TOWER DOORSブログ

浮(BUOY)にTOWER DOORSから6つの質問――温かく包み込む癒しの歌声を持つ、いま注目のSSW

浮(BUOY)にTOWER DOORSから6つの質問――温かく包み込む癒しの歌声を持つ、いま注目のSSW

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

もうそろそろ2019年も終わり、2020年の幕開けが近づいていますね。年末年始は故郷へ帰省したり、海外旅行へ行ったり、家でゆっくり過ごしたりと、心温まる場所や癒される街で羽を伸ばす方も多いと思います。

今回登場してもらうのは、そんな年末年始のゆったりとしたムードにぴったりな、温かく包み込むような歌声の持ち主です。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

なお、いままでメール・インタビュー〈6つの質問〉を行ったアーティストの楽曲は、下の再生リストにまとめてあります。ぜひご活用ください。

再生リスト〈Interview “6 Questions” Artist List〉

というわけで、今回は“街”という楽曲を提供してくれた浮(BUOY)に〈6つの質問〉をしました。

シンガー・ソングライターの米山ミサによるソロ・プロジェクト、浮(BUOY)。〈浮〉と書いて、〈ブイ〉と読むんだとか。彼女は、以前TOWER DOORSが紹介したラッパー、maco maretsセカンド・アルバム『KINŌ​』に、米山ミサ名義で参加しています。また、伊藤園の〈お~いお茶 新緑〉のウェブCMに“繋ぎ目”という楽曲が採用されるなど、いま注目を集めているアーティストです。

浮(BUOY)の魅力は、なんといっても独特かつ美しい歌声です。素朴なアコースティック・ギターの調べと、聴き手の心に寄り添い、包み込むような温かい歌声が共鳴する彼女の音楽。一度、彼女の歌声を聴いてしまえば、その透明感あふれる美声の虜になってしまうことでしょう。

そんな浮(BUOY)の実像を、〈6つの質問〉から明らかにしていきましょう。

 

1. 出身地と音楽活動を始めたきっかけ(バンドであれば結成のいきさつ)について教えてください。

「神奈川県茅ケ崎市出身、兄の影響でベースを始め、藤沢のライブハウスで、いろんなバンドマンと遊んでいるうちに、歌が楽しくなってきたので2年位前から一人で活動を始めました」

2. 現在の音楽性に影響を与えたと思うアーティストや楽曲は?

「原点はビートルズですが、今のスタイルに大きく影響しているのは、民謡や学生時代に歌った合唱曲、アーティストでいえば寺尾紗穂さんをとても尊敬しております」

3. 今回TOWER DOORSで紹介した曲はどんなふうに生まれた曲で、どんなことを表現していますか?

“街”

「大きな街の中を歩いているときにこの曲ができました。〈この街は揺れてる〉という歌詞が一番に思い浮かんだので、そのまま帰って曲を作りました。

この曲ではひとりで街中を歩いているときの気分を、客観的に見てみたいという気持ちで作りました。自分自身の振り返り用とも言えます」

4. 交流のあるアーティストでいま注目しているのは?

「今交流のある友達はみんな、素晴らしい音楽をやっている人達ですが、中でも私が音楽に没入するきっかけとなったのが、SABOTEN NEON HOUSEです。お互い初ライブの時に出会いました。彼らの素朴で確かな存在感のある音楽は素晴らしいです。

あと音楽と近いところで注目しているのは、俳句や短歌などの世界で活躍されている松井亜衣さんです。時々歌詞を作ってもらったりしている方なのですが、言葉の愉しさと美しさをたくさん教えてもらっています」

5. TOWER DOORSは新しい音楽との出会いを提供することをコンセプトとするメディアですが、あなたが最近出会った新しい音楽は?

「今年の初めに、初めてちゃんと沖縄の民謡を聞いて、その時の気持ちはまるで電撃が走ったようでした。土地の歴史が歌になり、現代まで歌い継がれ、誰かが歌えばみんなが音楽を奏で始めるという文化そのものが美しいと感じました。私の中で一番の新しい出会いです」

6. ライヴやリリースといった今後の活動や、やってみたいことなど、これからの展望について教えてください。

「今は石垣島で制作活動に入っているのですが、ファースト・アルバムを12月12日に発売しました。ライブは石垣島で少しずつ決まってきています。まだ詳細が出ていないので告知ができないのですが、インスタグラムなどで随時お知らせしていきます。1月一杯くらいまで沖縄にいるので、沢山ライブもできたらよいなと思っております」

 

先日、浮(BUOY)はCD限定のファースト・アルバム『三度見る』と、配信リリースのアルバム『部屋の中』を同時に発表しました。『部屋の中』は弾き語り作品で、彼女の歌声をじっくりと堪能できるアルバムとなっています。まるで浮(BUOY)が目の前で歌っているかのような同作からは、彼女の息遣いやその空気感が、直接感じられるはず。

一方の『三度見る』は、バンド・サウンドの〈浮とバンド盤〉と、いま注目のギタリスト/SSWの田中ヤコブがリアレンジした〈浮とヤコブ盤〉のCD 2枚組。詳細は以下に掲載していますので、ぜひ店頭や通販で手に入れて、聴いてください。

 


RELEASE INFORMATION

浮(BUOY)『三度見る』
リリース日:2019年12月12日
価格:2,200円(税別)

DISC 1 三度
1. 短いスカートにサンダルを履いて
2. 繋ぎ目
3. 丘に沈む
4. 街
5. 風はながれて

DISC 2 見る
1. 夢の中
2. 子犬の夢
3. 渚
4. 線路の上で

取り扱い店舗:東京・表参道 KIOSK, STOCKHOLM ROAST TOKYO/神奈川・横浜 素敵眼鏡MICHIO/埼玉・西所沢 セレクトCD ゲキ推しくん/群馬・高崎 September Records/山梨・甲斐 美容室TOMTOM/沖縄・石垣島 mangetsuya
★通販はこちら

https://www.fabienne.land/blank-3

LIVE INFORMATION
2020年1月25日(土) 沖縄・石垣島 すけあくろ
http://scarecrow-ishigaki.com/
2020年2月11日(火) 愛知・名古屋 金山ブラジルコーヒー
https://twitter.com/kanayamabrazil

【プロフィール】
TOWER DOORSスタッフ

TOWER DOORSスタッフ

HIGH QUALITY CURATION MEDIA〈TOWER DOORS〉スタッフ。タワーレコードが厳選した新人アーティストの楽曲が聴ける、ラジオ型YouTubeチャンネルを運営し、日々新しい音楽を紹介しています。

40周年 プレイリスト
pagetop