PR
コラム

ホセ・ジェイムズ(José James)が来日、ビルボードライブでBIGYUKIや黒田卓也らとプレミアムなパフォーマンスを披露

Photo by Janette Beckman

ホセ・ジェイムズが2022年5月23日(月)にビルボードライブ横浜で、5月24日(火)にビルボードライブ東京で、5月26日(木)にビルボードライブ大阪で来日公演を開催する。

スモーキーかつメロウな歌声とジャズを拡張する独自のセンスでシーンの最前線に立ち、ジャズミュージックを更新しつづけているホセ・ジ ェイムズ。ここ日本でも、彼の歌声とその表現のファンは多い。

ホセ・ジェイムズは2008年、ヒップホップやネオソウルからの影響を表現した『The Dreamer』でデビューし、一躍注目を集めた。2018年に10周年盤のリリースや記念ライブが行われたことは、記憶に新しい。

2008年作『The Dreamer』収録曲“Love”

2010年の『Blackmagic』では、前作のイメージを大胆に裏切り、フライング・ロータスやムーディーマンらによる先鋭的なビートと生演奏のサウンドが楽曲ごとに入れ替わる構成で魅せた。同年には、ベルギーのピアニスト、ジェフ・ニーヴとのスタンダード集『For All We Know』も制作し、老舗インパルス!からリリース。その表現の幅広さでリスナーを驚かせた。

2010年作『Blackmagic』収録曲“Blackmagic”

2013年には名門ブルーノートとサインし、ロバート・グラスパーやクリス・デイヴら気鋭のプレイヤーが多数参加した『No Beginning No End』を発表、大きな話題を呼んだ。

2013年作『No Beginning No End』収録曲“Come To My Door”

その後は、ロックやエレクトロニカを織り交ぜた『While You Were Sleeping』(2014年)、ビリー・ホリデイに捧げたスタンダード集『Yesterday I Had The Blues: The Music Of Billie Holiday』(2015年)、トラップやダンスミュージックに接近した『Love In A Time Of Madness』(2017年)、ビル・ウィザーズへのトリビュート作『Lean On Me』(2018年)と傑作を連発し、先鋭的かつ実験的な音楽性とオンセンティックな表現との間を自由自在に行き来するスタイルを確立している。

2017年作『Love In A Time Of Madness』収録曲“Always There”

2018年にインディペンデントレーベル、レインボー・ブロンド(Rainbow Blonde)を立ち上げて以降の彼は、同レーベルを拠点に独自の活動を繰り広げている。2020年にはレインボー・ブロンドから『No Beginning No End』の続編『No Beginning No End 2』をリリースしたほか、パートナーのターリ(Taali)やベン・ウィリアムズ(Ben Williams)の作品も送り出している。

2018年作『No Beginning No End 2』収録曲“I Found A Love (feat. Taali)”

コロナ禍においてもホセは歩みを止めることなく、2021年には初のライブ盤『New York 2020』と初のクリスマスアルバム『Merry Christmas From José James』を発表。そんな2021年を経て今回、2年ぶりの来日を果たす。

2021年のライブアルバム『New York 2020』収録曲“Trouble”

ビルボードライブに再び登場するホセをサポートするのは、ターリ(ボーカル)、BIGYUKI(ピアノ/キーボード)、カイル・マイルス(ベース)、ジャリス・ヨークリー(ドラムス)、黒田卓也(トランペット)という彼の音楽仲間たちだ。強力なプレイヤーたちの助力を得て、ホセはきっとのびのびと力強くも優しい歌を聴かせてくれることだろう。主役のホセはもちろんのこと、新作『NEON CHAPTER』(2021年)をリリースしたばかりのBIGYUKIや、2020年に傑作『フライ・ムーン・ダイ・スーン』を放った黒田卓也のプレイも楽しみでならない。

さらに、前回の来日から2年ということで、作品ごとに自身のイメージを刷新しているホセの最新の表現がどうなっているのかは予測不可能だ。『New York 2020』を聴けば現在のホセのライブはイメージできるものの、BIGYUKIや黒田卓也らとの2022年のステージは、それとはまったく異なるものになるはず。

2022年のライブ動画

さまざまな点で期待が高まる今回の公演。絶対に見逃せないプレミアムなステージであることは請け合いだ。

 


LIVE INFORMATION

2022年5月23日(月)ビルボードライブ横浜
1stステージ
開場/開演:17:30/18:30
2ndステージ
開場/開演:20:30/21:30
サービスエリア/カジュアルエリア:9,000円/8,700円
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=13320&shop=4

2022年5月24日(火)ビルボードライブ東京
1stステージ
開場/開演:17:30/18:30
2ndステージ
開場/開演:20:30/21:30
サービスエリア/カジュアルエリア:9,000円/8,700円
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=13321&shop=1

2022年5月26日(木)ビルボードライブ大阪
1stステージ
開場/開演:17:30/18:30
2ndステージ
開場/開演:20:30/21:30
サービスエリア/カジュアルエリア:9,000円/8,700円
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=13322&shop=2

※本公演は新型コロナウイルス感染症対策用の座席レイアウトを使用し、公演を実施いたします
※本公演は映像収録が入る可能性がございます。お客様が映像に映りこむ場合もございますので、あらかじめご了承ください
※ご来場前に必ず〈新型コロナウイルス感染症対策について〉のページ内の〈お客様へご協力のお願い〉をご確認ください
ビルボードライブ横浜:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice_yokohama.html
ビルボードライブ東京:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice.html
ビルボードライブ大阪:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice_osaka.html

■メンバー
ホセ・ジェイムズ(ボーカル/ギター)
ターリ(ボーカル)
BIGYUKI(ピアノ/キーボード)
カイル・マイルス(ベース)
ジャリス・ヨークリー(ドラムス)
黒田卓也(トランペット)