2014.07.10

耳ざといリスナーの間で話題となっていたロンドンの新鋭による処女作がついに解禁。重心低めのビートが交錯する様を地上とするなら、それを覆い尽くさんと広がる幻想的なメロディーは雲、神々しい女声はまるでそこから差す光のような美しさ……。この甘美でダウナーな魅力は、現行地下音楽の洗礼によって埃を拭った更新版トリップホップとでも言いましょうか。ハウステクノインディーR&Bドラムンベースジュークなどを散りばめた万華鏡が、クイッと回るたびに重なっては切り離されていくような洒落たセンスが炸裂しております。持ち味の荘厳さを絶妙に映像化したPV(←必見)も強烈な“The Tempest”をはじめ、迂闊に気を許すと胸ぐらを捕まれて神話の世界へトリップしちゃうのでご注意をば。

関連アーティスト