(左から)井上銘、RIO

ただ今20歳の、規格外のウクレレ奏者がRIOだ。ハワイの楽器であるウクレレを自在に演奏する様に触れると、彼が一体どういうバックグラウンドを持つ人物であるかがよく見えてこない。ようは、彼がそれだけウクレレを自分の楽器とし、我が道を行っている……。

日本に生まれたものの小学生からインターナショナルスクールに通い、ウクレレを買ったのはハワイに家族旅行した際。そして、幸いにも小学4、5、6年生の時は父親の仕事でホノルルに住み、実地でウクレレを学んだ。現在は小曽根真からも才能を認められライブにも呼ばれているが、そんな彼がついにアルバム『RIO』をリリースする。そのプロデュースは、俊英の名を欲しいままにするジャズギタリストの井上銘。両者同席のもと、RIOの羨ましくもある豊かな経験と、ウクレレの可能性を伝える『RIO』について語ってもらった。

なお、彼は2015年に『I ~around~』というアルバムを出したことがあるが、今作こそやりたいことが十全に叶った真のデビュー作であるという認識を本人は持っている。

 

ウクレレは魔法の絨毯――RIOに息づくハワイのアロハスピリット

――ハワイ在住時は、現地のウクレレマスターみたいな人に習ったわけですか。

RIO「ハワイの人って基本ウクレレを皆持ってるんですよ。僕の場合、日本人でウクレレを持って歩いていると、〈キミ一緒に弾こうよ〉と、すごいナチュラルに誘ってくれるんです。それで最初は二人で弾いていると、そこに〈何々?〉という感じで他の人たちが混ざってくる。その中にめちゃすごい人もいるんですよ。それで、いろんな方と一緒に弾くことによって、知識を与えてもらいました。皆、どんどん教えてくれるんです。それが、ハワイのアロハスピリットなんですね」

――そういう環境に学ぶと、他の楽器に浮気するようなこともないですね。

RIO「もう、ウクレレしか、僕の周りにはありませんでした」

――では、ハワイに住んだ時からウクレレ奏者になりたいと思ったんですか。

RIO「そうですね。〈楽しいおもちゃ〉という最初に持った時の気持ちは変わらないですけど、どんどん教えてもらい、それを家に帰って練習し、〈ああすごいすごい、こんなことができるんだ〉という感じで時間は経っていきました」

2020年の“白日”のパフォーマンス動画。King Gnuのカバー

――そして、中学生になる年に日本に戻ってきたんですか。

RIO「そうですね。一度戻ったんですが、海外にいろいろ呼ばれるようになったんです」

――ハワイにいる時から、知る人ぞ知るという存在になっていたんですね。

RIO「いやあそれは分からないですけど。ハワイで弾いていると、〈ウクレレを学びたい〉という海外から来た人とも知り合うんです。それで、〈日本の子なんだったら、僕は台湾に住んでいるので来て欲しい〉といった感じで、結構アジアの方から誘っていただいたりしたんです」

――言葉(英語)には困らないですしね。

RIO「そうですし、基本ウクレレがあれば問題ないです。喋れなくてもいけますよ」

――ウクレレはパスポートのような感じですか。

RIO「ほんと、そんな感じです」

――現在、他の楽器を弾いたりはするのでしょうか。

RIO「ギターやベース、バイオリンやチェロもちょっと。弦楽器は結構触っていますね。今まで基本ウクレレ一本で来たんですけど、頭の中では常にバンドの音が鳴っているんですよ。〈他の楽器の特性を知っておくといいよ〉と言われて、それで触ってはいます」

――でも、いろいろ弾いてもやはり〈ウクレレはいいな〉となるんでしょうか?

