チリー・ゴンザレスがクリスマス・アルバム『A Very Chilly Christmas』をリリースした。フル・アルバムとしてのクリスマス作品はキャリア初で、ひそかに待望されていたものだった。

彼らしい静謐なソロ・ピアノを軸とした内容だが、選曲は“Silent Night(きよしこの夜)”や“O Tannenbaum(もみの木)”などのクリスマス・スタンダードに、ワム!の“Last Christmas”やマライア・キャリーの“All I Want For Christmas Is You”という大ヒット曲までも加えヴァラエティーに富んでいる。ゲスト・ヴォーカルとしてファイスト、ジャーヴィス・コッカーらも客演し、ドラマチックな彩りを添えている。とりわけ、昨年逝去したデヴィッド・バーマン(元シルヴァー・ジューズ)がパープル・マウンテンズとして遺した“Snow Is Falling In Manhattan”のカヴァーは、2020年に深刻なコロナ禍で傷ついたマンハッタンの街に捧げるような演出が施されていて、とりわけ心にずしんと響いた。

2004年以来のゴンザレスのファンだというミュージシャン、H ZETT M(H ZETTRIO)さん。この淡くも深いクリスマス・アルバムを含めたゴンザレスの音楽や表現に対する姿勢について、同じピアニストとしての視線も絡めつつ語ってもらった。

CHILLY GONZALES 『A very chilly christmas』 Gentle Threat/BEAT(2020)

クラシックの人やジャズの人がやることをやってない

――H ZETT Mさんがチリー・ゴンザレスを知ったきっかけは?

「2004年ですね。当時発売されたばかりの『Solo Piano』というアルバムが話題になっていて、〈これは何だ?〉と思って手に取りました。ジャケが気になったのと、ピアノだけの作品だということで購入に至ったというのがきっかけです。その後も他のアルバムや曲も聴いてましたね。“Working Together”(2008年)とかいい曲でしたよね。彼のドキュメンタリー映画『黙ってピアノを弾いてくれ』(2018年日本公開)も観ました。それで、若い頃はヒップホップをやってたとか、彼のことをあらためて知った感じです」

2008年作『Soft Power』収録曲“Working Together”
 

――初めて『Solo Piano』を聴いたとき、どう思われました?

「あのアルバムで彼はプリペアド・ピアノっていう、弦に何かを乗せたりして音を変える奏法をしていたんです。でも、ジョン・ケージみたいな過激なやり方じゃなく、その音色でソフトに弾いていて、素朴でシンプルでいいなと思いました。〈ゴンザレス〉って名前からして、もっと派手でラテンなイメージをしていたのに、すごくシンプルで静かだったんです」

――同じピアニストとしてご自身と通じるところはあると思いますか?

「どうでしょう? 彼のことはピアニストとして、というより、音楽として好きになりましたね。ドキュメンタリー映画を見て、〈ああ、だからあの音なのか〉と思うところも結構あったんです。弾きまくるのではなく、引き算というか。ものすごくやりたいことがあるけど、それを全部押さえつけたような感じ。強烈な個性なんですけど、それを消し去ることによって出てくるものみたいなことに挑戦してる気がします」

――その例えはわかる気がします。

「やりたいことはたぶんいっぱいあるけど技術的にできないとか、いろんな葛藤があったのかはわからないですけど、〈じゃあ自分にできることはなんだろう?〉って考えたときにポンッと出てくるものをこの人はいつも表現してる感じがします。体とか手がでかそうでパワーがありそうなんですけど、そこで力まかせに弾こうとしていない。指のコントロールがうまいんです。やさしい音を出せるんですよね」

2004年作『Solo Piano』収録曲“Dot”のパフォーマンス映像
 

――ゴンザレスはカナダ/モントリールのマギル大学でクラシックを勉強したそうです。そうしたアカデミックな素養もあるうえで、きちんと音楽のレッスンを受けた人だと絶対やらないようなことをしてたりもするんでしょうか。

「どうでしょうね? やらないことをしてるというよりも、クラシックの人やジャズの人がやることをやってないという感じでしょうね。個性というか。『Solo Piano』の頃からそうですけど、音階で遊んでる人ではあると思うんです」

隠しきれない反抗心

――そんなチリー・ゴンザレスの新作が、キャリア初のクリスマス・アルバムでした。すごく静かで素晴らしい内容です。

「一曲目の“Silent Night”から短調にアレンジしてやっているというのが、この人らしいなと思いました。反抗心が隠しきれないという(笑)」

『A Very Chilly Christmas』収録曲“Silent Night”
 

――彼は、2012年のクリスマス・シーズンに“A Minor Key Christmas Medley”と題して2分半くらいの音源をYouTubeにあげていたんですよね。あのときも反骨精神と遊び心を感じました。今回の“Silent Night”もいいですよね。これって、音色の工夫もしているんでしょうか?

「そうですね……アップライト・ピアノっぽい音だと思いました。アップライトが似合う人ですよね。グランド・ピアノをガーンと弾くんじゃなく、小さい部屋で鳴ってるアップライトの音という感じがしました」

――選曲は変化球的なものも含みつつ、わりと王道寄りでしたね。気になったアレンジや選曲はありました?

