SERIES

【tofubeatsの棚の端まで】第23回 お年玉の使い道―菊地成孔と大谷能生のJAZZ DOMMUNISTERSや盟友Sugar's Campaignを紹介!

3年目突入! 大豆の収穫は秋冬……ってことで、新たな旬の風味漂う連載フロム神戸!

 

皆様あけましておめでとうございます。新年早々気になっていたあんな盤やこんな盤のリリースが決定しておりますね。まだ言えないけど、2月は私も特大リミックスお仕事のリリースが待ち構えております(待て続報!)! とりあえずその分のお金は残しておきつつも(笑)、お年玉(もう貰える歳ではないけどネ)握りしめてタワーへGOだ! 個人的に新年に購入したい待ち構えておりました2枚を紹介。

 

JAZZ DOMMUNISTERS BIRTH OF DOMMUNIST Bureau Kikuchi/TABOO(2013)

リリース時になんとしても取り上げたかったこちらの一枚(限定店舗での販売だったので……)、なんと2曲の新曲を加えて菊地成孔氏のレーベル=TABOOから3月に全国リリースとのアナウンス! 気が早すぎますが、取り上げさせていただきます。前回の連載で紹介したjjj氏とD.O.I.氏の出会いがそうであったように、OMSB氏のセンスを菊地氏や大谷能生氏が昇華させていく、幸福なヴェテランと若手の出会いをビンビンに感じる一枚となっております。加えてヴェテラン2人が身体的なビートをより会得していく感じもヒリヒリします。あとラッパーってのはやっぱ上手い下手もそうですがパーソナリティーをどうやって処理していくかっていうのが本当に大事だなと再確認する一枚。トム・コイン氏のマスタリング含めてバッチリ。イエー。OMSB氏がこの後参加した大谷氏プロデュースによる入江陽氏の“やけど”もすごかったですね。日本のヒップホップは今年も楽しくなりそう。 

 

 

Sugar's Campaign FRIENDS スピードスター(2015)

いよいよ出ました。おめでとうございます。関西在住組の先輩であるSeiho & Avec Avecの2人組=シュガーズのメジャー・デビュー・アルバムです。実は僕らイベントで一緒になるアーティストにとっては耳馴染みのある曲も多く入っていて、やっとこさ!という感じがします。過去曲もアルバム収録に際して生ドラムに差し替えていたり、口あたりはよりポップに。一方でシュガーズ発足時のものすごい声が若い曲(さあ、どれでしょう!)といい、曲名まんまのVAPORなスキットだったり、突然の中国語だったり、仕掛けもやっぱり盛りだくさんです。曲尺もタイトにまとめ上げられていて、2人のソロ活動との対比もより鮮やかに。 

 

tofubeats(トーフビーツ)
90年生まれ、神戸在住のトラックメイカー。2014年にメジャーでの初アルバム『First Album』を発表。こちらで紹介している話題作の豪華サントラ『APPLESEED ALPHA』(unBORDE)はもちろん、森高千里とのコラボ・ミックス作『森高豆腐』(配信リリースのみ)とか、SoundCloudに賀正アップされた〈First Album マボロシのDISC 3 MEGAMIXED by OKADADA〉は各自チェック済みでしょうか? この本が出た直後には詳細が明かされそうな諸々に胸騒ぎも感じつつ、現在は次作を鋭意制作中! その他の最新情報は〈www.tofubeats.com〉でチェックを!

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop