イントキブログ

叩き上げのジャズピアニストを聴いたゾ! ヴィジェイ・アイヤー 6/17@コットンクラブ

6月17日のピアノソロから始まったヴィジェイ・アイヤーコットンクラブでのコンサートに行ってきました。18日から20日までのピアノトリオも楽しみですが、彼のポリリズミックな音楽/ジャズへのアプローチがソロではどのように表現されるのか楽しみでした。

セカンドセットの1,2曲目ですぐ、特徴のある左手のリズムと右手のラインが交差して作り出す彼固有の世界が出来上がって、ちょっと置いてかれた感じもしましたが、しかし、どっか聴き覚えのある癖のあるリズムのフィギュア、ハーモニーの感じにアンドリュー・ヒルを思い浮かべておりました。そしたら、1曲目はヒルの曲、2曲目はハービー・ニコルズの曲でした。あの左手が刻んでいたリズムはベース2人がかつて作り出していたヒルのカルテットのサウンドそのものだったんですね。

3曲目はオリジナルで、なかなか不思議な雰囲気のスケールと複合拍子が特徴的な曲でしたが、どこかフィリップ・グラス弦楽四重奏を思わせる、いい曲でした。

たしか4曲目に、いきなり大胆にリハーモナイズされた“Body & Soul”が演奏され、うーん、別にこの曲でなくてもいいのではというため息とともに、それにしても癖のある左手だなと感じつつ、曲は進行していき、最後はコルトレーンの“Giant Steps”をこれまた斬新な解釈、可能な限りのハーモニーのミニマイズを行い、スモールステップにまでおとしめる面白いアレンジ、にあっけにとられながら、本編終了!

アンコールは最新作の1曲目、20年前に書いた彼の作品、とてもロマンチックでした。

うん、いいね。クラシックの教育を受けた感じ、まったくない久しぶりの叩き上げジャズピアニストを聴いたゾ! こりゃーいい。

text : 高見一樹

写真提供/COTTON CLUB 撮影/佐藤拓央
【参考動画】ジィヴェイ・アイヤー・トリオ@COTTON CLUB JAPAN(2014.06.18)

 

The opening day with Jazz Pianist/theorist/composer, Vijay Iyer was SOLO PIANO, followed by 2 nights with his Trio.
I was looking forward to experiencing how his unique rhythmic ideas would be displayed by one piano.

Once he started playing the piano, I found myself taken into his music world. But music required me for a few minutes to have a clear picture of his performance. He has very distinguished left hand with jazzy lines played against the rhythm created by that left hand.

The style reminded me of Andrew Hill's quartet, with 2 bassists. and actually it was Hill’s song of that age. Next song was Herbie Nichols's song, which is seldom to be played in Japan. Those two songs were enough to capture who is Vijay Iyer.

The third song with exotic modal tone rows, and additive rhythm, was beautiful composition by him, which shares same atmosphere of Philippe Glass's string quartet #.5

I remember this song was followed by "Body & Soul" mutated by his radical harmonic interpretation. His idea of this song was gone too far, so people  might ask him why this song!? But truth is, I loved his idea. He picked up another standard from famous John Coltrane's compositions,"Giant Steps".

text : Kazuki Takami

【プロフィール】
intoxicate編集部

intoxicate編集部

タワーレコードのフリーマガジン、intoxicateのブログです。〈お茶の間カルチャーショック〉を謳ってはや10数年! タワーレコード発のポップ&シリアスな視点で音、映像、言葉が紡ぎだすアートを紹介します。 "Culture Shock in the living room" is our editorial attitude. The Intoxicate Magazine explores tangible and intangible universe of ART, in its audible, visible, written form with POP, and serious manners.

TOWER DOORS
pagetop