インタビュー

JOSE JAMES 『While You Were Sleeping』 Part.1

進取のアイデアと意欲とミュージシャンシップの集合が織り成した、ディープにしてスピリチュアルな歌世界。私たちが眠っている間に、この男はさらに進化していた!!

JOSE JAMES 『While You Were Sleeping』 Part.1

マイルスもコルトレーンも

 あなたはもう聴かれただろうか。オルタナティヴロックエレクトロニクスを大胆に採り入れて新たな音世界を示してみせた、ホセ・ジェイムズの衝撃的なニューアルバム『While You Were Sleeping』を。

「みんな驚いてるね。アルバムの前にリード曲の“EveryLittleThing”を聴いてショックを受けてた人もたくさんいた。〈すごくいい!〉って言ってくれる人と戸惑ってる人の両方がいるようだけど、それはいいことだと思うんだ。マイルス・デイヴィスジョン・コルトレーンも、そうやって音楽を進化させてきた。賛否両論があってあたりまえ。僕はクールなステップを踏めたと思ってるよ」。

JOSE JAMES While You Were Sleeping Blue Note/ユニバーサル(2014)

 今作ではリチャード・スペイヴン(ドラムス)、ソロモン・ドーシー(ベース)、クリス・バワーズ(キーボード)というお馴染みの腕利きメンバーに加え、「ソウルの感覚を持っていながら、ロックも弾ける才能深きミュージシャン」とホセが言うギタリストのブラッド・アレン・ウィリアムズが初参加。縦横無尽に曲空間を飛び回るブラッドのエレクトリック・ギターが〈新しいサウンド〉を決定づけている。だが、ギターの主張が多いからといって、これを〈ロック・アルバム〉のように言われるのはホセの本意じゃないようだ。

「エレクトリックにすることとロックっぽくすることは、僕にとって同義ではない。アイズレー・ブラザーズだってエレクトリック・ギターをふんだんに入れてるけど、あれをロックとは言わないよね。確かにインディー系ロックからの影響はあったけど、〈ロック・アルバムを作ろう〉と思ったわけではないんだ。ただロック全開のバンド・サウンドにすることも恐れてはいなかったけどね」。

 そして、こうも続ける。

「これまでよりもエネルギッシュな作品にしたかったっていうのはあったね。若々しい雰囲気を持たせて、コンテンポラリーな作品にしたいという意識があった。だからドラムのサウンドひとつ決めるにしても、バンド・メンバーみんなの意見を自由に飛び交わせたんだ。参加したメンバー全員が、〈自分がいなければこういうアルバムにはならなかった〉と思っているんじゃないかな(笑)」。

 そうしたサウンド自体の変化にまず気を取られるのは当然だが、ホセはそれより「これまでともっとも変わったところは、何よりソングライティングを重視したこと」だと言う。

「いい歌を作ることに集中した。というのも、グルーヴに重きの置かれている音楽がいまは多すぎるから。若い世代の作る音楽は特にそういうものが多いよね。グルーヴを重視するのはいいんだけど、歌詞とメロディーをみんなあまりにも軽視しすぎているんじゃないかな。ネオ・ソウルのムーヴメントが起きた頃は、例えば(エリカ・バドゥの)『Mama's Gun』のように歌詞も大事にしたものもいくつかあった。でも徐々にトレンドに巻かれていって、グルーヴ第一、クールなのが最高っていう方向にみんなが流れだしたんだ。モータウンの時代には意味のある曲がたくさんあった。ネオ・ソウル全盛の頃は素晴らしいプロダクションがたくさんあったけど、残る曲は思ったほど生まれなかった。僕はそう考えていて、だから素晴らしい曲、残る曲を書くことに意識が向かっていったんだ」。


みんなを巻き込んで広がっていく

 もとよりホセはシンガー・ソングライターであり、これまでの作品にもそうした資質の表れた曲がいくつかあった。が、「大半の曲をギターで作曲した」と言う今作ではとりわけそうした傾向の曲が多くなり、歌詞もディープでスピリチュアル。生と死、愛と孤独、真実と幻想、光と影のコントラストが曲に深みを持たせている。

「自分の人生そのものがディープになってきたってところがあってね。初めてツアーをした頃はただ純粋にワクワクしていた。が、やがて現実を知るようになるわけだ。それこそ現実と幻想、表と裏、光と影があることを知り、それについてよく考えるようになった。周りの人からすれば夢みたいな世界に見えるかもしれない。好きな音楽をやって世界中を旅しているんだからね。でも実際はダークな側面もあって、自分も周りの人もいろいろと変化していく。ドラッグにハマった友達がいたり、恋愛が続かなくなったり、いろいろとね。そういうなかで自分はどういうアーティストとして存在したいのかを深く考えるようになったんだ。で、そのひとつとして、自分の表現はスピリチュアルなものであり続けたいと思うようになった。音楽を始めた頃の純粋さやスピリットを保ちながら表現を続けていきたいと改めて思ったんだよ。それが歌詞に反映されたんじゃないかな」。

 とりわけスピリチュアルな色合いの濃く表れた曲が、NY在住の女性シンガー兼ギタリストであるベッカ・スティーヴンスを迎えて録音されたスロウの“While You Were Sleeping”と“Bodhisattva”、そして“Dragon”だ。“Dragon”は詞曲もベッカが手掛け、ホセと繊細かつ甘美なデュエットを聴かせている。

「ベッカはNYのニュー・スクールに通ってたときの同級生だったんだ。みんながスタンダードを勉強しているときに彼女はすでにオリジナル曲を作っていた。素晴らしいギタリストでソングライターであるうえに、ジャズのテクニカルな面でも優れていて、才能が際立っていたね。今回はピュアで雰囲気のある女性の声が欲しくて彼女に頼んだんだけど、思った以上に素晴らしい仕上がりになった。自分のアルバムに女性の声を入れるのが好きだし、すごく大事だと思っているんだ」。

 前作ではエミリー・キングをゲストに迎えていたホセだが、今作ではベッカの他にも、やはりニュー・スクール時代の友人である女性シンガー・ソングライター、タリア・ビリングとコラボレーション。さらに日本盤のみ収録のボーナストラック“明日の人”では椎名林檎とデュエットしている。男性性と女性性が溶け合い、いずれの曲も美しい化学反応が生まれていると言えるだろう。

「女性の声が入ることで、バランスの取れた作品になる気がするんだ。だからなるべく女性を迎えて作るようにしているんだよ」。

 7月には本作を携えての来日公演も。

「すでにアメリカで何か所かやったけど、このアルバムの曲はライヴでやることによってサウンドが広大になり、みんなを巻き込む感じで広がっていく。それこそが僕の意図していたところなんだ。一方的にメッセージを伝えたかったわけじゃなく、そこにいる全員が光と音に包まれる、そういうイメージを浮かべながらこのアルバムを作ったんだよ」。 

 

▼ホセ・ジェイムズの作品

左から、2008年作『The Dreamer』、2010年作『Blackmagic』(共にBrownswood)、ジェフ・ニーヴとの2010年作『For All We Know』(Impulse!)、2013年作『No Beginning No End』(Blue Note)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

▼関連作品

日本盤ボーナストラックに参加した椎名林檎のニュー・シングル“NIPPON”(ユニバーサル)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

TOWER DOORS
pagetop