GANG PARADEの灰の中から生まれた新人グループがいよいよアルバムを完成! 大いなる分岐点から一歩踏み出して奮闘する5人と墓場でダンスしようぜ!

 この3月に分裂を発表したGANG PARA­DEから、〈遅れてきた新人〉としてスプリット盤『G/P』でお目見えした5人組のGO TO THE BEDS。もちろん新人とは言いつつも、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソンといったメンバーが、ここに至るまでGANG PARADEの躍進を牽引してきたスキルとキャリアの持ち主なのは言うまでもないでしょう。濃厚なGANG PARADEらしさを必然的に継承しながらも独自の道を模索して本格始動し、パワフルな初のアルバム『GO TO THE BEDS』を完成させた5人に話を訊きました。

GO TO THE BEDS 『GO TO THE BEDS』 FUELED BY MENTAIKO/ワーナー(2020)

 

行けばいいんじゃない?

――前の取材時点はまだ9人のグループがある状態でしたけども、実際に分裂して動き出すタイミングで自粛期間が重なってしまいましたね。

ユメノユア「はい。休みがあればあるで、けっこうしんどくて。身体が疲れてないから寝れないし、音楽に関わるいろんな方たちがそうだったと思うんですけど、何も動けないことに悶々としてました。最初の頃は考えすぎて、家の中で憂鬱になったり元気になったりを繰り返してたかもしれない(笑)」

――漠然とした世の中全般の不安と、グループの現状は重なって感じたりしましたか?

ココ・パーティン・ココ「ギャンパレのホールツアーも含めて、開催できるかわからない時期はやっぱり気持ちの浮き沈みがあったんですけど、決まっていたものが全部なくなって、受け入れざるを得なくなってからは少し楽になったというか」

キャン・GP・マイカ「確かに、その〈あるかもないかも〉時代は〈ああ、また……〉 って落ち込んで、ポジティヴになりにくい気持ちだったんですけど、いまはプラスに切り替えて。自分たちの活動の仕方にここまで向き合って見直せる機会もなかったし、作詞や振付けにじっくり取り組める時間もなかったので、いまは前向きに、いつ何があってもいいように備えているところです」

――まあ、以前と同じテンポ感で動けないのは当然ですからね。

ユイ・ガ・ドクソン「はい。不要不急なものが後回しになるのは仕方ないんですけど、自分も苦しい状況のなかで娯楽の大切さを凄く感じたし、やっぱり楽しみに思ってくれる人を大事にしたいなって改めて思いました。不安にさせて心苦しい部分もあったんですけど、それでも新曲やアルバムを待ってくれてる人を楽しくすることができたらいいなって気持ちです」

――そんななかでアルバム『GO TO THE BEDS』が完成しましたが、これはいつ頃から進めていたものでしょう?

ヤママチミキ「レコーディングは4月の半ばぐらいですね。3月末ぐらいに作詞を始めてて、分裂を発表する前の段階でアルバムの制作はもう始まってました」

――全体的にいろんな意味での重さを感じるアルバムです。

ココ「そういうテーマがあったわけじゃないんですけど、それぞれの人生経験だったりキャリアが乗っかってる部分はやっぱりあるし、自分たちの奥に眠ってる感情を出すのが凄く合うメンバーが揃ったので、そこから生まれたカラーなのかなって思います。あと、単純に曲調から導かれた部分もめっちゃあるし」

――はい。オープニングが渡辺(淳之介:WA­CK代表)さん作詞の“行かなくちゃ?”です。疾走感があるドラムンベースですが、WACK伝統のフレーズ〈行かなくちゃ〉に〈?〉が付いてることはどう捉えていますか。

ユア「〈行けばいいんじゃない?〉って突き放されてるところもあるし、それでも自分たちの内側から出る熱いものを期待してもらってる気もするし、真意はわかんないんですけど、きっと両方あるのかなと思ってます。うちらはそれに応えなきゃいけないなって」

ココ「私は〈行けばいいんじゃない?〉っていう歌詞自体はあんまポジティヴな意味では捉えてなくて。けど、この曲に関しては救いがありすぎないのが良いと思ってます。突き放されてても、うちらは諦めてないし、活動を用意してもらえてることに応えたい。奮い立たされるし、この歌詞を自戒として良い意味にしていきたいし、そういう意味で深く考えて大切にしてる一曲です」

――はい。2曲目は先行でMV公開されたリード曲“I don't say sentiment”です。ここから重たいロック系のサウンドが続きますね。

ユア「突き放す/突き放さないっていう話でいうと、この曲も渡辺さんが詞を書いてくれてて、こっちは〈弱音吐いてないでがんばれよ〉っていう愛情みたいなものも感じられるというか。“行かなくちゃ?”とセットだからいいよね」

ココ「うんうん。〈死んだらヤれないじゃん 忘れるな〉っていうフレーズが好きすぎる」

ドク「ちょっと皮肉な〈ためらい傷かわいいですね〉みたいに、わかりやすい言葉よりも気持ちにダイレクトにくる人間味が強くて好きですね」

ユア「〈ご臨終はまだまだ先だね〉って言ってもらってるし」

マイカ「でもMVは凄い地獄だった」

ドク「しかも監督さんが〈地獄で目覚めて、もがきながら地獄を抜けたと思ったら地獄がまた続く〉っていう話をしてくださって、それがめっちゃ私は残ってるんですよ。誰にでもある地獄の中で力になれる曲になるといいなって思いました」

自分たちの良さが出せる

――既発曲の“Don't go to the bed”が続いて、以降の曲は皆さん個々の歌詞が採用されていますね。

ドク「今回は全員あります。GO TO THE BEDS表記で作詞してる“GO TO THE BE­DS is my life”もベースはココの書いた歌詞なので」

ミキ「7、8割ぐらいはココが」

ユア「2AとBメロにユアとミキちゃんの書いた部分が入って、あとはほとんどココの」

ココ「そうだね。“GO TO THE BEDS is my life”は松隈(ケンタ:サウンド・プロデューサー)さんの仮歌が意味ない謎の造語みたいな感じで、サビに〈GO TO THE BEDS〉がハマったところから考えて。そこから過去のことを知ってる人も知らない人も全員巻き込んでいくぜ!みたいな気持ちを書きました」

――アルバムの中でいちばんガッと前に出ていく感じの曲です。

ユア「確かに攻めてるよね」

ココ「うん、私が書いた他の歌詞はめっちゃ暗かったんですけど(笑)、これは不安な気持ちより今後への期待が勝っていく時期に書いたから、活動がスタートすることへの期待とかパワーを込められましたね」

――続いてはユアさん作詞の“パッパラパー”ですが、これは何でしょう(笑)。

ユア「その感想が正しいです(笑)。他の曲は歌詞で何かを伝えようとするものが多いと思うんですけど、これはサビがもはや〈パッパラパー〉しか言ってないので、ライブが終わった後に〈何だったんだ、あの曲は〉 って残ると思うんですよ。その感じを大事にして、90~80年代の、革ジャン着て演ってるような懐かしいギター・ロックをイメージしてAメロとBメロは組み立てて。サビに関しては、マネージャーの辻山さんから〈もっとはっちゃけて同じ言葉繰り返してみたら?〉みたいな助言をいただいて、そこから自分の中で〈パッパラパー〉が出てきました(笑)」

マイカ「サビの音程っていうか、進行が〈こう行くかな?〉と思ったらちょっと下がって上がるみたいな、そのメロの感じがめっちゃ癖になるのと、あと歌い方も松隈さんにいろいろディレクションしてもらったので、みんなのいつもと違う歌い方とかもけっこう好き」

ココ「やっぱり抜け感がないと無理なんですよ、うちらは。アルバム一枚通してカッコイイ曲が揃ってて、この“パッパラパー”も曲調はめちゃくちゃカッコイイけど、やっぱユアちゃんの歌詞があることでカッコつけきれないというか、そういう自分たちの良さが出せるっていう意味で好きです」

――ただ、これは延々〈パッパラパー〉と歌いつつ、それ以外の部分にユアさんの昨今の社会への眼差しが入ってるというか。

ドク「社会訴えシリーズ」

マイカ「社会派(笑)」

ユア「まあ、もうちょっと自由に生きれたらいいなと思って書いてますね(笑)」

――それをより具体的にラップしてるのがもう1曲の“GROOVE”ですね。『LOVE PARADE』収録の“ALONE”から繋がってくる内容で。

ユア「そうですね。やっぱり〈変な世の中だな〉って思うことが凄く多くて。他人に冷めてるようで、変なところだけ他人に関心を持ってたりとか、SNSもメディアもそうだし、問題提起じゃないですけど〈それでいいのかな?〉って思うことが凄く増えてきたので、せっかくラップ調で言葉数も多くできるので具体的に書いてみました」

――これを作詞された後も、誹謗中傷や不倫の話題とかがまた続いていて。

ユア「そうですよね。当事者でもないのに他人がそこまで人を傷つけて、それが慢性化してるというか、ミスしちゃった人なら叩かれて当然みたいな雰囲気がめちゃくちゃ気持ち悪いなと思ってて。だから、こういう歌詞を見て〈何言ってんの、コイツ〉と思う人もいるかもしれないけど、違和感的なものを1人でも感じてくれたらいいのかなって思います」

――こういう曲もアルバムならではの良さかなって思います。で、続いてはドクソンさん作詞の“SCREWY DANCER”です。

ドク「これはデモを聴いた時に、何かガイコツが夜中に墓から出てきて踊ってる映像が頭に流れてきて、それに沿って書いたストーリーです。いままでも思ってたんですけど、私の歌詞はけっこう根暗なのかなって。いつもわりと救いがない歌だったりするんですけど、人生ってそういうもんじゃないですか? そこからは逃げれないから、 そのなかの救いとして聴いてもらいたいなという気持ちです」

ユア「ドクの歌詞っていつも答えを探してるイメージがある」

ドク「答えはない」

ユア「ないんだ」

――正しい答えが……。

ドク「見つからないという前提で書いてます。そうですね」

――もう1曲の“ROOM” があることによって、よりそう感じるところがあるんですけど。

ドク「これは松隈さんの仮歌にあったフレーズから絶対にあってほしいなっていう部分は引用して、そこに自分の言葉を加えてっていう作り方をしました。この曲は意味よりも特に音を大切にしたくて、何にも考えずに聴いて爽快感を感じてもらえるよう意識しました」

――これも息苦しさがあるというか。

ドク「そうですね、今回の2曲ともそうなんですけど。どんなにハッピーな人でも、 めちゃめちゃ明るく元気な人でも、それぞれ大なり小なり形が違う地獄があるんだなって最近思ってることで。そのなかでも生きなきゃいけないから、前向きになれるきっかけの歌になればいいなと思ってます」

気持ちが入ってきて

――そして、マイカさん作詞の“Where are you?”です。マイカさんの歌詞は“Close your ey­es”以来ですね。

マイカ「お気付きでしたか? 3年ぶりの作詞ということで、お待たせしました。これは、私の頭の中が恋愛で埋め尽くされてて(笑)、恋愛ドラマを観るのが大好きなので、ちょうど観てたNetflixの『愛の不時着』をベースに、〈叶わない恋〉〈離れ離れ〉みたいなところを書いてみました。でも、恋愛以外の身近で大切な人に置き換えてもいいなって思うし」

――切なくて良いです。エッジの立ったロックがバシバシ続くので、こういう広がりのあるエレクトロニックな曲がくるのもいいですね。

ココ「うん。好き好き」

――前の“Close your eyes”の時はけっこう書き直してもらったみたいなお話をされたましたね。

マイカ「そうなんです。やっぱ言葉の引き出しが人よりないみたいで(笑)、辻山さんに何度も送ってやりとりしたんですけど、何度も違う言い方を考えたり、言い回しとかワードを変えたりしながら深みがあるような言葉を調べて自分でまとめました」

ドク「おお!」

ミキ「でも、何かマイカっぽいなって思った。前の“Close your eyes”に曲調もちょっと似てるし、内容的にもこの5人の中で誰が書くかといったら絶対マイカだなって思ったし(笑)」

マイカ「え~?」

ドク「でも、マイカから〈世界線〉ってフレーズが出てきたことに感動します」

――バカにしすぎでは(笑)。

ドク「そういうのも含めて、〈光の先で分かり合える 世界線〉のフレーズが好き」

ココ「私もめっちゃ好きだよ、そこ」

――そして残るはミキさんの2曲ですね。まず“MISSING”です。

ミキ「えっと、これはもう目の前からいなくなっちゃった人のことを具体的に、聴いてくれた人がイメージしやすいように書いた歌詞で」

――はい。StoryWriterさんのインタヴューでご事情は知りました。

ミキ「はい。3月末に父親が亡くなって、ちょうど歌詞を書く時期と重なってたので、お通夜と告別式の間の夜に斎場で書きました。いままで私が一方的に嫌ってた部分もあって全然関わってこなかったし、同じ家に住んでたけど、よく考えたら父親のこと何も知らなくて。で、まあ、記憶してないだけで小さい頃は遊んでもらったりとかもあっただろうし、伝えられないことばっかだったなってことをバ~ッと振り返った時に出てきた歌詞です。そんな感じです(笑)」

ドク「いちばん素直なミキちゃんの気持ちに近い感じがする」

ミキ「そうかもしれない」

ココ「いちばん好きな曲なんです。うちらはミキちゃんが何のこと書いてるかすぐわかったけど、内容の背景はどうあれ、気持ちがスッと入ってきて。そういう別れって遅かれ早かれ誰でも経験していくと思うし、背景を抜きにしても、いろんなことと重ね合わせられるから、めっちゃいい曲だなって思って。いちばん好きです、私は」

ミキ「アハハ、ありがたい」

――そしてラストの“VILLAIN”がまた名曲で、ミキさんの歌い出しから印象的なんですけど。これ、作詞した曲は歌い出し担当、って決まってるわけではないですよね。

ユア「ではないです。ただ、松隈さんは〈曲や詞の意図がいちばん伝わるように歌割を考えてる〉って前に仰ってたので、意図的にそうなってる曲はけっこうあるかも」

ミキ「確かに。今回は2曲とも生と死をテーマにしていて、こっちはどっちかって言うと抽象的な感じで、死んでいく人が生きることにすがってるのをイメージして書いた歌詞です」

――“VILLAIN”という曲名はどこから?

ミキ「生きることに執着しながら死ぬ姿が〈悪役っぽいね〉って辻山さんが言ってくださって、私の好きなディズニーだと悪役を〈ヴィランズ〉って呼ぶので、そこから決まりました」

ココ「そういう話もいいな~。“VILLAIN” もめっちゃ好きなんですよ。〈人生はやり直しがきかない酷なゲーム〉って」

ミキ「そこのフレーズずっと歌ってるな(笑)」

ユア「ココ、自分の歌割じゃないのにお気に入りなんだよね」

――ドロップもいいんですけど、いちばん最後の〈色褪せる面影に後ろから刺されるの とても痛いでしょ〉がいいですよね。

ココ「そう、最後の重なるところ、めっちゃ良いですよね? 5人の歌を重ねて重ねて重ねて盛り上がっていく、こういうのが好き。全員の歌がいいし」

ドク「走馬燈みたいな」

ココ「〈おやすみなさい〉で終わるしね」

ユア「これがラストなのも良いよね」

――最後に死んだと思っても、ループしてまた〈行けばいいんじゃない?〉って。

ココ「そう思うと確かに凄いな」

まだ滾るものがある

――あと、もう1曲“EGOIST”はテラシマユウカ(PARADISES)さんの作詞ですが。

ユア「ユユが作詞コンペに参加して、良い歌詞だったから普通に採用されて」

ミキ「やっぱココとユユとドクってギャンパレ加入前から一緒にやってきて、そのなかで一人だけグループが分かれたことの葛藤は凄くあったと思うんですよ。その気持ちを私たちの曲で書くことによって意味が出てくるというか、PARADISESでの歌詞とはまったく違ってきて、そこは凄く良いなと思って、曲とも相まってユユの言葉選びの凄さを私はめちゃくちゃ感じました」

――PARADISESにはない緊迫した曲調ですしね。〈隣の芝青く見えた〉とかも。

ココ「私たちが歌うのって、相手が思ってることでもあるし、逆にうちらが思ってることでもあるし。ユユとはよく話すんですけど、比較して相手が良く見えたりすることって誰にでもあることだし、互いに悩み合ってるんだなと思いました。別のグループだけど同じ日にアルバム出したり、関係性がなくなったわけではないし、そういう部分がいちばん表れてる曲ですね」

――その流れで伺いますが、PARA­DISESのアルバムは聴いてどうでしたか?

ココ「私は自分が好きだった王道のアイドルのことを思い出しました。分裂した結果ではありますけど、一人一人にフォーカスが当たって、メンバー個人のディープな感情とか気持ちが発信できてるのは、めちゃくちゃ良いなと思いました」

ドク「イメージが正反対なんで、自分に欠けてる、純粋なものの良さを感じられます」

ココ「わかる。やっぱ中高生の頃を思い出すっていうか、潤いました(笑)」

――『PARADISES』が〈潤うアルバム〉だとしたら、『GO TO THE BEDS』はどういう作品?

ココ「滾ってますね。最初の『G/P』が出て、このアルバムが出て、方向性がはっきり示されて、この一枚から刺激や自信をもらえたのが大きいです。まだ滾るものが私たちの中にあるんだなって、聴いてるとそれを思い返せるというか」

マイカ「ギャンパレ時代からメインで歌ってたメンバーが多いけど、一人一人の歌うフレーズがより長かったり、歌い方もまた違う部分を出せたりして、個人個人の良さがさらに見せれてるのもいいなって思って。自分でも珍しくたくさん聴いてます」

――珍しいんですか。

マイカ 「はい。自分の曲ってあんまり聴かないんです。ちょっと恥ずかしいっていうか(笑)。でも今回はいっぱい聴いてて、そういう自分も好きになってるっていうか、曲聴いて毎日グループ愛がどんどん深まってます」

――いいですね。振付けも引き続きマイカさん主導で進められているんですか。

マイカ「いまMV出てる曲とかはみんなでスタジオ入って、おもしろい意見を組み合わせて作ったもので。でも最近は私が土台をガッツリ作らせてもらってて、それをみんなに教えながら、イメージが違うところとかをみんなで言い合って修正しながら完成させていく形にしました」

――やり方を変えたんですね。

マイカ「みんなの案をもらって作るやり方も個人的には好きなんですよ。でも、人それぞれの少しずつ違う解釈を全部入れると、どうしてもふんわりした世界観になっちゃうのが課題で。もっと深くその曲のことを考えて、もっと曲と振付けが合わさって、より良いパフォーマンスになるように突き詰めて、っていう意味で、いまはそのスタイルにしてます」

――それこそ前回の取材の時に、“Don't go to the bed”の振付けで〈イリュージョン〉があるというお話でしたけど。

ミキ「そうだ。言ってましたね(笑)」

マイカ「イリュージョンは結局なくなったんですよ。3月の段階で振りが出来てたんですけど、いろいろ話し合った結果もっと良い振りを作ることにして、深夜にみんなで泊まり込みして、一晩でガッと作り変えました」

ドク「〈ピーポー・イリュージョン〉は幻になったけど、〈はい、ゾンビ〉が出来ました」

ミキ「新しいやつ(笑)」

ユア「うちらが練習の時に言ってるだけですけどね(笑)」

マイカ「〈はい、ゾンビ〉って、めっちゃテンション上がるじゃん(笑)」

――あとは本当にそれをいつ披露できるかですね。

ココ「そうなんですよね。とはいえ、絶対スタートを切る瞬間はどこかにあると信じてやってきたんで」

ユア「いつかはわからないけど、ライブは久々だし、GTTBにとっては初ライブだからね」

マイカ「うん。でも私たちはこのような状態でも止まらずにやってるし、遠くのほうから会える日が近付いていて、振動がブルブルきているので」

ミキ「振動がブルブル、ヤバいな(笑)」

マイカ「その時にビックリさせるような姿を観せれるよう私たちも準備してます。みんなも家にいすぎて太ったりしないように、待っていてください」

――余計なことを(笑)。

ユア「一緒に音楽を楽しむことができる日まで、私たちも日々がんばって楽しみを作り出せるようにしていくので、楽しみに待っていてほしいなと思いますね。まだ直接は会えないかもしれないけど、カッコいいアルバムが出来たので、どんなライブになるのかを楽しみに想像して聴きながら待っていていただけたらな~と思います。いつか必ず会いましょう」