TOWER DOORSブログ

スウにTOWER DOORSから6つの質問 温かく包み込む歌と詞で〈⽇々に融ける⾳楽を〉奏でる次世代SSW

スウにTOWER DOORSから6つの質問 温かく包み込む歌と詞で〈⽇々に融ける⾳楽を〉奏でる次世代SSW

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力に迫るメール・インタビュー企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回登場するアーティストは、スウです。TOWER DOORSは彼の楽曲“忘れる日”を紹介しています。

シンガー・ソングライターのスウは、〈⽇々に融ける⾳楽を〉という言葉を掲げて、何気ない瞬間を切り取るような、飾らない⾳楽を制作しています。

2018年より楽曲制作やライブ活動をスタートしたスウ。2019年から現在の〈スウ〉という名で弾き語り動画をSNSにアップロードするなど、活動の幅を広げていきました。2020年には、3曲入りのファースト・シングル『いつもの話』をリリース。

スウの音楽は、まさに日常に寄り添う響きと、聴き手を温かく包み込むような詞が魅力です。アコースティック・ギターの爪弾きや優しいタッチのピアノが奏でる旋律とスウの歌声がゆっくりと絡み合い融和していくさまは、とても優美。優しく語りかけるような彼の音楽を聴いていると、普段は見落としてしまうありきたりなことや些細なことのかけがえのなさに、改めて気づかされます。

それでは、スウの魅力に〈6つの質問〉から触れていきましょう。

関連アーティスト
TOWER DOORS