インタビュー

ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 初アルバムが到着! 白井悠介、弥之助、ESME MORIが語るシブヤの新曲“Stella”とヒプマイの世界

機は熟した! 勢いの止まらない人気コンテンツの初アルバムがいよいよ到着。シブヤを取り巻く3人が、このヒップホップ・エンターテイメントの魅力を語る

 声優の演じる12人のキャラクターが〈イケブクロ〉〈ヨコハマ〉〈シブヤ〉〈シンジュク〉の4つのチーム(ディビジョン)に分かれてラップで競い合うコンテンツ〈ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-〉。2017年9月の始動から楽曲及びドラマ・トラックを中心に展開され、実際に日本のヒップホップ・シーンで活躍しているアーティスト/クリエイターらも作家として起用した楽曲と声優ならではのラップ表現、少年マンガ的なストーリーの融合によって、今や絶大な人気を獲得している。

 昨年にはユーザーの投票結果によってバトルの勝敗が決まるCD企画〈Battle Season〉が行われ、激戦の末にシンジュク・ディビジョンの麻天狼が優勝。その記念CDとなる『The Champion』では、麻天狼による表題曲をZeebraと気鋭トラックメイカーの理貴が手掛けて話題となった。そしてこのたび、待望のファースト・アルバム『Enter the Hypnosis Microphone』が完成。これまでのディビジョン曲及び初音源化となる12人全員=Division All Starsの楽曲、各ディビジョンのリーダーが過去に結成していたユニットであるThe Dirty Dawgのナンバー“T.D.D LEGEND”に加え、各ディビジョンの新曲と新たな全体曲を収録し、〈ヒプマイ〉のこれまでと今を一望できる作品となっている。

 今回はアルバム収録の新曲のうち、シブヤ・ディビジョンのFling Posseによる“Stella”の作詞/作曲を担当したAFRO PARKERの弥之助、作曲/編曲を手掛けたESME MORI、そしてFling Posseのリーダーである飴村乱数役の声優・白井悠介を迎え、“Stella”の話題を中心に〈ヒプマイ〉の魅力について語ってもらった。

ヒプノシスマイク - Division Rap Battle- Enter the Hypnosis Microphone EVIL LINE(2019)

TOWER DOORS