COLUMN

【特集:OPUS OF THE YEAR 2019】bounce編集部の選ぶ2019年の100枚・前編

OPUS OF THE YEAR 2019
[特集]2019年の100枚+

例年通りor例年以上に素敵な音楽が多方面から届いた2019年——そんな充実の年を象徴するグッドなアルバム作品を、順位ナシの100枚で振り返ってみましょう!

★bounceの選ぶ2019年の100枚・後編

 


JUST A TOUCH OF 100
bounceの選ぶ2019年の100枚・前編

星野源 POP VIRUS スピードスター(2018)

ソウルやR&Bとより真摯に向き合い、深淵でオリジナルなポップ・ミュージックに昇華した最新アルバム。2019年はスーパーオーガニズムらとのコラボ作も発表するなど、海外を視野に入れた活動も目を引いた。 *澤田

 

King Gnu Sympa ARIOLA JAPAN(2019)

メジャー・デビュー作を皮切りに、黒さと色気を湛えたバンド・サウンドで2019年の日本のロック界を席巻。中心人物・常田大希の別プロジェクトの動きや年末の〈紅白〉出演、年明けの新作と、トピックはまだまだ盛りだくさん。 *土田

 

七尾旅人 Stray Dogs felicity(2018)

デビュー20周年に届いた最新作は、身近な存在の不慮の死を踏まえて制作された重みとジェントルなポップネスが共存する作品に。繰り返し訪れる別れを受け入れ、祝福する自由なメロディーは、孤高の道を歩んできた彼だけのもの。 *土田

 

RADWIMPS ANTI ANTI GENERATION ユニバーサル(2018)

ONE OK ROCKのTakaやあいみょんらを迎え、全方位的なミクスチャー・ロックの現在形を提示。新海誠とふたたびタッグを組んだ劇場アニメ「天気の子」も大ヒットを記録し、若者世代への影響力を改めて証明した。 *金子

 

ROSALIA El Mal Querer Sony Argentina(2018)

定着して久しいラテン人気のなか、バルセロナ出身の彼女はフラメンコと現行ウルバーノを結び付ける別角度から艶っぽい熱を提示。レゲエもトラップも跨いだ本作以降のヒット群はさらに華々しく、次も期待できそうです。 *出嶌

 

t-Ace エロ神伝説 office ZERO/Pヴァイン(2018)

歌を地で行くキャラやポップセンスが愛され、2019年はお茶の間にも進出した〈エロ神クズお〉が前年末に投下した快作。半年後の『TSUBASA』も含め、昨今のご時世に逆行するかのような欲望全開の振る舞いも痛快だった。 *出嶌

 

21 SAVAGE I Am > I Was Slaughter Gang/Epic(2019)

破竹のQC軍団とはまた違うラインから聖地アトランタの神話を繋ぐ才能は、J・コールとのヒット“A Lot”も仕込んだ本作で初の全米1位を獲得。DJスネイクやバージとのコラボでも実力を見せた。スリー6マフィア再評価も何度目? *出嶌

 

BACKSTREET BOYS DNA K-BAHN/RCA/ソニー(2019)

バンドもラッパーも広義のアイドルとして機能する昨今……18年ぶりに全米1位に返り咲いたポップな快作。売れすぎて軽視されてた人たちが、数字狂いの時代に復権するのもおもしろい。2019年はウェストライフ復活もありました。 *出嶌

 

大飛躍した前作に続き、モダンな意匠を貪欲に取り込んで現行メタルコアを真っ当に追求した本作ではついに全英チャートの頂点に。ドラマティックな先行ヒット“Mantra”は日本でもCMソングとして浸透しましたね。 *轟

 

Eve おとぎ トイズファクトリー(2019)

ネット文化発の才能がメジャー・デビュー。気鋭のクリエイターによるアニメMVとの相乗効果で物語性を高めたロック作品を送り出しつつ、2019年はアニメ/ドラマの主題歌やアーティストへの楽曲提供も行い、絶え間なく前進。 *土田

 

TOWER DOORS
pagetop