ゲイリー・クラークJr、クラプトンが認めたギター・プレイ活かし様式化したモダン・ブルースが新領域へ入ったことを思わせるオシャレでカッコイイ新作

2015.10.15

この待望のセカンド・アルバムは、様式化して久しいモダン・ブルースがここへ来てまた一段階新しい領域に入ったことを思わせる、オシャレでカッコイイ内容だ。クラプトンも認めたというテクニックに裏付けられたギター・プレイを活かしながら、ライト・ソウルやロックのエレメントも採り入れるー―手法としてはわりとありがちだけど、それをここまで洗練された形でまとめ上げている作品とはそうそう出会えない!

関連アーティスト
TOWER DOORS