サウンドプロデューサー、コンポーザー、鍵盤奏者、ドラマーとして、大森靖子やZOC、KinKi Kids、V6、堂島孝平、吉澤嘉代子、Negiccoなど数多くのアーティストのレコーディングやライブサポートを行う佐藤友亮のソロプロジェクトsugarbeans。2005年からはシンガーソングライターとしても活動し、2013年にはシンガーソングライターの伊沢麻未と楽曲制作ユニットTommy & Sammyを結成。そんなsugarbeansが、実に10年ぶりとなるオリジナルアルバム『つぶあんこしあん』を2022年1月19日(水)にリリースする。

表題曲や“煮物”、“豆大福のテーマ”、極め付きは“止まらない食欲”と、聴くだけでお腹が空いてきそうなハートウォーミングな楽曲が出揃った今作は、伊沢が共同プロデュース、楽曲共作、コーラス、コーラスアレンジを担当し、千ヶ崎学がベースで参加。それ以外はすべての楽器を自身が担当したという意欲作。そんな『つぶあんこしあん』がどのように制作されたのか、メールインタビューでsugarbeansに訊く。

sugarbeans 『つぶあんこしあん』 Fall Wait(2022)

40歳の自分の思っていることや考えていることを集めたむき出しのアルバムに

――今作『つぶあんこしあん』は、前作『Rudolf』から約10年ぶりのリリースとなります。10年も間が空いたのはなぜでしょう?

「もともと作曲家・アレンジャーとしてレコーディングをしたり、サポートミュージシャンとしてシンガーの方々をサポートすることを生業としていたのですが、その比重がかなり大きくなってきたのと、自分としてもその仕事の方が向いているかもしれないと思ってきていた時期だったので、ソロの活動がなおざりになっていました。

だけど昨年40歳になって、今自分の思っていることを表現するのは今しかないと思い立ち、アルバム制作に踏み切りました」

――アルバムタイトルの『つぶあんこしあん』という言葉の意味は?

「タイトル曲である“つぶあんこしあん”という曲は、好みがまったく違う2人が出てくるのですが、そんな趣味嗜好が全然違う人とでも、互いを理解して、認め合いながら共存していく世界になったらいいなという思いで作りました。多様性を受け入れることが現代を生きる人々のテーマになりつつありますが、そんな世の中へ少しでも近づくようにアルバムタイトルとしても掲げることにしました」

――ちなみにsugarbeansさんは、つぶあん派ですか? こしあん派ですか?

「基本的にはつぶあんですが、そこにあんこがある限りどちらでも食べます」

――制作についてお聞かせください。今作の楽曲はどうやって制作されていったのでしょうか?

「コロナ禍になって仕事が全部キャンセルになり、暇だからこれを機にしばらく作っていなかったアルバムを作ろうかと思い、毎日曲を作る生活を送っていたのですが、77曲作っても一向にしっくりくるものができませんでした。10年近くアルバムを作っていなかったので1人で完成させることは到底不可能だと思い、その後の共同プロデューサーとなる伊沢麻未に助けてもらい、どんなアルバムにするか試行錯誤していく毎日を送っていました。

そのうちに1年が経ち、だんだんやる気がなくなってもうアルバム作りはやめようと思いかけていたところ、5月の誕生日がきて40歳になりました。その際、せっかくなので短いムービーを作ってみようと思いつき、半ば冗談でサビだけ歌を作って歌ってみたらちょっとした手応えがありました。これを広げていったらおもしろいものができるんじゃないかと思ったのがきっかけで、アルバム制作が始まったという感じです。

その曲の仮タイトルは“40歳”だったのですが、〈今現在の自分のこと、思っていることや考えていることを集めたむき出しのアルバムになればいいんじゃないか〉という伊沢の鶴の一声でアルバムコンセプトが決まりました。

そのコンセプトが決まるか決まらないかの時、KIRINJIの堀込高樹さんとお仕事でご一緒する機会があり、アルバムを作ろうとしているということをお話ししたら、〈先に歌詞を書くとあとで書かなくて済むから楽だよ〉というお言葉をいただき、眼から鱗でした。

これはどういう意味かというと、メロディーを書くことは無限にできるのですが、限られたメロディーに合わせて言葉を選んではめていく作業というのが至難の技なのです(それが楽な方もいると思いますが、少なくとも僕はそうなのです)。先に言葉を書いてしまえば、その言葉に合うメロディーを作っていくだけ、ということです。歌詞を大事にしたかった今回のコンセプトとしてもそれが合致し、先に歌詞から書くことにしました。

そこからはひたすら言葉を書いていく毎日で、伊沢からもアイデアをもらい、駐車場が見つからなくて焦る話や、居酒屋での話、Twitterでもよくつぶやいていた〈止まらない食欲〉の話を歌詞にしていきました」

――今のお話にも出た伊沢麻未さんは、sugarbeansさんと多くの作品でタッグを組んでおり、今作においても共同でプロデュースをされています。今作においての伊沢さんはどういった役割だったのでしょうか?

「そもそもの曲作りのアイデアや、細かい歌詞の推敲、歌詞のメロディーへのはめ方、アレンジへのアドバイスに至るまで、すべて助けてもらいました。これまでのアルバムではディレクターみたいな人がおらず、自分1人で作りたい放題作っていたので、正直詰めが甘いところもありました。しかし今回は自分としてもとても納得のいく曲たちができましたし、伊沢がいなければこのアルバムは完成できていませんでしたので、本当に感謝しています」

曲を作って歌い続けている人たちは本当にもれなく全員すごい、私はしばらくはいい――それくらい納得のいくものができた

――それでは、1曲1曲の聴きどころやエピソードを教えてください。まずは1曲目の“40”です。

「この曲は40歳になった自分の意思表明をしている曲です。これにすべてが詰まっていると言っても過言ではありません。なので、すべての責任を取るべく、すべての楽器を私が演奏しています。ドラムは1テイク目に叩いたものが採用されています。出だしのピアノはメロディーに対して全部違うコードをはめていて、なんでこんなことにしてしまったんだろうとライブの練習をしているときに思いました。でもこれはやりたかったことでした。コーラスとコーラスアレンジは伊沢麻未。私だけの多重録音なのでむさくるしくなりそうだったところを、さわやかな風を入れてくれました。最高です」

――2曲目は、最初のお話にもあった“つぶあんこしあん”です。

「先ほども言いましたが、好みのまったく違う2人のお話。この曲は堂島孝平さんのサポートライブでなんか歌ってよって言われた時に、そんなこと言ってくださるのは堂島さんだけだと思い、感謝の気持ちを込めてその日のためだけに新曲を書いて行って歌ったのですが、それがこの曲です。本当の歌詞は登録商標の固有名詞がたくさん出てくるのですが、このアルバムに入れるにあたりブラッシュアップしました。より伝わるようになったと思います」

――3曲目はジャジーな“ビッグバンドの夢(without Big Band ver.)”。

「この曲も以前書いた曲を採用しました。学生時代から続けていた自分のビッグバンドのために書いた曲で、ドラムを叩きながら歌っていました。もともとは三谷幸喜さんが困惑しながらスポットライトを浴びて、ビッグバンドをバックに歌っているのをイメージして書きました。今回は製作費がアレなものでビッグバンド編成で録音することは叶いませんでしたが、いつかその時がきたら完全版をお聴かせしたいです。本当にかっこいいので」

――4曲目は個性的なタイトルの“煮物”です。

「“煮物”って曲が入っていたらおもしろいんじゃないかとタイトルから先に決めて書いた曲です。〈とりあえず座ってくれ〉という出だしからげらげら笑いながら作った覚えがあります。だけどなんとなく思っていても言えないことを歌詞にできたんじゃないかなと思います。とても気に入っています。この2人の関係性も好きです。そしてドラムの音が最高にいいです。エンジニアは最近ずっといろんな挑戦を一緒にしている大野順平(STUDIO SOUND DALI)さんで、今回のアルバムは音作りもかなりこだわっています」

――5曲目はかわいらしいピアノのインスト曲“暖簾越しのブルース”。

「毎回ピアノインスト曲は入れるようにしているのですが、録音のおかげでひと味変わった趣になっていて次の曲への流れがいいんですよ」

――6曲目は先ほどもお話にあった〈駐車場探し〉というテーマとお洒落な楽曲のギャップが面白い“漂流”です。

「自分のことをさらけ出すアルバムにしようということで、いつも駐車場探しにかなりのストレスを感じている私を見た伊沢から、そういう曲を作ればいいじゃないと言われて作った曲です。“40”も自分のことですがこの曲もまるまる自分です。この自分のストレスを昇華してあげようと、超名曲に仕上げてみました。メロディーにもこだわりまくり、これもげらげら笑いながら作りました。もしも次のアルバムを作る気になったら“漂流2”から作っていこうと思います」

――7曲目はクラビネットとスラップベースの演奏がファンキーな“止まらない食欲”です。

「食欲。食べること以外で満たされることはない。この曲は当初他のテーマで書いていたのですが、途中で書き直したりして最後まで歌詞に悩みました。とにかく腹が減ります。録音の時、ベースの千ヶ崎学さんが急に〈チョッパーしていい?〉と言ってきて、私もいやですとは言えませんのでどうぞ、といってこういう感じになりました。デモはもっと朴訥としたラインだったのですが、結果的により食欲という欲望を表しているかのようなアグレッシブさになっています」

――8曲目は、またしてもタイトルが個性的な“全然こない”。

「なんか全然こないなってこと結構あるんです。その時に口ずさんでくれたらいいですね。間奏もお気に入りです。みんなで歌えるようになったら、コールアンドレスポンスをして全員で叫びたいです」

――9曲目はハートウォーミングな楽曲“毛布”です。

「この曲はじっくり聴いて、それぞれみなさんが考えていただければうれしいです」

――そしてラストのインスト曲、“豆大福のテーマ”もおもしろいタイトルです。

「最後に少しでも希望の光を当てたいという思いでこの曲をエピローグとしました。あんこが苦手な方でも楽しんでもらえると思います」

――さて、sugarbeansさんと言えば、大森靖子さんやZOC、KinKi KidsやV6などへの楽曲提供、演奏参加でも知られていますが、他のアーティストの作品作りに関わることと、自分の作品を作ることはどう違いますか? どんなことに気を付けていますか?

「特にアレンジは、楽曲があって、それを歌う人がいて、どういう風にすればその曲がより輝くかを考えているので、自分の曲をアレンジするのと根本的には変わらないかもしれませんが、自分の曲をアレンジする方が誰にも遠慮なくやりたいことが全部できます。

今回アルバムを作ってみて改めて思いましたが、曲を作って歌っている人たちは本当にもれなく全員すごいです。これをやり続けることもすごいです。私はしばらくはいいです。それくらい納得のいくものができたということでしょうが」

――今後はどのような活動をしていきたいとお考えですか?

「音楽に真摯に向き合いながら楽しんで作っていけたらいいなと思います」