PR
コラム

ボン・ジョヴィ『Bon Jovi 2020』激動のアメリカを〈歴史の証人〉として記録した待望の新作を紐解く

©CLAY PATRICK McBRIDE

さまざまな出来事とさまざまな思いに覆われた2020年を、あなたはどんな年として記憶していくことになるのでしょうか? そう、例えばボン・ジョヴィにとっては……

歴史の証人として突き動かされた

 2020年代という、新たなディケイドの幕開けとなった年。ボン・ジョヴィの届けるニュー・アルバムのタイトルはズバリ『Bon Jovi 2020』。明確なヴィジョンを伴って時代に向き合う彼らは、まぎれもないボン・ジョヴィ節の熱いナンバーをアップデートしながら、現在の世界を形成するさまざまな出来事を曲中に刻み付けている。

BON JOVI 『Bon Jovi 2020』 Island/ユニバーサル(2020)

 もはや彼らを従来的なアリーナ・ロックの範疇だけで捉えている人もいないだろうし、いわゆる〈ボーイ/ガール・ソング〉だけを望みはしないはずだ。リーマンショック以降の不景気を描きつつ、支持するオバマ政権の誕生に希望を託した『The Circle』(09年)はシリアスな眼差しと共にバンドの表現が転機を迎えた一作だったが、それ以降のボン・ジョヴィはより明確なメッセージを発信する存在になった。そうでなくても〈2020〉という数字が今回のアメリカ大統領選挙を強く意識しているのは言うまでもないだろう。サングラスをかけたジョン・ボン・ジョヴィが裁判所の前に立つジャケは、テキサス州で聴衆に向かって演説を行う前、じっくり考え込んでいるケネディ大統領のイメージから着想を得たそうだ。ジョンはこう説明する。

 「これは政治的なアルバムじゃない。でも、2020年は自分の記憶にあるどの年とも違う。歴史の証人としてこれらの曲を書かねばと突き動かされたんだ。アーティストが授かった最大の才能とは、心を動かすさまざまな問題について声を上げて語れる能力のことだと信じている」。

 レコーディングは全米No.1を記録した前作『This House Is Not For Sale』(2016年)にまで至るここ数作の布陣を基本的に踏襲し、ジョンと共同プロデュースを担うのは『Have A Nice Day』(05年)以来の長い付き合いになっている盟友ジョン・シャンクスだ。長年のメンバーであるデヴィッド・ブライアン(キーボード)とティコ・トーレス(ドラムス)、前作から正式加入したヒュー・マクドナルド(ベース)とフィル・X(ギター)はもちろん、ツアー・メンバーのエヴェレット・ブラッドリー(パーカッション)も参加。ソングライターには『Crush』(00年)以降の全作に関わるビリー・ファルコンも名を連ねるが、多くの曲をジョンが単独で書いている点からも、今回はポップソングとしてのコマーシャルな佇まいより個人的なメッセージを優先したであろうことが窺える。

関連アーティスト
TOWER DOORS