「6曲目の“The Banister Bough”がオリジナル曲でしたよね。あそこでヴォーカル(ファイスト)が初めて出てくる構成はズルいなと思いました(笑)。いい曲ですしね」

『A Very Chilly Christmas』収録曲“The Banister Bough”
 

――ハッとしますよね。

「あと、9曲目の“In The Bleak Midwinter”と10曲目の“Snow Is Falling In Manhattan”)で歌ってるジャーヴィス・コッカーも、すごくいい声ですね」

――“Snow Is Falling In Manhattan”は、かなりジョン・レノンの“Imagine”なアレンジでした。ジャーヴィスの歌い方も、ジョンを意識した節回しで。原曲は、故デヴィッド・バーマンが率いていたバンド、パープル・マウンテンズのアルバムに入っていた曲。発表は2019年、デヴィッドが亡くなる直前に出された作品で。

「いいアレンジでしたね」

パープル・マウンテンズの2019年作『Purple Mountains』収録曲“Snow Is Falling In Manhattan”
 

『A Very Chilly Christmas』収録曲“Snow Is Falling In Manhattan”
 

――この曲を選んだのは、今年のコロナ禍でマンハッタンで多くの死者が出たからかもと僕は思ったんです。それで、マンハッタンはジョン・レノンが暮らし、亡くなった街だということも連想して、“Imagine”をアレンジに取り入れることで祈りの感覚を出したのかなとも連想してました。

「ジャーヴィスさんは“In The Bleak Midwinter”での語りというか、ナレーションみたいなのもすごくいいですね。僕もこういうのをやりたいなと思いました」

――ワム!の“Last Christmas”やマライア・キャリーの“All I Want For Christmas Is You”という大ヒット曲もカヴァーされてましたが、このアレンジはいかがでした?

「“Last Christmas”はかわいかったですね。木琴っぽい音やチェロも入ってきて。ゴンザレスのかわいさを感じました。“All I Want For Christmas Is You”は短い演奏でしたけど、シンプルで無駄を削ぎ落としたようなよさでした」

『A Very Chilly Christmas』収録曲“Last Christmas”

『A Very Chilly Christmas』収録曲“All I Want For Christmas Is You”

静かな空気を味方にする

――H ZETT Mさんがクリスマス・アルバムを作るとしたら、どういうカヴァーを選びます?

「どうですかね? でも、僕はJ-Popから選んで挑戦したいですね。それで声のいい方にナレーションしてもらいたいです(笑)」

――クリスマス・ソングに限らないと思うんですが、他人の曲をアレンジしてカヴァーするときは、どういうことを意識しますか?

「僕がアレンジをするときは、その人が好きとか嫌いとかはいったん置いておくんです。いわゆるドレミファソラシドの1オクターヴで曲を分解して考えます。誰でもドレミファソラシドのなかにある12音階を使って曲を作っているわけなので、そこでどういう組み替えをしようか、どんな音の重ね方をしたらおもしろくなるかとかを考えます。〈自分らしさを出す〉みたいにはあんまり考えないかもしれない」

H ZETTTRIOがPIZZICATO FIVEの“東京は夜の七時”をカヴァーするパフォーマンス映像
 

――強いて言えば、その分解のアプローチが〈H ZETT Mらしさ〉ということ?

「新たな発見をしたいというか、その曲に新しい光を当てたい、みたいな感じは常にありますね。作った本人が〈ああ、こういうのもあったか〉と思ってほしい」

――そういう意味だと、このアルバムでのゴンザレスはどういうアプローチをしているんだと思います?

「あまり複雑なことはしてなくて、共通して言えるのはひとつの世界観を表現しているということ。それは、この人がクリスマス・アルバムを作るにあたって抱いた世界観。全曲上品に仕上げられていますし、突飛なことはしないけど、ユニークさも忘れてない。コロナの年だから、こういう世界観にしたっていうのもあるんでしょうね。世の中がガチャガチャしててうるさいですから、静かな空気を味方にするというか、優しさで包むようなところがある。いまだからこそ、この音がより心に響くのかもしれませんね」

――〈空気を味方にする〉っていい表現ですね。それこそかつての『Solo Piano』の頃から、ゴンザレスの本質に触れる言葉だと思います。

「ドキュメンタリー映画を見て、昔はかなり過激なことをしていたんだと知りましたけど、いまの彼はその反動なんですかね。でも、音に対する姿勢はどんなことをしていても変わってない気がします。演奏をコントロールしてる感としてない感の按配が絶妙ですよね。そこが心地いいのかもしれないですね。聴く人はそこに安らぎを感じたり、〈実はこれは過激なんじゃないか?〉って思ったり、いろんな発見があるんでしょうね。静かに聴きたい人にはそう聴けるし、新しい音だ!みたいなとらえ方もできる。楽しみ方が幅広いですよね」

――安らぎでもあり過激でもある。

「クラシックっていう感じでも、ポップという感じでもない。空間のなかでアップライト・ピアノが鳴っていて、余白感がある。その余白に聴く人が勝手におもしろさを感じてしまうんです。エリック・サティという作曲家がいますよね。ゴンザレスの音楽がそれに似ているというわけではまったくないんですが、サティの〈家具の音楽〉に共通するとこはあるとは思いますね。どんなロケーションでもハマるというか、カフェとかで流れていたらいい感じになれるし、聴き流せてしまう。だけど、気にして聴けば聴くほど奥までぐっと入っていけるんですよ」

 


H ZETT M LIVE INFORMATION

ピアノ独演会2021 新年 – 豊田の陣 –
2021年1月31日(日) 愛知 豊田市コンサートホール
開場/開演:15:00/16:00
料金:4,000円(1F)、2,000円(バルコニー席)
※25歳以下半額、友の会会員10%引き
★公演の詳細はこちら

ピアノ独演会2021SP 冬-八ヶ岳の陣-第二章
2021年2月13日(土) 長野 八ヶ岳高原 音楽堂
開場/開演:14:30/15:00
料金:9,500円(コンサートのみ) 
※宿泊プラン付きのチケットもあり
★公演の詳細はこちら