RIO「そうですね。ウクレレは出会った時から、様々な所に連れて行ってくれる魔法の絨毯のようなものです。本当にウクレレのおかげで得た出会いは沢山ありますし、ウクレレはまだ知られていないので、もっと広く知ってもらいたい。そして、ウクレレのいろんな可能性を開拓していきたいという気持ちを持っています」

――ウクレレの一番の魅力とはなんでしょう。

RIO「僕の中では、とにかく可能性がある楽器です。多分ギターよりウクレレの方がまだ未知の可能性があると思います。

まあ、楽器それぞれに魅力はあると思うんですが、僕にとっては今までずっと続けてこられた大好きな楽器というのが、ウクレレ。ほんと、それだけなんです」

――ハワイで習った以外はずっと独学できたのでしょうか。

RIO「そうです。ハワイの人たちは基本タブ譜とかを使わないので、弾いているのを目で見て、それを真似て弾いていきます。

僕はハワイでウクレレ以外にもう一つ重要なことを学んで、それが先ほど言ったアロハスピリット――アロハ魂なんですね。それは〈謙虚〉というか、〈人に無償の愛を与える〉というものです。僕がハワイにいた頃、ウクレレをどんどん教えてもらったというのも、皆にそういうスピリットがあるから。僕がウクレレを持って誰かのライブに行くと、一緒にやろうよとステージに上げてくれるんです。そんな温かい気持ち、アットホームな気持ちをハワイの人たちは音楽を通して見せてくれました。それは、今も僕の中に息づいています」

――それは、RIOさんのウクレレの音色を聴いても分かるような気がします。

RIO「ありがとうございます」

ウクレレ界のレジェンド〈おじいちゃん先生〉との出会い

――ジャズに興味を持ち出したのはいつ頃でしょう。

RIO「中学校に入る前、やはりハワイにいる頃ですね。その時、今回のアルバムにもつながる出会いがあったんです。今の僕の先生で80歳すぎのウクレレ界のレジェンドと言われる人と知り合ったんです。

帰国する2週間前だったんですけど、会ってみたら古い曲をたくさん知っている方で、日本に帰った後も夏はそのおじいちゃん先生のところに行き、2ヶ月ほど一緒に生活しました。彼は毎日ウクレレのスタイルじゃない楽譜をウクレレ用の楽譜に変えていました。その時に必ずウクレレを弾きながら変えるので、僕はそれを聴いていいなと思った曲をその場でどんどん教えてもらったんです。そのおかげでいろんなジャンル、そしてあらゆる時代の曲を自然に学ぶことができました。なのでずっと後で、〈この曲はジャズのセッションでよく演奏される曲なんだ〉と知ることもありました」

――今までの話を聞いて、RIOさんのウクレレの奥にあるものがよく分かりました。その根にあるのはハワイの人たちから受け取ったアロハスピリットで、それを糧に今まで好奇心旺盛にご自身の音楽を伸長させ、今があるんだと了解できます。

RIO「そうですね。本当にそうです」

――これまで、海外に演奏に出たことで特に印象に残っていることはありますか。

RIO「それは、イタリアに行った時ですね。3年前ぐらいです。ウクレレフェスティバルがあり呼ばれたんです。その時ブラジルから来る方がいて、名前がRIOだからかもしれないのですが、事前にFacebookで連絡してきて、〈この曲をバンドでやるので一緒にやろう〉と音源と楽譜を送ってきたんです。それを聴いたら、滅茶苦茶かっこ良かった。その際ステージに上がった時の楽しさを覚えていて、今回のアルバムにもその曲が6曲目に入っています」

――その“Asa Branca~O Ovo”って、ブラジルのバイアォン(北東部の伝統大衆音楽)の偉人シンガー/アコーディオン奏者ルイス・ゴンザーガの曲とエルメート・パスコアールの曲のメドレーじゃないですか。“O Ovo”にもアコーディオンが使われていましたね。

RIO「そうです。バックグラウンドを知る前に彼らがそういうメドレーでやっていて、それを聴いて〈すごい美しい曲だな、いいなあ〉と思っていました。そういう感じで、僕はいろんな曲と自然に出会ってきました」

ルイス・ゴンザーガの“Asa Branca”のパフォーマンス動画

エルメート・パスコアールの2018年作『Hermeto Pascoal E Sua Visão Original Do Forró』収録曲“O Ovo”

 

RIOと井上銘、年の差を感じない2人の対話

――『RIO』は井上銘さんがプロデュースをしています。どういう感じで一緒にアルバムを作るようになったのでしょう。

RIO「銘さんのことは、前から僕は一方的に知っていたんです。よくコンサートに来てくれる方が銘さんのファンでもあって、銘さんのアルバムをプレゼントしてくれて、そこから僕は〈銘さんっていいなあ〉と思うようになりました。それが15、16歳の頃です。

そして今回自分のアルバムを作るぞとなった時に、(『RIO』のリリース元であるレコード会社TWIN MUSICの)生明恒一郎さんが〈銘さんのプロデュースでどうですか、一緒に共感し合いながら作っていけるんじゃないでしょうか〉と、提案してくれたんです。僕の中で銘さんはトップにいた方なので、〈ええ!? やっていただけるんでしょうか〉という感じでした」

――銘さんは、この話が来てどう思いました?

井上銘「RIO君は洗足学園音楽大学に通っているんですが、今回の話が出る前に、そこで先生をしている友達に〈最近面白い人いますか〉という話をした際に、〈ウクレレですごい面白い人がいる〉と聞き、その存在は知っていたんです。だから、連絡がきた時はすごい嬉しかったですね。

今年の5月に六本木のカフェで二人でミーティングしたんですが、初めて会った感じがしなくて盛り上がりました」

――銘さんもアルバムデビューが早かったので、RIOさんの気持ちを掴みやすいというのはあったのでは?

井上「いや、自分が20歳だった時を思い出したんですが、喋っていても演奏していても〈成熟しているな〉と思いましたね。僕も20歳でデビュー作(2011年作『ファースト・トレイン』)を出したんですが、その頃は楽器を弾くので一杯一杯でしたから。RIO君はもっと先を行っていて、楽器でアンサンブルをする際に人とコミュニーケートするということをよく知っていて、年の差を感じないんですよ。どこでそんな能力を身に付けたのかと思っていたんですが、今の話を聞いて納得しました」

RIO「アンサンブルのやり方とかは、ハワイで学んだものが大きいでしょうね」

――銘さんは、ウクレレを弾いたりはするんですか。

井上「いやいや、遊びで鳴らしたことぐらいしかないです」

有田純弘ら多彩な演奏家たちと奏でたファミリアーな音

――そして、一緒にアルバムを作ることが決まって、どう内容を詰めていったのでしょう。

井上「プロデュースとかっこ良く書いてはありますけど、話をした段階からRIO君がしっかりとビジョンを持っていたし、やりたい曲も泉のようにどんどん出してくれたので、僕はRIO君の隣でそれを見ていたという感じですね」

――たとえば、参加ミュージシャンはどんな感じで決まったのでしょう。

井上「ドラムのダニエル・バエデールさんはRIO君の紹介で、バンジョーの有田純弘さんもそうですね。山本連(べース)や宮川純君(オルガン)は僕の友達で紹介させてもらいましたが、今回フィットして良かったです。ダニエルさんは“Asa Branca~O Ovo”とかで様々なグルーヴのパターンを教えてくれました」

――有田さんは洗足で教えているんでしたっけ?

RIO「僕の先生なんです。僕が最初ジャズを好きになったのはジプシージャズだったので、ジプシージャズのことをいろいろ調べていたら有田さんの名前が出てきたんです。そして有田さんのライブに行って〈ファンなんです〉と伝えたら、〈僕は洗足で教えているんだよ〉とおっしゃったので、絶対習いたいと思い洗足に進学しました」

井上「連も洗足の出身で、有田さんは学生時代の彼の先生なんです。僕はバークリー音楽大学に行っていた時期があって、その時有田さんもボストンにいらしていて、その際に連と一緒にバークリーのホールの最前列でライブを観て、話をしたことがありました。(バークリー出身の)有田さんはボストンのブルーグラス界の神みたいな存在なんです。

今回RIO君から〈有田さんとやりたい〉という話が出た時には、また有田さんと会えてレコーディングできるんだと嬉しくなりました。有田さんが参加した“Transit”の録音はいい思い出ですね」

『RIO』収録曲“Transit”

――皆さん結構いろいろと重なる部分があるんですね。なるほど、こんなファミリアーな音になっているのにも合点がいきます。

RIO「まさしくそうですね」

――やる曲については、すべてRIOさんがお出しになったわけですね。

井上「全部、出しているよね」

――たとえば、オリジナル曲の場合、いろいろお持ちだと思うんですが、その中からどういう観点で曲を選んだのでしょう?

RIO「今僕は20歳で、ウクレレと出会ってちょうど10年経つんです。その節目のアルバムだと思っているので、今までの過程を表せる、僕にとって大切な曲を集めようと思いました」

2021年の“You Know”“Mother”のパフォーマンス動画

――では、これまでの10年の歩みや出来事を括る、その集大成のようなアルバムですね。

RIO「そうです。だから、(収録された)9曲じゃ全然足りないんです」

 

4弦楽器とは思えないRIOのウクレレソロ

――アレンジャーとして、二人の名前がクレジットされています。アレンジはどのように固めていったのでしょう?

井上「一緒に二人でリハーサルをやったり、それでなんとなく決まっていきましたね。アレンジをゴリゴリしたという感じではなく、自然にできていきました。そもそもいろんなタイプの曲があったんですが、その曲が持っているメッセージに従っていけば、絶対にいいアルバムになるだろうとは最初に思いました」

――爽やかなものもあれば、タワー・オブ・パワーを思わせる出だしの曲もありますし、聴いていて興味深いです。あと、スタンダードも2曲取り上げていますよね。うち、“This Nearly Was Mine”(リチャード・ロジャースが1943年にミュージカルのために書いたスタンダード)はアルバムの最後に置かれ、RIOさんがソロで演奏しています。やはり、一人だけの演奏も入れたかったのでしょうか。

RIO「最後は自分の原点に戻るという意味でも、この曲はソロで弾きたいなと思いました」

2021年の“New Cinema Paradiso~This Nearly Was Mine”のパフォーマンス動画

――これは先ほど話が出たおじいちゃんから教わった曲なんですか。

RIO「これは、もう一人のおじいちゃんから教わった曲なんです。

彼は奥さんに向けて一つ作品を残したいという気持ちでアルバムを1枚だけ作ったウクレレ奏者なんです。全曲ウクレレソロで演奏しているんですけど、すべての音が〈なぜこんなに美しく聴こえるんだろう〉というアレンジで全部いいんです。

〈どうしてこんなふうにオーケストラがウクレレ一本から聴こえてくるように演奏できるのか〉と、13歳ぐらいの時に感動し連絡しました。そうしたら、彼はまさかそんな人が現れるとは思わなかったようで、沢山楽譜を送ってくれ、いろいろ教えてくれました。だから、今回は恩返しという気持ちもあって、この曲を弾きたかったんです」

井上「この曲のRIOくんの演奏はコントロールルームで聴いていたんですけど、もうすごい良くて、ため息が出ました。いやあ、あのソロの演奏はやばかった」

――4弦の楽器だとは、思えない演奏です。

井上「そうですよね。ハーモニーもすごい緻密でレンジがあって、〈ウクレレってこんなにいろいろなことができる楽器なんだ〉と可能性を感じました。何より、音がすごい綺麗ですしね」

――もう1曲の“My Favorite Things”(ジョン・コルレーンのカバーでもよく知られる1959年の曲で、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」のために書かれた)はやはり思い出の曲だったりするんですか。

RIO「これは、僕的には映画『サウンド・オブ・ミュージック』の印象が強いんです。この映画は愛がテーマなんですが、僕としては映画のストーリーを思い浮かべながら、苦労する時もあるけど希望を持っていけばいいこともあるという気持ちを込めました」

2019年の“My Favorite Things”のライブ動画

――ちゃんと曲にはストーリーを求めるタイプなんですね。

RIO「すごくそうです。僕は曲の背景をすごく調べますし、歌詞がある場合はそれを読んで〈ああこういう思いで作った曲なのか〉と理解しようとしています」

〈ウクレレが一番かっこよく聴こえるように〉を目指したアルバム

――ウクレレ、ギター、ベース、ドラムというコアとなる編成はあるんですが、銘さん抜きのトリオで録っている曲もあれば、1曲ずつ有田さんと宮川さんが入るものがあったりもします。曲によって微妙に変化がつけられていて、考え抜かれているなと思えました。

RIO「その構成は銘さんが、結構考えてくださいました。〈ここは僕(井上)が抜けた方がいいかも〉とか……。

〈皆がいいと思うものを〉という気持ちを持っていたので、〈自分自分〉というのがまったくありませんでしたね。良い物を目指して、お互いが譲り合ったり、前に出る所は前に出たりとか。そういう部分で、うまく会話ができたと思います」

井上「最初にRIO君が曲を聴かせてくれた時に、曲からある程度〈こうしたい〉という感じが出ていますから、そのメッセージに従って楽器を選んだ感じですかね。曲がいい形になるようにということだけを考えました」

――そういえば、銘さんが他の方のアルバムをプロデュースしたことはありましたっけ?

井上「今回初めてです。自分のアルバムにはクレジットが入っていますが。僕は30歳になったんですけど、RIO君のような可能性をたくさん秘めたフレッシュで若い人のサポートをさせてもらったというのは、自分のこれからの人生においてもプラスになると思いました」

――お二人はコード弾きもできソロも取れる弦楽器を演奏しますが、その重なりには気を使いましたか。

井上「〈ウクレレが一番かっこよく聴こえるように〉というのが一番のコンセプトですね。ウクレレはあまり今まで聴いてこなかったので、そこはチャレンジでした。

マニアックな話ですが、帯域的にはあまり被らないよう、音作りの段階からギターの音を細くしてスペースを作ることで、ウクレレを浮き上がらせることができたのは自分の中では発見でしたね」

――今回、このアルバムで、これまでにない自分が出たなと感じる部分はありますか。

RIO「もちろん、あります。僕はこれまでソロで演奏する機会が多く、頭の中にしかバンドがおらず、今回初めてのバンドを得たということだけでワクワクしていたんです。

そして、いざ音を出すとウクレレだけの時とは全然違うんです。ベースとの面白い会話があり、ドラムには〈リズムはこう来るんだ〉という発見があり、ギターのかっこいいフレーズを聴いて〈わあ何それ〉ってなったり。レコーディング中はそういう発見ばかりでした。特にブラジルの曲を録った時の、皆〈どうなるか分からないけどやっちゃえ〉というノリでの、銘さんとのビリビリ来たやりとりは印象に残っています」

井上「本当にそうだよね、あれはライブみたいだった」

――ところで、今も出歩く際はいつでもウクレレを持っていくんですか?

RIO「はい、基本的には持ち歩きます。ハワイにいた頃の癖で、持っていたらなんかいいことが起こるような気がするんです」

 


RELEASE INFORMATION

リリース日:2021年12月15日(水)
品番:TMCJ-1002
価格:3,300円(税込)

TRACKLIST
1. Transit
作曲:RIO/編曲:RIO & May Inoue
2. Joker
作曲:Miki Saito/編曲:RIO & May Inoue
3. You Know
作曲:RIO/編曲:RIO & May Inoue
4. My Favorite Things 
作曲:Richard Rodgers/編曲:RIO & May Inoue
5. Waltz for Beth
作曲:RIO/編曲:RIO & May Inoue
6. Asa Branca~O Ovo
作曲:Luiz Gonzaga~Hermeto Pascoal/編曲:RIO & May Inoue
7. Mother
作曲:Miki Saito/編曲:RIO & May Inoue
8. Wishy Washy
作曲:RIO/編曲:RIO & May Inoue
9. This Nearly Was Mine
作曲:Richard Rodgers/編曲:RIO & May Inoue

 


PROFILE: RIO
世界を舞台に活動する現在20歳のウクレレ奏者。これまでにハワイの由緒ある〈デュークス・ウクレレ・コンテスト〉や〈インターナショナル・ウクレレ・コンテスト〉で1位を獲得。また、米NYのアポロ・シアターで開催されたアマチュアナイトでも1位を獲得している。〈ダイナースクラブ・ソーシャル・ジャズ・セッション2013-2014〉にて最優秀賞を受賞。13歳での最年少受賞に、リー・リトナー氏とブルーノート東京より賞賛される。バイリンガルな一面を生かし、〈TEDxTokyo 2014〉をはじめ〈TEDx〉の数多くのイベントに招待される。現在、ハワイのカマカ・ウクレレのエンドースドアーティストであり、〈NAMM Show〉にも参加している。他、ハワイでは数々のアルバムをリリース。コンピレーションアルバム『Island Style Ukulele Vol. 2』、カマカ・ウクレレの100周年記念アルバム『Kamaka Ukulele Presents Keep Strumming!』は〈ハワイのグラミー賞〉と称される〈ナ・ホク・ハノハノ・アワード〉を受賞。日本発のアルバム『I~around~』に至っては、〈International Album Of The Year〉としてノミネートされた。2020、2021年と、コロナ禍で営業が再開されたブルーノート東京にて世界的ジャズピアニストの小曽根真氏と共演、〈Rising Star〉として紹介される。20歳を境にさらに飛躍を目指し、2021年冬、自身初となるファーストアルバム『RIO』を発表する。4弦から生み出されるRIO独特の表現力でジャンルを超え、国境をも飛び越えていく、そんな新次元のウクレレプレイヤーである。

PROFILE: 井上 銘
91年5月14日生まれ。神奈川県川崎市出身。15歳の頃にギターをはじめ、高校在学中にプロキャリアをスタート。2011年10月、EMIミュージック・ジャパンよりメジャーデビューアルバム『ファースト・トレイン』を発表。同作で〈NISSAN PRESENTS JAZZ JAPAN AWARD 2011〉のアルバム・オブ・ザ・イヤー(ニュースター部門)を受賞。2013年11月にユニバーサルよりセカンドアルバム『ウェイティング・フォー・サンライズ』を発売。2016年4月、渡辺香津美氏のギター生活45周年のアルバム『Guitar Is Beautiful KW45』に参加。同年4月、同年代の精鋭ミュージシャンたちとのポップスユニット、CRCK/LCKSでデビューアルバム『CRCK/LCKS』をリリース。6月にはブルーノート東京で世界最高峰のジャズギタリスト、カート・ローゼンウィンケル氏と共演。2017年、自身の新しいユニット、STEREO CHAMP(類家心平、渡辺翔太、山本連、福森康) を結成。同年6月、メンバーと作り上げ、自身最大の意欲作であるサードアルバム『STEREO CHAMP』をReBorn Woodより発売。2018年4月にはSTEREO CHAMPとして初のブルーノート東京公演をソールドアウトさせ、成功を収めた。2018年11月には同メンバーに加え、WONKのボーカリストであるKento NAGATSUKAをフィーチャーした曲を含むアルバム『MONO LIGHT』と初のソロギターアルバム『Solo Guitar』を同時にリリース。2019年2月にはコットンクラブにてSTEREO CHAMPでの単独公演を行いソールドアウトさせる。また、ソロギターライブも積極的に実施するなど、STEREO CHAMPをはじめ自身発信のプロジェクトでの活動や、中国・香港をはじめとするアジア圏、英ロンドンを中心としたヨーロッパ圏での海外ミュージシャンとの交流も活発で、ワールドワイドな舞台での積極的な活動など、国内のみならず世界を視野にした演奏には各方面より注目が集まっている。2020年2月には7年ぶりとなるアコースティックジャズアルバム『Our Platform』をポニーキャニオンよりリリースした。また、11月にはブルーノート東京にて初の2夜連続公演をソールドアウトさせる。2021年7月14日には自身初となるボーカル作品である5曲入りEP『POP MUGIC』をリリースし、新しいジャズ&ポップスの新境地を開拓すべく活動中。