TOWER DOORSブログ

Faded old cityにTOWER DOORSから6つの質問 ドラマティックかつダンサブルなエレクトロ・ポップで注目の新進バンド

Faded old cityにTOWER DOORSから6つの質問 ドラマティックかつダンサブルなエレクトロ・ポップで注目の新進バンド

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力に迫るメール・インタビュー企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回登場してもらうのはFaded old cityです。TOWER DOORSのYouTubeチャンネルでは、彼らの“404 Notfound”を紹介しています。

Faded old cityは2013年に奈良で結成されたバンドです。現在はYou(ヴォーカル/ギター/サンプラー)とYasu(ギター/シンセサイザー/サンプラー/コーラス)、Romeo(ベース /コーラス)、Leo(シンセ/サンプラー/コーラス)の4人組で活動しています。

2017年にはUK.PROJECTが行ったオーディション〈Evolution! Generation! Situation! Vol.2 supported by Eggs〉でファイナリストに残るなど、さまざまな実績を残している彼ら。以前、TOWER DOORSは“a picture”という楽曲を紹介しています。

Faded old cityの特徴は、UKインディー・ロック風のバンド・サウンドとダンサンブルでトロピカルなエレクトロニック・サウンドを掛け合わせた音楽性。PeaceやSwim Deep、あるいはFriendly FiresやBastilleなどを想起させます。

また、ミニマルなサウンドから躍動感あふれるレイヴィーでダンス・ポップ調のライブ映えするメロディーが立ち現れるドラマティックな展開は、Faded old cityの持ち味です。さらに、彼らはアートワークやミュージック・ビデオなどをすべてセルフ・プロデュースで制作しており、音楽に留まらない多才ぶりも窺えます。BBHFやyahyelなどを好きなリスナーの方にぜひおすすめしたいバンドです。

そんなFaded old cityに〈6つの質問〉を投げかけてみました。

TOWER DOORS