの岡田崇さん)を通じて近況を伺っていたので、勝手ながらとても近しい思いを抱いていました。それゆえ片岡さんが闘病のすえ2020年に51歳の若さで永眠されたときには、言葉を失ってしまったのですが……。

「たまこ」10周年を迎えた今年の10月、主題歌やサントラなどの計4タイトルが初のアナログリイシューされたことは存外に嬉しいことでもあり、連載のタイミング的にも申し分ありませんでした。ただどうしても個人的な感傷が強く先立ってしまって整理のつかない文章になりそうなため、取り上げるのを控えた次第です。

「北爪さんは『claire』を絶対聴くべき!」という同僚の熱弁

花澤香菜を最初に認識したのは、「まりほり」と同じく新房監督&シャフトが制作した「化物語」だったと思います。そのときは花澤さんや彼女が演じる千石撫子に惹かれたわけでもないのですが(ガハラさん推しだったし)、ただ、撫子がラップする名曲“恋愛サーキュレーション”のキュートな破壊力には相当なインパクトを受けました。その後、いくつか彼女が演じたキャラを見る(聴く?)につけ、次第にエンジェルボイスとも称されるその声には抗しがたい魅力があることに気づいていったのです。

そして2013年にファーストアルバム『claire』がリリースされるわけですが、声優としては好きだったものの、正直なところ歌手活動にはさほど興味はありませんでした。ところが発売日直前、アニソンを愛してやまない同僚Mから「傑作です! 僕はお金がないので買うことは出来ないけど、北爪さんは絶対に聴くべきだ!」という、よくわからないながらも異様に熱のこもったプレゼンをされたのです。その気迫に押された僕は半信半疑のまま購入してみたのですが、たしかにMの言説に間違いはありませんでした。

花澤香菜 『claire』 アニプレックス(2013)

『claire』は、ROUND TABLEの北川勝利がサウンドプロデューサーを務めていることに加え、作詞作曲陣にカジヒデキや元ラヴ・タンバリンズの宮川弾、元Cymbalsの沖井礼二に矢野康博、クラムボンのミト、中塚武。さらにプレイヤーでも元Original Loveの宮田繁男やヒックスヴィルの中森泰弘など、いわゆる渋谷系~ポスト渋谷系のベテラン勢が多数参加しているのですが、アニソンビギナーの僕からすれば見知った名前が多くクレジットされているだけでもなんだか安心感がありました。「たまこ」の片岡さん然り、優れたクリエイターたちが次々とアニメ業界に参入していることは知ってはいたものの、一枚のアルバムとしてそれを実感したのは本作が初めてでした。

 

洋楽的要素が濃厚な良曲とウィスパーボイス

制作メンバーからも察することができるように、音楽性は60~70年代のソフトロックやガールポップ、ソウル、フレンチ、さらに80年代以降のギターポップなどをアップデートしたような洋楽的要素が濃厚。アニソンというワードでなんとなく想像してしまいそうな激しいロック調やエクストリームな楽曲が皆無なのは、花澤さんのやや線の細いウィスパーボイスに合わせてのことでしょう。ハッタリめいた派手さはないものの、ポップでテンダーにまとめられたサウンドからは、キャラソンではない〈花澤香菜というシンガー〉のパーソナルをそのまま具現化したような親しみやすさを感じます。

ポップマエストロたちが手を抜くことなく競い合うかのように良曲を提供しているので、楽曲のクオリティーもおしなべて高レベル。デビューアルバムなのにまるでベスト盤のような風格さえ漂いますが、全曲紹介というわけにもいかないので、ここでは2曲だけレコメンドしておきます。

ひとつは宮川弾の作詞作曲による“スタッカート”。明るくポジティブな詞曲がメインの本作において唯一の失恋ソングで、さほど目立ったフックもない地味といえば地味なバラードですが、これがとてもいい。花澤さんの歌声は清純さのなかに一抹の儚さを孕んでいるふうに感じるのだけど、決定的な悲しみの描写がなく淡い想いだけが宙に浮いたままのこの曲は、彼女のその仄かなセンチメントを見事に拾い上げているように思えるのです。

もう一曲は、3枚目の先行シングルでもある“happy endings”。

作編曲を手掛けた神前暁に関しては、前出した「化物語」を含む物語シリーズの楽曲(とくに“白金ディスコ”は絶品)や「THE IDOLM@STER」の主題歌“Ready”などの非凡なメロディーセンスによって、以前から気になる存在でした。この曲も、優雅なブラスセクションと流麗なストリングスに彩られたアレンジもさることながら、サビで開放されるメロディーの強烈な多幸感がとにかく胸躍らせるこみ上げチューン。そしてまたアニソンプロパーといってもいい神前氏の曲が、渋谷系アーティストたちのナンバーと並んで何の違和もなく収められていることも、このアルバムが明確なカラーで統一されていることの証左のようにも思えます。

花澤香菜は以降も優れたソロ・アルバムをリリースしていきますが、とくに〈ニューヨーク〉をコンセプトにした3枚目の『Blue Avenue』(2015年)は、エルボウ・ボーンズやスティーリー・ダンめいた楽曲や、ビリー・ジョエルインスパイアなまさかの一人多重ドゥーワップ“タップダンスの音が聴こえてきたら”など好ナンバー揃い。初々しい『claire』とは異なる大人っぽい彼女の一面が窺えるアルバムなので、併せて聴いて頂ければ幸いです。

花澤香菜 『Blue Avenue』 アニプレックス(2015)

 

以上、とりとめのない話にお付き合い頂きありがとうございました。次回はマニュエル・ゲッチングについて何かしら書いてみる予定です。

 


PROFILE: 北爪啓之
72年生まれ。99年にタワーレコード入社、2020年に退社するまで洋楽バイヤーとして、主にリイシューやはじっこの方のロックを担当。2016年、渋谷店内にオープンしたショップインショップ〈パイドパイパーハウス〉の立ち上げ時から運営スタッフとして従事。またbounce誌ではレビュー執筆のほか、〈ロック!年の差なんて〉〈っくおん!〉などの長期連載に携わった。現在は地元の群馬と東京を行ったり来たりしつつ、音楽ライターとして活動している。NHKラジオ第一「ふんわり」木曜日の構成スタッフ。好きな〈花澤香菜が演じたキャラ〉は黒猫。