INTERVIEW

【PEOPLE TREE】シーナ&ロケッツ 『ROKKET RIDE』 Part.1

70年代80年代90年代2000年代――デビューから35年、彼らを〈重鎮〉〈レジェンド〉などと呼ぶのはもってのほかだ。息つく間もなくロックの熱い鼓動を響かせてきたシナロケは、いつだって最前線にいるのさ!

 

 

 「ロックは生きとる、ということをときどき言うんです。ロックには心臓が入っとるんです。ブギファンクのリズムであっても、ドクドクドクというビートが打っとる。俺たちは床の間に置いて鑑賞するような置物を作りよるわけやない。35年前に作った曲はちゃんと歳とっとって、ドクドク心臓を動かしながら今日まで生きとるわけです。僕らは人に言われて嫌々作った曲なんてひとつもないけん。どれも魂込めてやっとるし、長く生き抜いてほしい、と思っとるから」。

 吠えるようにそう話す鮎川誠(ギター/ヴォーカル)は、シーナ&ロケッツが誕生した35年前から変わらず、いやそれよりずっと前から〈ロック語〉という宇宙語に近い言語を駆使しつつ、〈Keep A-Rockin'〉の精神を表現し続けている。そんな彼が率いるシーナ&ロケッツの18作目『ROKKET RIDE』もまた、やたらと吠えている。6年ぶりとなるこのオリジナル・アルバムは、バリバリと空気を引き裂くようなワイルドなロック特集となった。

「そう仕上がったせい? 僕らが〈せーの〉で録った演奏だからじゃないか。プレイバックしながら、俺らみんな大した奴らだと思ったね。2月にローリング・ストーンズライヴを観て、もうボヤボヤしておられん、となって。それがお尻への点火第1弾やったね。そして3月には、昔から何も変わらんとやってることのすごさをウィルコ・ジョンソンのライヴから教わって。その直後の4月7、8日とレコーディング・スケジュールが組まれとってね。ウィルコがロジャー・ダルトリーと作った素晴らしいアルバム『Going Back Home』をスタジオに入ってまず大音量でかけたんやけど、迷いや揺るぎがまったくなく、ストレートで力強い音が俺たちを襲ってきた。よし、この線で行こうぜ、と決まった。曲はやり終えたときが出来上がったときだと」。

【参考動画】ウィルコ・ジョンソン&ロジャー・ダルトリーの2014年作『Going Back Home』
収録曲“Going Back Home”

 

ロックに対する忠誠心を見てほしい

  本作でのロックンロール・マジックの効き具合がちょっとすごくなっている理由のひとつに、オリジナル・メンバーの奈良敏博が帰ってきたことがある(2011年に復帰)。エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズを迎え撃った4人(78年11月の初来日公演でロケッツは前座を担当、強力な演奏で会場を圧倒した)がふたたび顔を揃えて心地良いグルーヴを追求しているのだ。〈せーの〉でやる喜びをじっくり噛みしめるように。

「僕らがまずやったのは、歌詞を共有し合うこと。“ロックンロールの夜”ならば、阿久悠さんの手書きの歌詞をコピーしてみんなの前に置き、それを見ながら演奏した。そうすると、譜面よりもよっぽど演奏のガイドになってくれる。歌詞を追いかけながら悪戦苦闘しつつ、終わりのフレーズまでしっかりやり抜く。そうやって生まれた終わり方が全部好きで、今回は全12曲フェイドアウトがひとつもない。その結果、すべての曲にバンドのアティテュードというか、生き様が全部入っとるもんね」。

 音からジリジリ、イライラ、ヒリヒリといった感情を表わす擬音が随所から立ち昇ってくるのが発見できる『ROKKET RIDE』。そいつと、ザラザラしていてノイジーな鮎川のギターやシーナパンキッシュな歌声などがイイ具合に混じり合い、全編激しく燃え盛っている。

シーナ&ロケッツ ROKKET RIDE スピードスター(2014)

 「自分で言うのもおこがましいけど、〈重鎮〉やら〈レジェンド〉なんて呼び名が付けられたりもする。でもバンドというのはいつだって最前線におりたいものなんよ。滑り落ちんようしがみつきながら、音で勝負し合う世界に留まり続けたい。僕らのロックに対する忠誠心をみんなに見てほしい。ずっとそれしかやってきとらんし、やれるのはこれしかない。特に、〈昔ヒット曲があったらしいね〉みたいに思っとる若い人に音を届けたい。パンクが出てきたとき、ストーンズやフーなんかケチョンケチョンに言われたけど、『Some Girls』でミックがスピード・ロックやるぜ!って張り切ってみせた姿とか見てきたからね。そういう偉大な先輩たちと同じように、〈かっこいいやろこのサウンド!〉ちアピールしたい」。

 ドキドキさせられるような言葉、心臓を激しく叩いてくれる言葉を次々投げかけてくる誠さん。愛情こもったビンタのようなこの音楽を若いリスナーはどう受け止めるのだろう。なかでもオススメしたいのは、阿久悠の未発表詞にメロディーを付けた“ロックンロールの夜”。これはシナロケ・ロック・スクールの校歌にしてほしい名曲だ。

「これは阿久悠さんの愛情やと思うね。バカモン!って叱って若者らを導こうとする優しくておせっかいで愛すべきおっちゃんの歌。でも、僕らはこの詞をもらったばかりのとき、うまく曲を作れなくてね。たぶんシーナはうまく歌いきらんかなって。そもそも、こういうことをおっちゃんから言われるのが好きじゃないから(笑)。せからしい、いらん世話じゃっちって。でも阿久悠さんが亡くなってもう7年になるけど、現状を見ながら書いたように思えるのは、彼の歌詞が持つ普遍性であり、その普遍性こそロックのいちばんの特質やと思う。いつの時代も正義感は大切やし、同じく好きな女の子と楽しい時間を持ちたいって気持ちも変わらないものやし」。

 


欲深さが大きくなってきたかな(笑)

 ロックというのは固い意志のことを言う──改めてそう認識させてくれる彼のロックンロール講義。年々大きくなっている思いがあれば教えてほしい、と訊いてみた。

「俺たちが新譜を作ったことをとにかく伝えたい。演奏できんときは〈ラモーンズとは違う俺たちの“電撃バップ”を作ったぜ!〉とか、題名をしゃべりまくって覚えてもらったり。欲深さが大きくなってきたかな(笑)。ホントいうと、ロックって奥ゆかしさが大事でね、あんま〈新譜出来たんでよろしく~〉とか言うてしまうと、興醒めしちゃう。でもね、どんな時代でも鋭いセンスを持った奴はたくさんおって、そいつらに俺らの音楽を届けて日本中をロックでガンッ!と底上げさせられたらどんなに楽しいやろ?と思うの。人畜無害な音楽も良かろうさ。そやけど、ヒリヒリするとかジリジリするとか、聴いたらどうしても友達に伝えたくなっていてもたってもいられなくなるとか、そういう音楽は大事やと思う。だからまずは知ってもらいたい。そのために大声でしゃべることなんてお安い御用」。

 とことん正直なロックを鳴らすためにサヴァイヴを続けるシーナ&ロケッツの姿勢が鮮明に浮かび上がってくる『ROKKET RIDE』。それが無条件にカッコ良いんだから、もうたまらない。20年ぶりとなる日比谷野外大音楽堂でのワンマン・ライヴについて熱っぽく話す彼を見ていると、バンド結成35周年の感慨に耽っている暇などなさそうだ、と思う。


「うん。すっかり味を占めとるから、ロックはやめられんね」。

 

▼文中に登場したアーティストの作品

左から、ローリング・ストーンズのベスト・アルバム『GRRR!』(Abcko)、ウィルコ・ジョンソンとロジャー・ダルトリーの共演による2014年作『Going Back Home』(Chess)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

TOWER DOORS
pagetop