ピンチが目をかけるマムダンス&ロゴスのタッグ作はベース世代から見たテクノ~ハウス黄金期への憧憬映すベーシーなテクノの決定打

2015.03.25

ブリアルのサプライズ・リリースも記憶に新しいキーサウンドに所属するロゴスと、コールドを牽引するマムダンスピンチが目をかけるこの若獅子たちのタッグマッチが表題曲である傑作12インチの手応えからアルバムへと発展したのが本作だ。ヴィラロボス“Enfants”を引っ掻き回して脂肪分を落としたようなキラー“Chaos Engine”を冒頭のハイライトに据えると、鋭利にジャム・シティの異形ガラージを継承する中盤でハメ込むとシカゴとベルグハインをグライムの構造で配置した悶絶チューン“Move Your Body”で昇天。ベース世代から見たテクノ~ハウス黄金期への憧憬をコールドなテクスチャーへと変換し、見事な匙加減で配合していくこの万能感、何なんでしょうか。昨今のベーシーなテクノの決定打。

関連アーティスト
TOWER DOORS