2019.12.10

オルタナ時代にアメリカン・ロックを追求して絶大な成功を収めた4人組が、昨年のリユニオンを経て14年ぶりのアルバムを発表。その間にカントリー歌手として大成したダリアス・ラッカーが主導する形で、プロデューサーや作家陣もナッシュヴィル・コネクションに様変わりしたが、アーシーな演奏と大らかな歌の魅力は往時の姿から真っ当な成熟を遂げたものに思える。“Wild Fire Love”はエド・シーランとの共作。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop