PR
COLUMN

BiSHが辿り着いた大阪城ホールの大舞台——「And yet BiSH moves.」の熱狂を紐解く

And yet BiSH moves.
大阪城ホールの熱狂とドラマが待望の映像作品化!

 年を重ねるごとにグングン上昇を続けているBiSHだけに、ちょっとやそっとのことで驚かされはしないが、結成から5年目を数えた2019年の活躍ぶりは、彼女たちを長年追いかけている人の目にもひときわ眩しく映ったはずだ。

 ツアーと先行EP配信を両軸に話題を大きくした久々のフル・アルバム『CARROTS and STiCKS』やシングル『KiND PEOPLE/リズム』のヒットはもちろん、人気番組「アメトーーク!」で〈BiSHドハマり芸人〉が放送されるなど、一般メディアへの露出も急増。そうやってマスへ進出する一方で〈お遍路〉などのユニークな企画に力を入れていたのも彼女たちらしかった。

 それ以外の音楽活動だけで見ても……アユニ・Dはソロ・プロジェクト=PEDROのフル・アルバム『THUMB SUCKER』で独自の世界を描き、ハシヤスメ・アツコは快曲“ア・ラ・モード”で賑々しくソロ・デビュー、アイナ・ジ・エンドはSUGIZO“光の涯”やジェニーハイ“不便な可愛げ”などの客演で成果を上げ、セントチヒロ・チッチは自身がキュレーションするイヴェント〈THAT is YOUTH!!!!FES〉を開催。BiSHとしても東京スカパラダイスオーケストラのトリビュート盤や香取慎吾“FUTURE WORLD”に参加している。

 これまで音楽シーン~アイドル・シーンにおけるオルタナティヴとしてカウンター的な異彩を放ってきた彼女たちではあるものの、これはもう純粋にトップ・アーティストの仲間入りを果たしたと言ってもいいだろう。そして、そんなBiSHの華々しい広がりをシンプルに担保してくれるのが、いつだって6人の繰り広げる情熱的なライヴ・パフォーマンスそのものであるのは言うまでもない。

 

特別な場所でのライヴ

 〈BiSHはライヴが良い〉という共通認識を裏付けるかのように、これまでも彼女たちは節目の単独公演などを映像作品として記録してきた。躍進のきっかけとなった2016年10月の日比谷野外大音楽堂における〈Less Than SEX TOUR FiNAL "帝王切開"〉をはじめ、幕張イベントホールで迎えた2017年7月の〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL "REVOLUTiONS"〉、初代BiS解散の地でもある横浜アリーナに辿り着いた2018年5月の〈BiSH "TO THE END"〉、同年12月の幕張メッセ9~11ホールで過去最高キャパの1万7000人を動員した〈BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"〉といった節目の大規模公演はそれぞれ単体でソフト化されているし、それ以外にもキャリアの折々を彩ったライヴの模様はアルバム/シングルに付属したBlu-ray/DVDで追体験することができる。彼女たちが雪だるま式に新たなリスナーを増やし、ファン歴の長さを問わず多くの受け手の熱量を高め続けている背景には、こうしてグループの歴史や物語にアクセスできる映像作品の充実ぶりも大きな要因としてあるはずだ。

BiSH And yet BiSH moves. avex trax(2020)

 そして、そんなライヴ・ディスコグラフィーの最新作としてこのたび登場したのが、昨日9月23日に大阪城ホールで開催された単独公演「And yet BiSH moves.」である。

 BiSHにとって初の首都圏以外でのアリーナ公演となったこの日のチケットは、一般発売と同時に立ち見席も含めて即完。その開催を記念して公開されたドキュメンタリー仕立てのMV“GRUNGE WORLD”でも語られていたように、大阪出身のアイナにとって大阪城ホールは長年の夢だったという会場でもある。そんな特別な場所でのライヴとあって、〈THE NUDE〉の映像演出も務めた山田健人(yahyel)が引き続きVJを担当し、5面のLEDモニターにレーザーや火柱などを用いたド派手な演出とパワフルなバンド・セットが1万2000人の観客を迎え入れるに相応しいスケールを生み出すこととなった。

 

最高を更新していく

 本編のオープニングを飾ったのは、インディー時代の『FAKE METAL JACKET』(2016年)に収められているエモーショナルな“BUDOKANかもしくはTAMANEGI”。渡辺淳之介にとっての永遠の夢のシンボルをモチーフにしたこの曲は、これまでも〈REVOLUTiONS〉ではアンコールの初め、〈THE NUDE〉では本編ラストといった大事な局面で歌われてきた重要曲だが、それを冒頭でいきなり披露する様子に深い意味を感じることもできるのではないだろうか。

 そこからは鉄板の“GiANT KiLLERS”~“MONSTERS”でブラストし、序盤から満場のオーディエンスを熱狂の坩堝へと導く。詳細は作品を実際に観ていただくとして……“MORE THAN LiKE”や“HiDE the BLUE”“I am me.”を畳み掛けるメロディックなパート、白装束から赤い衣装への早替えを見せる“SHARR”、2度目のハシヤスメ・チャレンジを含む恒例のコント、そこからの“DiSTANCE”、鬼気迫る“FREEZE DRY THE PASTS”など、『CARROTS and STiCKS』でも追求されたBiSHの多面性が怒濤のクライマックスを何度も作り出していく様子に圧倒されるはずだ。

 美しい代表曲“オーケストラ”“プロミスザスター”からの“beautifulさ”で本編を締め括り、アンコールではこの日がライヴ初披露となる“GRUNGE WORLD”をパフォーマンス。“BiSH-星が瞬く夜に-”後のダブル・アンコールでは、地元への想いや感謝、この先への決意を述べるアイナのMCがもちろん最大の観どころだろう。“ALL YOU NEED IS LOVE”を泥臭く高らかに歌い上げて、全24曲2時間超の熱いライヴは大団円を迎える。

 なお、Blu-rayと2枚組ライヴCD、フォトブックをセットにした豪華な初回限定盤ではメンバーの副音声が楽しめるほか、先述したMV“GRUNGE WORLD”のロング・ヴァージョンも必見。縁深い人物たちとの再会を通じてアイナのルーツを辿るドキュメンタリーの、ライヴ当日の模様も含めた〈完全版〉をたっぷり堪能することができる。

 ここでヒストリーに新たなストーリーを刻んだ彼女たちは……昨年10月からキャリア最長の24公演を行ってきたホールツアー〈NEW HATEFUL KiND TOUR〉のファイナルを1月23日のNHKホールで迎えたばかり。さまざまな夢を叶えて最高を更新するべく、2020年もBiSHはやってくれるに違いない。

関連盤を紹介。
左から、PEDROの2019年作『THUMB SUCKER』(ユニバーサル)、アイナ・ジ・エンドが客演したDISH//の2019年作『Junkfood Junction』(ソニー)、ジェニーハイの2019年作『ジェニーハイストーリー』(ワーナー)、山田健人が在籍するyahyelの2018年作『HUMAN』(BEAT)、“カナリヤ鳴く空”で参加したトリビュート盤『東京スカパラダイスオーケストラトリビュート集 楽園十三景』、共演ステージの映像を収めた東京スカパラダイスオーケストラの2019年作『ツギハギカラフル』(共にJUSTA/cutting edge)、香取慎吾の2020年作『20200101』(ワーナー)

 

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop