PR
コラム

杏里=シティポップクイーンが〈best buddies〉とビルボードライブに登場 輝きつづける歌声を心ゆくまで堪能しよう

杏里〈ANRI with #bestbuddies V〉

杏里=シティポップクイーンが〈best buddies〉とビルボードライブに登場 輝きつづける歌声を心ゆくまで堪能しよう

杏里が〈ANRI with #bestbuddies V〉を2022年4月2日(土)と3日(日)にビルボードライブ東京で、4月15日(金)にビルボードライブ横浜で、4月28日(木)と29日(金・祝)にビルボードライブ大阪で開催する。

70年代から第一線で活躍するシンガーソングライターの杏里が音楽活動を始めたのは77年、弱冠16歳のときだった。米LAで“オリビアを聴きながら”をレコーディングし、翌78年に17歳でデビューを果たす。同曲はその後、数多くのアーティストにカバーされるスタンダードナンバーになった。

78年作『杏里 -apricot jam-』収録曲“オリビアを聴きながら”

80年代に入ると、“思いきりアメリカン”(82年)、“CAT’S EYE”(83年)、“悲しみがとまらない”(83年)といったシングルの数々が大ヒットを記録。いま世界的に再評価されている、80sジャパニーズシティポップを牽引する存在となった。

82年のシングル“思いきりアメリカン”

83年作『Timely!!』収録曲“CAT’S EYE (NEW TAKE)”“悲しみがとまらない I CAN’T STOP THE LONELINESS”

80年代を通して、CMソングやドラマ・映画の主題歌などのヒット曲を連発しながら、多彩なジャンルに挑戦した杏里。87年には、現地出身のバンドであるカラパナのサポートで米ハワイ公演を敢行、日本のポップスとしては初めてのハワイ公演を成功させた。

その後も“SUMMER CANDLES”(88年)、“スノーフレイクの街角”(88年)、“ドルフィン・リング”(93年)といったヒットを飛ばす一方で、当初から〈アルバムアーティスト〉としてアルバムの制作に力を入れていた杏里は、89年に『CIRCUIT of RAINBOW』が第31回日本レコード大賞アルバム大賞を受賞した。

88年作『BOOGIE WOOGIE MAINLAND』収録曲“SUMMER CANDLES”

88年のシングル“スノーフレイクの街角”

93年作『1/2 & 1/2』収録曲“ドルフィン・リング”

91年にはチャリティイベント〈ユニセフ・ライブ〉の総合プロデュースに携わるとともに出演、98年には長野オリンピックの公式イメージソング“SHARE 瞳の中のヒーロー”を担当したうえニュージーランドの観光大使も務め、2008〜2009年には藤沢市の初代ふじさわ観光親善大使に就任、2010年にはデイヴィッド・フォスターが書き下ろしたJALのオリジナルソング“I Will Be There with You~あふれる想い”で歌うなど、音楽の枠組みを越えたユニバーサルな活動を繰り広げた。

94年のシングル“SHARE 瞳の中のヒーロー”

2018年にはデビュー40周年を記念するオリジナルアルバム『ANRI』を発表し、2019年にスティーヴ・ガッド・バンドと吹き込んだオーガニックフュージョン路線の3曲“Duke’s Anthem 〜星空のどこかで〜”“忘れられない贈りもの”“Crescent Moon”を世界に向けて配信リリースしたことも記憶に新しい。

2018年作『ANRI』収録曲“Don’t Stop Dreaming (feat. Diggy-MO’)”

2019年のシングル“Duke’s Anthem 〜星空のどこかで〜”

デビュー以来、積極的に海外レコーディングを行い、国外のミュージシャンたちとのコラボレーションを多く行っている杏里は、常にグローバルで革新的なアーティストだっただろう。現在は、折からの世界的なシティポップブームによって、欧米や日本の若い世代のリスナーたちが杏里の音楽を新たな視点から再評価している。韓国のDJ/プロデューサーであるNight Tempoがフューチャーファンクリミックスを施した『杏里 - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』(2019年)は、そんな流れを象徴する作品だと言える。

Night Tempoの2019年作『杏里 - Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ』メガミックス

なお、Billboard JAPANは、〈シティポップ・ブームを紐解く重要な存在、杏里のデビューからブレイクまでの足取り〉と題して、公演に向けて杏里のキャリアを振り返るコラムを掲載している。ライブの予習、あるいは若いファンの入門編として、ぜひ一読をおすすめする。

そんな杏里が、春のビルボードライブにオンステージする。40年以上にわたって、透明感あふれるボーカルと完成度の高い洗練されたサウンドでリスナーを魅了しつづけてきた彼女が今回披露するのは、〈best buddies〉とのパワフルかつ感動的なライブだ。小倉泰治(キーボード)、植田浩二(ギター)、小松秀行(ベース)、ケニー・モズリー(ドラムス)、斉藤ノヴ(パーカッション)、鈴木明男(サックス)、ゲイリー・アドキンズ(コーラス)、アージー・ファイン・マーティン(コーラス)という手練れかつ卓抜した演奏力を持つミュージシャンたちを従えて、名曲の数々を歌い奏でる。

2021年の〈ANRI with #bestbuddies IV〉のライブ動画

往年のファンも近年の活動や再評価で知った若いファンも必見のこの公演。杏里の力強くも繊細な表現を、ビルボードライブで、生で心ゆくまで堪能してほしい。

〈ANRI with #bestbuddies V〉トレーラー

 


LIVE INFORMATION
杏里
ANRI with #bestbuddies V

2022年4月2日(土)、3日(日)ビルボードライブ東京
1stステージ
開場/開演:16:00/17:00
2ndステージ
開場/開演:19:00/20:00
サービスエリア/カジュアルエリア:10,000円/9,500円
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=13238&shop=1

2022年4月15日(金)ビルボードライブ横浜
1stステージ
開場/開演:17:00/18:00
2ndステージ
開場/開演:20:00/21:00
サービスエリア/カジュアルエリア:10,000円/9,500円
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=13239&shop=4

2022年4月28日(木)ビルボードライブ大阪
1stステージ
開場/開演:17:00/18:00
2ndステージ
開場/開演:20:00/21:00
サービスエリア/カジュアルエリア:10,000円/9,500円

2022年4月29日(金・祝)ビルボードライブ大阪
1stステージ
開場/開演:15:30/16:30
2ndステージ
開場/開演:18:30/19:30
サービスエリア/カジュアルエリア:10,000円/9,500円
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=13240&shop=2

※本公演は新型コロナウイルス感染症対策用の座席レイアウトを使用し、公演を実施いたします
※本公演は映像収録が入る可能性がございます。お客様が映像に映りこむ場合もございますので、あらかじめご了承ください
※ご来場前に必ず〈新型コロナウイルス感染症対策について〉のページ内の〈お客様へご協力のお願い〉をご確認ください
ビルボードライブ東京:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice.html
ビルボードライブ横浜:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice_yokohama.html
ビルボードライブ大阪:http://www.billboard-live.com/membersarea/20200625_notice_osaka.html

■メンバー
杏里(ボーカル)
小倉泰治(キーボード)
植田浩二(ギター)
小松秀行(ベース)
Kenny Mosley(ドラムス)
斉藤ノヴ(パーカッション)
鈴木明男(サックス)
Gary Adkins(コーラス)
Argie Phine Martin(コーラス)