PR
INTERVIEW

イェジ(Yaeji)ってどんな人? 盟友YonYonが語る、韓国と世界を繋ぐDJの生き方

イェジ『WHAT WE DREW 우리가 그려왔던』

YonYon
 

韓国にルーツを持つNY在住のDJ/プロデューサー、イェジがXLレコーディングスと契約し、最新ミックステープ『WHAT WE DREW 우리가 그려왔던』を発表した。2017年に発表した2作のEP『Yaeji』『EP2』を契機にダンス・ミュージックの寵児となった彼女にとって、本作は初のフル・レングス作。韓国語と英語をフラットに横断するヴォーカル、呪文のようなメロディーとチルな空気感、ローファイなハウス・ビートといった持ち味はそのままに、韓国のインディー・ロックや90年代後半〜2000年代初期のヒップホップ/R&Bなど彼女のルーツを掘り下げながら、アルバム単位だからこその表情豊かな音世界を描いている。

それ以上に興味深いのは〈友人、家族、感謝と支え〉という本作のテーマ。『WHAT WE DREW(私たちが描いてきたもの)』というタイトルについて、「私が支えられたり、私が支えたり、そしてお互いを支え合うということ」とイェジは説明している。最近ではチャーリーXCXと共作したり、ロビンなどのリミックスを手掛けたりしてきた彼女だが、ずっと待たれていた〈次の一手〉となる本作では大物アーティストを外部から招くのではなく、結束の強い身近な友人たちを迎え入れ、豊かなコラボレーションを見せている。

そのなかの一人が、ソウル生まれ東京育ちのDJ/シンガー・ソングライターのYonYonだ。KIRINJIやSIRUP、向井太一などとのコラボでも知られる彼女は、後述するようにイェジとは長い付き合いで、お互いに信頼し合う仲だという。そこで今回は、イェジの素顔と最新作の聴きどころについて、彼女をよく知るYonYonから語ってもらうことに。韓国・NY・日本のトライアングルで育まれた友情は、どのように実りを結んでいったのだろうか。

中学校時代のイェジの印象

――YonYonさんとイェジさんは中学時代の同級生だったんですよね。どんな学校に通っていたんですか?

「日本にある韓国系の私立学校です。教育カリキュラムは本国にある一般的な学校と同じもので、在日韓国人や仕事や何かしらの事情で日本に住んでいる韓国人が通っています」

――ウェブ・マガジンの〈&M〉のインタビューで「中高一貫校で、韓国の超一流大学を目指す人たちが集まっていました。韓国では命を賭けて大学受験に挑む人たちがたくさんいるから、その人たちと競わなくてはいけなかった」と話していましたよね。

「ウチの学校が凄いというか、韓国はマジで教育がやばくて。授業が17時とかに終わるじゃないですか。そのあと夜の21時過ぎまで自主学習するんですよ。強制じゃないけど、みんないるから自分らもやる、みたいな。なので塾に行くか、バイトに行くか、自主学習するかの三択しかなくて、(当時は)あまり遊べなかったですね。イェジちゃんとは中学のときに同じクラスになって、お昼休みに一緒にお弁当を食べたりしていました」

――中学時代のイェジさんはどんな感じでした?

「昔のことだから記憶が定かではないけど……とにかく声がめっちゃ可愛かった。当時から天使のような声で、クラスメイト全員から可愛い、声がやばいって言われてましたね。本当にいい子だし優しいし。あと、その頃から絵を描くセンスがあった」

――なんとなく中学時代のイェジさんが目に浮かびます(笑)。そのあとは?

「彼女は2年くらいしかウチの学校にいなかったんですよ。もともとNY生まれで、ご両親の仕事の都合で日本に来たけど、そのあとは韓国にあるインターナショナル・スク―ルに転校して、そこからアメリカの大学(ピッツバーグのカーネギーメロン大学)に進んだという流れだったはずです」

――その間も連絡は取り合ったてたんですか?

「高校生の頃はお互い学校のことなどで精一杯だったし、そこまで連絡を取り合ってはいなかったですね。密接に連絡を取るようになったのは、お互いが大学に入ってから。彼女はアメリカの大学でアートやデザインの勉強をしていたけど、大学の地下にあるラジオ局(WRCT)のコミュニティーに入って、そこからDJや音楽活動に興味をもつようになったそうです。

それから、私がNYに初めて遊びに行ったときに、彼女がいるのを知っていたので自分から連絡を取った気がします。その頃には、イェジもトラックメイクをやり始めていて、家に白のYAMAHAのスピーカーとMIDIコンやキーボードがあったのを覚えています。彼女もよく日本に遊びに来てくれて、時間が合うときにはご飯に行ったりするようになりました」

イェジ
Photo by Dasom Han
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop