イントキブログ

イントキも制作をお手伝いした、7月8日から開催〈エリック・サティとその時代展〉の案内冊子が店頭でも配布中です

7月8日(水)から8月30日(日)まで、渋谷・道玄坂のBunkamuraザ・ミュージアムで開催される〈エリック・サティとその時代展〉。エリック・サティは、異端の作曲家とも呼ばれるフランスの作曲家。ピカソコクトーフランシス・ピカビアなど、数多くの芸術家との交流も深く、中でもサティを“眼を持った唯一の音楽家”と評した美術家のマン・レイは〈エリック・サティの眼〉や〈エリック・サティの梨〉など、サティをモチーフにした作品も制作。一度は目にしたことがあるかたも多いのでは。そんなサティの楽曲を聴きながら、彼が刺激を与え合った芸術家たちの作品を通して、作曲家・サティの新たな側面を知ることができる展覧会です。

今回、同展の案内冊子の制作をイントキシケイト編集部でお手伝いさせていただきました! 交遊録や著名人からのメッセージなど、サティ展の予習にはもってこいの読み応えありの内容となってます。店頭や、Bunkamura、イントキシケイトを設置いただいているコンサートホールや美術館などでも配布中。無くなり次第終了となります。ぜひぜひ手に取って、サティの不思議な魅力を知ってください!

 

「エリック・サティとその時代展」
日時:7月8日(水)~8月30日(日)開催期間中無休
10:00~19:00(入館は18:30まで)/毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_satie/

 

 

会期中の7月22日(には、ピアニストの中島ノブユキさんとバンドネオン奏者の北村聡さんによるサロン・コンサートも開催。会場内に設置されたベヒシュタインのピアノとバンドネオンでサティの音楽が奏でられます。

 

サロン・コンサート
「Act of Erick Satie by Nobuyuki Nakajima and Satoshi Kitamura」

日時:7月22日(水)19:40開演(受付開始19:30より)
場所:Bunkamuraザ・ミュージアム(サティ展 展示室内)
演奏者:中島ノブユキ(ピアノ) 北村聡(バンドネオン)
チケット料金:2,500円(税込)*全席自由*イベント時のみご利用頂けます
定員:50名様
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_satie/topics/post_5.html

 

 

そして! このお2人による演奏会の開催が決定しています! intoxicateプレゼンツ〈TOUCH OF CLASSIC-SATIE-〉。現代の音楽家である2人の演奏でサティに触れる、2015年の今だからこそ実現できる贅沢で刺激的な共演!! こちらは101日(木)東京オペラシティ リサイタルホールにて。まさに現代のシャ・ノワール。芸術家たちが集まったあの刺激的な空間がよみがえる!?

 

 

intoxicate presents 〈TOUCH OF CLASSIC-SATIE-
出演:中島ノブユキ(ピアノ/編曲) 北村聡(バンドネオン)他
日時:10
1日(木)18:30開場/19:00開演
会場:東京オペラシティ リサイタルホール東京都新宿区西新宿3-20-2)
チケット発売:
6月20日(土)よりチケットぴあ、e+、ローソンチケットにて先行発売中!
7
1日(水)より一般発売開始
料金:4,000円(税込)
販売:
■東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999
■タワーレコード オンライン http://tower.jp/classic
■サンライズオンライン http://sunrisetokyo.com/
■チケットぴあ http://t.pia.jp/ 0570-02-9999(Pコード:268-285)
■e+(イープラス) 
http://eplus.jp/
■ローソンチケット
 http://l-tike.com/ 0570-000-407(オペレーター対応) 0570-084-003(Lコード:35255)
【お問い合わせ先 0570-00-3337 サンライズプロモーション東京(全日 10:00~18:00)】

 

ちなみに、桂米朝師匠が表紙のイントキシケイト最新号では、サティ展のチケットプレゼントも! サティ冊子と合わせて手に取ってみてください!!

編集部:脇川

【プロフィール】
intoxicate編集部

intoxicate編集部

タワーレコードのフリーマガジン、intoxicateのブログです。〈お茶の間カルチャーショック〉を謳ってはや10数年! タワーレコード発のポップ&シリアスな視点で音、映像、言葉が紡ぎだすアートを紹介します。 "Culture Shock in the living room" is our editorial attitude. The Intoxicate Magazine explores tangible and intangible universe of ART, in its audible, visible, written form with POP, and serious manners.

関連アーティスト
TOWER DOORS