連載

【BOY 奥冨直人の宇田川放送委員会】第2回 春の爽快なオルタネイティヴ――Lil Soft Tennis、Strip Joint、SACOYANSを紹介

 

 わたくし奥冨が今聴いているアーティストや作品について愛情たっぷりにお伝えしていく連載"BOY 奥冨直人の宇田川放送委員会"。2回目となる今回は、90sなフレーバーを感じるこの3組。

Lil Soft Tennis 『Bedroom Rockstar』 Confused(2021)

1. Lil Soft Tennis  Bedroom Rockstar Confused
Age Factoryの紹介から存在を知ったLIL SOFT TENNIS。トラップやギターサウンドが軽快なミックスチャーを経由して耳元を滑走する独特のバランス感が、90sの空気を持ちつつも現代的。RY0N4やnon albiniらとのクルー・HEAVENとしての活動も活発になり、ますます目が離せないです。

 

Strip Joint 『Leisurely』 Strip Joint(2021)

2. Strip Joint  Leisurely
Instagramのフォローを機に知りました。何やら私の親しい周りのイベントに出ている様子だったのでチェックしてみると、以前のCeremony名義から改名したそう。ポストパンクの憂いとダークネスが調和するイメージが多いが、"Leisurely"でみせる奥行きのある美しいバンドサウンドで、更に活動が楽しみになりました。

 

3. SACOYANS  Yomosue Multiple
"偉大なお告げ"を一聴して、完全にときめいてしまいました。私が愛したスマパン、ブリグリの流れにド直球な4ピースバンド・SACOYANS。90sオルタナ以降の空気をしっかりと醸し出しつつも、どこか甘美で優しくなぞるようなメロディーラインと感情表現の丁寧さを感じる歌詞に注目です。

 


奥冨 直人(BOY)
平成元年・埼玉県生まれ。ユースカルチャーを発信するファッションと音楽のコンセプトショップ「BOY」を2009年渋谷円山町にオープン。2014年に現在の宇田川町店舗に移転・独立。現在スペースシャワーTVにて配信番組「スペトミ!」のVJを担当。DJやスタイリングなど日々の活動は多岐にわたり、どんな時代も楽しく暮らしている