メランコリックかつエモーショナルな独自の音楽性で2010年代をリードしてきたウィークエンド。そんな狂騒のアフター・アワーズにはどんな音が渦巻いている?

時代を作ってきた男の顔

 昨年11月にリリースした“Heartless”が自身4曲目の全米No.1に輝き、同じ月に届いた“Blinding Lights”が自身にとって初めての全英1位ヒットとなったウィークエンド。それらの点と点を繋いだ先に現れるのは、もちろん通算4枚目となるフル・アルバム『After Hours』だ。ただ、気になるのはもちろんそのアートワークだろう。シングルやそのMVの時点で大きなアフロヘアとゴージャスなジャケットを纏ったヴィジュアルで従来のイメージを覆してはいたが、アルバムのジャケは自身の血まみれになった顔面を大写しするという衝撃的なもの。こうしたヴィジュアル・ショックは単なる冗談ではないはずで、作品の中身も気になってくるところだ。

THE WEEKND 『After Hours』 XO/Republic/ユニバーサル(2020)

 今回の新作は彼にとって2016年の『Starboy』以来となるオリジナル・アルバムであり、2020年代に入って最初のアルバムということになる。思い返せばドレイク“Crew Love”への参加に前後して『House Of Balloons』『Thursday』『Echoes Of Silence』というミックステープのトリロジーで話題を撒いたのが2011年のことだから、2010年代はまさしくエイベル・テスファイが自由自在に表現を繰り広げていった時代だったわけだ。そしてそれは、彼やドレイクの別格的な飛躍に伴ってカナダ~トロントのシーンが注目を集めた時代でもあるし、アンビエントでアトモスフェリックなベッドルーム系の空間様式がR&B~アーバン・ミュージックのモダンを塗り替えてきた時代と言うこともできるだろう。特に後者に関しては、メインストリームにおける〈ポップ〉の在り方そのものを変えてしまった感もある。控えめに言ったとしても、そんな時代の空気感が醸成されるにあたって、ウィークエンドやそのサウンド面のブレーンたるジェイソン“ダヒーラ”クエネヴィル、ドク・マッキニー、イランジェロ、ダニーボーイスタイルズらが大いに寄与したのは間違いない。

 ただ、当のウィークエンドが同じ場所に佇んでいたわけじゃないのは言わずもがな。2作目『Beauty Behind The Madness』(2015年)からはマックス・マーティンと組んだディスコ・ファンク“Can’t Feel My Face”が時流を捉えてキャリア最高のヒットとなったし、先述の『Starboy』からはダフト・パンクと組んだエレクトロ・ポップの表題曲、ディスコ調の“I Feel It Coming”が成果を上げるなど、さまざまに行きつ戻りつしながらも彼の音楽性は極めてカラフルなものとして捉えられてきたはずだ。一方、2018年の3月にサプライズ・リリースされて全米1位を獲得したEP『My Dear Melancholy,』には、スクリレックスやゲサフェルスタインとのコラボもありつつ、鬱蒼とした闇に沈み込んだような作風が揺り戻したようなヒット・チューン“Call Out My Name”も収められ、メランコリックかつ官能的な表情で初期の姿を連想させたのも記憶に新しい。なお、その2018年の暮れには幕張メッセにて初来日公演が実現。もともと2013年の〈サマーソニック〉で初来日が予定されていたことを思えば待望の一夜だったが、その間に彼がポップスターとしての貫禄を増したことを思えば好機だったのかもしれない。当日は米津玄師がスペシャル・ゲストとして登場したことも話題になった。

新しい週末へ

 近年のウィークエンドはサントラ『Black Panther』にてケンドリック・ラマーとのコラボ“Pray For Me”を披露したほか、ニッキー・ミナージュ“Thought I Knew You”やレイ・シュリマー“Bedtime Stories”、トラブル“Come Thru”、トラヴィス・スコット“Skeletons”といったコラボもマイペースに展開、自身主宰のXOから同郷のラッパーであるナヴやベリーを送り出すなどの動きを見せる一方、本人名義の曲はしばらく途絶えていた。それだけに今回のニュー・アルバムへの前ぶれは満を持してのものだろう。

 まず“Heartless”はメトロ・ブーミンらしいトラップ・ビートを備えたイランジェロとの共同制作によるナンバー。アダム&フライスナーの効果音/ドラム・ループ集から持ってきた“Pulsar City Alarm”(マントロニクス“King Of The Beats”でもお馴染み)を遠くにあしらっているのも印象的だ。続く“Blinding Lights”はマックス・マーティンとスウェーデンのオスカー・ホルター(シグリッド、チャーリーXCX、トロイ・シヴァン他)との共同プロデュース。ウィークエンドとはたびたび手合わせしてきたマーティンだが、これはホルターのセンスが出たと思しきニューウェイヴ風味の疾走感を湛えたシンセ・ポップとなっている(メルセデス・ベンツの電気自動車・EQCのグローバル・キャンペーン・ソングに起用され、ウィークエンド本人の出演しているCMも話題となった)。

 それに続き、今年に入って届いたのが珍しく6分超の大作となったパーソナルな風情の表題曲“After Hours”だ。こちらの共同プロデュースにはダヒーラとイランジェロ、そして90~00年代R&Bのヒット請負人だったマリオ・ワイナンズも意外な名前として名を連ねていて(繊細なメロディーメイクには彼らしさが感じられなくもない)、こちらはASMR的なノイズも織り込んで聴覚を直に刺激するようなアプローチで構築されている。現時点で公開されているこれらの楽曲から推測できるのは、10年経って原点回帰したアンビエント・サウンドのその先でリスナーにリーチしようとする姿。確実にいままでと違う全体像を立ち上げてくるであろう『After Hours』には新しい週末が用意されているはずだ。

 

ウィークエンドのオリジナル・アルバム。

 

ウィークエンドの作品。

『After Hours』と良い週末を迎えるための関連作品を紹介

『My Dear Melancholy,』中の2曲で制作に関与したフランスのクリエイター。ファレルらも客演した今作にはウィークエンドもお返しに“Lost In The Fire”でナイーヴな歌声を披露している。ダヒーラやパッション・ピットのネイト・ドンモイヤーも交えたシンセ・ポップが実に繊細。

 

日本ではあんまり知られていないドラマのサントラ仕事。エイサップ・ロッキー&ジョーイ・バッドアスのコラボなどが並ぶなか、ウィークエンドはSZAとトラヴィス・スコットとのトリオで劇的な“Power Is Power”を聴かせる。3人とも通常モードとは違う大仰なノリを聴かせていて良い。

 

“Blinding Lights”でウィークエンドと手合わせしたオスカー・ホルターはもともとネクロ・ファシリティというEBMユニットにいた人。チャーリーXCXの“1999”やトーヴ・ロー、シグリッド、マリーナらを手掛けていて、本作の表題曲や“Dance To This”は特に持ち味の煌めく出来に。

 

ウィークエンド主宰のXOに属するトロント出身で同世代ラッパーで、メトロ・ブーミンとの連名作も知られるナヴ。このソロ2作目ではミーク・ミルやガンナらUS勢を要所に配して初の全米1位を記録した。ウィークエンドを迎えたキャッチーな“Price On My Head”も収録!

 

デビュー時からウィークエンドの躍進を脇で支え、“Heartless”と“After Hours”で久しぶりに共同プロデューサーに帰還した盟友イランジェロ。個人でもライやフォール・アウト・ボーイらを手掛けてきたが、本作収録の“Imaginary Friend”はいかにも彼らしい幻想的なアップだ。