2014.09.10

ラージュドゥラリと読むNY在住の自作自演派による2作目。ジャズの素養がふんだんなネオ・ソウル作品で、エムトゥーメイ“Juicy”のカヴァーにてスキャットも混ぜながら器楽的に声を響かせる様子や、リード曲“Natural”で魅せる快活で起伏豊かな歌唱も素晴らしく、ニュアンスに富んだ歌い口が楽しめる。〈エラ・フィッツジェラルドの声とジル・スコットの気力とチャカ・カーンのファンキーさ〉とみずから謳うのも伊達ではない。

関連アーティスト
TOWER DOORS